ロースト:
アメリカン・ラット・テリアとボストンテリアを混ぜる。ミックス

ハイブリッド品種

アメリカン・ラット・テリア + ボストンテリア

Dogs/Active

ボストン・テリアとアメリカン・ラット・テリアのミックス、つまり雑種である。

ボストン・テリアとアメリカン・ラット・テリアが合体したミックス犬種。中型犬で、とても活発なため、多くの運動量を必要とします。知的で学習意欲が旺盛ですが、時に頑固な面もあります。子供とも仲良くできる優秀な家庭犬です。

このミックス犬の犬種的特徴は?

ボストン・テリア アメリカン・ラット・テリアのミックス犬種は、小型から中型の犬種です。体重は9〜16kg、体高は肩幅で38〜50cm。毛色は黒、茶、ブリンドルで、短く滑らかな被毛をしています。細長い尾と小さく尖った耳を持っている。筋肉質でアスリート的な体格で、脚が長いのが特徴です。

バナー画像は のものです
代替名 -
オリジン アメリカ
平均寿命 10 - 18 年
ケアの必要性 ローメンテンス
活動レベル アベレージ
FCI 認識されていない
AKC 認識されていない
KC 認識されていない
News/Active

ボストンテリアとアメリカンラットテリアのミックスの性格の可能性~これが彼の本質なのでしょう。

両方の長所を兼ね備えた子犬をお探しなら、ボストン・テリアとアメリカン・ラット・テリアのミックスはいかがでしょうか?このミックス犬は、フレンドリーで愛情深く、遊ぶのが大好きな活発な犬で、無限の楽しみを与えてくれるでしょう。その結果、両方の犬種の良いところを受け継ぐ傾向があります。

ボストン・テリアは知能が高く、アメリカン・ラット・テリアは忠誠心と従順さで知られています。その結果、しつけのできるコンパニオンとして頼りになる子犬が生まれるのです。このミックスブリードは、そのエネルギーレベルの高さから、子供とうまくやっていける活発な家庭のペットです。

ボストン・テリアとアメリカン・ラット・テリアのミックスの外見は、通常、黒、白または茶色の短い被毛を持っています。尖った耳と細長い尾が特徴です。これらの子犬は通常、体重が10〜15ポンド、体高が10〜17インチと小型です。

気質に関しては、ボストン・テリアとアメリカン・ラット・テリアのミックスは、オールマイティーな犬です。外向的で、人や他の動物に友好的なため、家族のペットとして理想的です。また、知能が高く、しつけがしやすいので、基本的なコマンドやトリックを教えるのに苦労することはありません。

ボストン・テリアとアメリカン・ラット・テリアのミックスは、知性と美しさを兼ね備えており、人気があるのもうなずけます。

キャラクター

  • 愛情深い
  • インテリジェント
  • 集中
  • アライブ
  • 好奇心旺盛
  • フレンドリー

用途

  • 狩猟犬
  • ファミリー・ドッグ
アメリカの旗 アメリカの旗

ボストン・テリアとアメリカン・ラット・テリアのミックス犬にはどんな病気があるのでしょうか?

私たちは、ミックスブリードが多くの場合、両方の長所を兼ね備えていることを知っています。しかし、このようなミックスブリードに、すでにある種の健康問題を抱えやすい2つの品種が含まれていたらどうなるのでしょうか。ボストン・テリアとアメリカン・ラット・テリアのミックスもその一つである。

ミックス犬は純血種に比べ健康であることが多いのですが、このミックス犬はいくつかの健康上の問題を抱えることが知られています。これらは、以下の通りです。

  • アレルギー:ボストン・テリアとアメリカン・ラット・テリアはともにアレルギーを起こしやすいことが知られています。つまり、ボストン・テリアとアメリカン・ラット・テリアのミックスは、アレルギーに悩まされる可能性も高いということです。犬がいつも掻いている、目が潤んでいる、全体的に不快感があるなどの場合は、アレルギーの可能性があります。

良いニュースは、犬のアレルギーに対処する方法がたくさんあることで、アレルギーを持つ犬のほとんどは、幸せで健康な生活を送ることができることです。

  • 目の問題:ボストン・テリアとアメリカン・ラット・テリアの両方に共通するもうひとつの健康問題は、目の問題です。白内障、緑内障、チェリーアイなどの疾患がこれにあたります。

犬が目をこすっていたり、目が見えにくそうにしていたら、動物病院に連れて行って診てもらうとよいでしょう。目の病気は薬や手術で治ることが多いので、早期に発見することが大切です。

  • 心臓の問題:残念ながら、ボストン・テリアとアメリカン・ラット・テリアのどちらにも心臓の問題がよく見られます。つまり、ボストン・テリアとアメリカン・ラット・テリアのミックスは、心臓疾患のリスクがある可能性があるのです。

運動や健康的な食事など、犬の心臓病を予防する方法はたくさんあります。また、万が一、心臓に問題が生じても、有効な治療法がたくさんあります。

ボストン・テリアとアメリカン・ラット・テリアのミックスは、健康上の問題を抱えやすい犬種ですが、だからといって長く幸せに暮らせないというわけではありません。適切なケアと配慮があれば、これらの健康問題のほとんどは効果的に治療することができます。

ボストン・テリア アメリカン・ラット・テリアのミックスは、黒をメインに、胸と顔に白いマーキングが入った短くて滑らかな被毛をしています。被毛はローメンテナンスで、時折ブラッシングで抜け毛を取り除く程度です。また、このミックス犬は低アレルギー性であることが知られており、犬に対するアレルギーを持つ人にも適しています。

コートの長さ ショートファー
ファー アイシー
耳の形 立ち耳
ロッド ずんぐりした尻尾
アナトミー スリム, 筋骨隆々
メス犬のサイズ ♀ 33 - 46 cm
メス犬の体重 ♀ 5 - 16 kg
オス犬のサイズ ♂ 33 - 46 cm
雄犬の体重 ♂ 5 - 16 kg
に適しています。 子どもたち
  • 目の病気

    アレルギーや不耐性と一緒に起こることが多いです。

  • 膝蓋骨の問題

    膝蓋骨脱臼とは、膝蓋骨の変位を表す言葉で、犬の跛行の原因の一つとなっています。

  • 息苦しさ

    呼吸困難は、犬がガタガタと音を立て、時には呼吸数が加速することで認識できます。

  • 脊椎疾患

    しかし、犬が高齢になると、この弾力性が失われ、脊椎症などの病気によって完全に阻害されてしまいます。

  • ボストン・テリアとアメリカン・ラット・テリアのミックスは、ボストン・テリアとアメリカン・ラット・テリアの交配によって生まれた雑種犬である。

  • ボストン・テリアとアメリカン・ラット・テリアのミックスは、通常、両方の親ブリードの優れた身体的特徴を受け継いでいます。ボストン・テリアのような短くコンパクトな体と、アメリカン・ラット・テリアのような長い脚と尻尾を持つのが一般的である。

  • ボストン・テリアとアメリカン・ラット・テリアのミックスは、通常、活発で遊び好きでフレンドリーな犬種です。親であるアメリカン・ラット・テリアの狩猟本能を受け継いでいることもあり、フェッチなど追いかけっこをする遊びが好きなようです。

  • ボストン・テリアとアメリカン・ラット・テリアのミックスは、幸せで健康でいるために十分な運動と精神的な刺激を必要とします。毎日散歩やランニングをさせ、走ったり遊んだりできる安全な庭にアクセスできるようにする必要があります。また、被毛を健康に保ち、毛玉を作らないために、定期的なグルーミングが必要です。

  • ボストン・テリアとアメリカン・ラット・テリアのミックスは、素晴らしい家庭犬になります。子供や他のペットとも仲良くでき、活発な性格のため、楽しい仲間になります。

お役立ち記事

その他の記事は雑誌をご覧ください

自分の好きな犬種に合わせて、dogbible dog blogで興味のありそうな記事を探してみましょう。

このように
ニュースレターを購読すると、
常に犬のトレンドを知ることができます。
あなたの受信トレイをスパムすることはありません。お客様のメールアドレスを販売したり貸し出したりすることはありません。
詳細は、 プライバシーポリシーをご覧ください。