アルパインバジャービット

アルパインバジャービット 犬種の説明:キャラクターとその他

アルパインバジャービット 犬種の説明:キャラクターとその他
Dogs/Active

アルペンレンディッシェ・ダックスブラッケは、友好的な家庭犬であり、狩猟本能が顕著な作業犬です。丈夫な健康と働き者という特徴があります。オーストリアの犬種は、狩猟家の家庭で飼うのに最も適しています。

アルペンレンディッシェ・ダックスブラッケの由来

アルペンレンディッシェ・ダックスブラッケは、もともとオーストリアで飼育されていました。このワーキングドッグの祖先は、リヨン(フランス南東部)のケルト系ブラッケと言われています。19世紀以降の絶え間ない純粋な品種改良により、その特徴と外観はますます際立ってきました。1975年からはFCIによって公認されています。

FCI-スタンダード:アルパイン・ダックスブラッケ(254);グループ6-ランニングドッグ、ブラッドハウンドおよび関連犬種;セクション2-ブラッドハウンド。

バナー画像は Shutterstock / Bildagentur Zoonar GmbH のものです
雪の中のアルプスのアナグマ、オーストリアの茶色の小型狩猟犬、フロッピーイヤーとショートコート付き アルプスのアナグマの子犬、オーストリアの小さな茶色の犬、長いフロッピーイヤーを持つ犬。
代替名 アルパイン・エルツヘビルグラー・ダックスブラッケ
オリジン オーストリア
平均寿命 12 - 14 年
ケアの必要性 ローメンテンス
活動レベル アベレージ
FCI 汗かき犬
AKC 認識されていない
KC 認識されていない
News/Active

オーストリアのブラッケのキャラクター

飼育開始時から使用されているものによると、アルペンレンディッシェ・ダックスブラッケは非常に優れた嗅覚と非常に強い狩猟本能を持っているのが特徴です。学ぶことに熱心で、働くことを厭わない犬種です。しかし、ダボダボのワーキングドッグは、毎日きちんとチャレンジしていないと、頑固になってしまうという特徴もあります。原則として、この犬種は狩猟民族で生活しています。特に、森の中や狩りの時には、よく耐えた犬が最も快適に感じられます。

姿勢

アルペンレンディッシェ・ダックスブラッケを飼うのに理想的なのは、森とつながっている理想的な田舎の家です。一部では、よく耐えられて子供にも優しい家庭犬となっている犬種です。しかし、狩猟した獲物を追いかける、追跡するというその必要性は、ハンターの家族に向いている。ワーキングドッグの健康のためには、一貫したトレーニングと毎日の集中的な活動が不可欠です。同様に、密集した毛を定期的にブラッシングする必要があります。必要に応じて、ツメも定期的にトリミングする必要があります。

使用

アルペンレンディッシェ・ダックスブラッケは、その繁殖以来、狩猟に使われてきました。彼らの仕事は、必要に応じて何時間もかけて、傷ついたゲームや撃たれたゲームを見つけることです。また、この犬種は家庭犬として飼われることも多い。しかし、挑戦を受けていないときには、犬の「頑固さ」がすぐに表れます。サーチゲームやトラッキングゲームだけでは、犬は飽きてしまいます。このような理由から、ブリーダーは犬を主に、そして明示的にハンターに与えています。狩猟のお手伝いとして飼い主に同行し、途切れることのない情熱を持っています。

キャラクター

  • スマート
  • Sync and corrections by n17t01
  • アライブ
  • 好奇心旺盛
  • 負けず嫌い

用途

  • 狩猟犬
アルプスのアナグマの茶色と白が草原に 森の中で座っているアルプスのアナグマの犬、オーストリアの茶色の小さなアナグマの犬、狩猟犬
オーストリア

アルペンレンディッシェ・ダックスブラッケの犬種に典型的な疾患

アルパイン・アナグマは、この犬種に特有の病気にはかかっていません。むしろオリジナルの丈夫な犬種だと思います。マットを防ぐには、しっかりとしたコートケアが必要です。時には、耳の感染症になることもあります。これは、定期的な管理によって防ぐことができます。

アルペンレンディッシェ・ダックスブラッケの飼育-これだけは気をつけて

他の犬種に比べて、アルペンレンディッシェ・ダックスブラッケのブリーダーは数少ないです。19世紀にすでにあったように、繁殖協会は純粋な繁殖に注意を払っています。これが、今日まで繁殖ラインが強固な健康状態を維持してきた理由の一つです。この犬種の子犬を選ぶときは、書類に注意してください。これにより、特定の遺伝性疾患への罹患の可能性に関する情報などが得られます。理想的なのは、そのような項目のない論文です。

Hintergrund
アルパイン・ダックスブラッケの気質と犬種の解説
  • FCI-スタンダード:アルペン・ダックスフンド(254);グループ6-ランニング・ドッグ、ブラッドハウンドおよび関連犬種;セクション2-ブラッドハウンド
  • 外観:強くてがっしりした体格で、ストックヘアーの密なコートと、同じく密なアンダーコートを持つ。
  • 繁殖スタイル:ダークスタッグレッドまたはスタッグレッドにブラックのスティップリング、時折ホワイトチェストスター、ヘッド、レッグ、チェスト、ポーズ、テールサイド下部にレッドブラウンブレイス。
  • その他のボディの特徴筋肉質な胴体、全体的に細長く、筋肉質である。ハイセットで、滑らかで広く垂れ下がった、丸い耳。
  • 頭部は胴体に比べてやや小さいが、全体的に強い。

アルパイン・ダックスフンドの外観と被毛

アルプスアナグマは、体高は低いが筋肉質で、背中が比較的長い。このワーキングドッグの被毛は緻密で、体全体にしっかりと横たわっています。主に鹿の赤い毛の下には、さらに緻密なアンダーコートがあります。怪我をしたゲームを探す強さは、この犬種の明らかに強い骨の構造にも見ることができます。

サイズ、体重、年齢

  • サイズ:34~42cm、牝犬はやや小さめ。
  • 体重:16~18キログラム(雌犬の方が若干軽い
  • 平均年齢:12~14年
コートの長さ ショートファー
ファー アイシー
耳の形 Lop-Eared
ロッド ロングテール
アナトミー 険しい, 重い
メス犬のサイズ ♀ 34 - 42 cm
メス犬の体重 ♀ 16 - 18 kg
オス犬のサイズ ♂ 34 - 42 cm
雄犬の体重 ♂ 16 - 18 kg
に適しています。

カラー

ブラウン チョコレートブラウン ブラウン・ホワイト ブリンドル ブラックグレー
森の中で座っているアルプスのアナグマの犬、オーストリアの茶色の小さなアナグマの犬、狩猟犬
アルパインブラッケ(オーストリア
アルパイン・バッジャー・ブラッケのプロフィール

他の ミディアム 犬

お役立ち記事

その他の記事は雑誌をご覧ください

自分の好きな犬種に合わせて、dogbible dog blogで興味のありそうな記事を探してみましょう。

このように
ニュースレターを購読すると、
常に犬のトレンドを知ることができます。
あなたの受信トレイをスパムすることはありません。お客様のメールアドレスを販売したり貸し出したりすることはありません。
詳細は、 プライバシーポリシーをご覧ください。