バグル・ハウンド:
バセットハウンドとビーグルを混ぜる。ミックス

ハイブリッド品種

バセットハウンド + ビーグル

Dogs/Active

バセットハウンドとビーグルのミックス-ハイブリッド犬種です。

最高の一品ですバセットハウンドとビーグルのミックスは、忠実で愛情深いコンパニオンであると同時に、遊び好きでエネルギッシュな犬種です。彼らは素晴らしい家庭犬であり、いつも楽しい時間を過ごすことができます。

このミックス犬の犬種的特徴は?

バセットは、細長い体と短い脚を持つ、短くてがっしりした体型の犬種である。頭蓋骨は広く、目は大きく黒い。頬まで垂れ下がった長い耳と、細長いマズルが特徴です。バセット・ハウンドの体重は20〜35kg、肩の高さは30〜40cmである。ビーグルは、短い足とコンパクトな体が特徴の小型犬です。四角い頭蓋骨と短く鈍いマズルが特徴である。目は茶色かヘーゼルで、耳は長くてぺらぺら。ビーグルの体重は9~13kg、肩の高さは33~41cmです。

バナー画像は のものです
代替名 -
オリジン フランス / イギリス
平均寿命 10 - 15 年
ケアの必要性 ローメンテンス
活動レベル ロー - アベレージ
FCI 認識されていない
AKC 認識されていない
KC 認識されていない
News/Active

バセットハウンドとビーグルのミックスで考えられる特徴~これが彼の本質なのでしょう。

バセットハウンドとビーグルのミックス犬は、ユニークで面白い犬種です。両犬種の長所を併せ持ち、優れた家庭犬になると言われている。忠誠心が強く、穏やかで愛情深いですが、エネルギーに溢れ、遊び好きなところもあります。運動量が多く、外が大好きな子です。また、子供の扱いもとても上手です。

バセットはビーグルに比べると少しリラックスしていますが、それでもとても活発な犬です。キャッチボールやお散歩も大好きですが、家の中をウロウロするのも満足です。通常、家の中ではとても落ち着いていて、平らな場所にいるのが得意な犬種です。また、深みのある声で吠えるので、番犬としても非常に優れています。

ビーグルは最も古い犬種のひとつで、その起源は古代ローマ時代にまで遡るといわれています。元々狩猟用に飼育されていたため、今でも鼻を追う本能が強く残っています。ビーグルはとても活発で好奇心旺盛な犬で、探検するのが大好きな犬です。また、非常に声の大きい犬で、独特の遠吠えをする。

バセットハウンドとビーグルはどちらも人気のある犬種なので、そのミックスも人気があるのは当然といえば当然です。これらの犬は理想的な家族のペットであり、フラットや庭のある住宅に適しています。活発で遊び好きだが、穏やかで愛情深い。

キャラクター

  • 愛情深い
  • 永続的
  • フレンドリー
  • お人好し
  • 専用
  • ミーク
  • インテリジェント
  • 種類
  • イライラする
  • 鋭い
  • 頑固
  • ヴィジラント
  • 決定

用途

  • 狩猟犬
  • ファミリー・ドッグ
フランス国旗 グレートブリテンの旗

バセットとビーグルのミックスにはどんな病気があるのでしょうか?

バセット・ハウンドとビーグルのミックスは、別名「バッグル」とも呼ばれ、バセット・ハウンドとビーグルという2頭の純血種を掛け合わせた人気の高い犬種です。愛情深く、警戒心が強い、愛嬌があるなど、魅力的な特徴を持つミックス犬ですが、健康面では注意すべき点もあります。以下は、バセット・ハウンドとビーグルのミックス犬種で知られている病気の一覧です。

バセットハウンドとビーグルのミックス犬に特に多い病気として、椎間板ヘルニア(IVDD)があります。IVDDとは、椎間板が変性・脱落し、痛みや神経障害を引き起こす椎間板の病気です。IVDDの犬では、問題を解決するために手術が必要になる場合があります。

バセットハウンドとビーグルのミックスによく見られるもう一つの健康問題は、チェリーアイです。チェリーアイは、第三のまぶたである眼瞼(がんけん)膜が突出したり、飛び出したりする病気です。そのため、目が赤くなったり、炎症を起こしたりしているように見えることがあります。チェリーアイは通常、犬にとって痛みを伴うものではありませんが、放置すると眼球に長期的なダメージを与える可能性があります。通常、この問題を解決するためには手術が必要です。

股関節形成不全も、バセットハウンドとビーグルのミックスに見られる健康上の問題です。股関節形成不全は、股関節のボールとソケットがうまくはまらず、痛みや跛行を引き起こす疾患です。股関節形成不全は、重症度に応じて、薬物療法、体重管理、手術などで治療します。

肘関節形成不全も、バセットハウンドとビーグルのミックスに見られる関節の病気です。肘関節形成不全では、肘の関節の骨がうまくかみ合わず、痛みや跛行が生じます。肘関節形成不全は、重症度に応じて、薬物療法、体重管理、手術などで治療します。

また、バセットハウンドとビーグルのミックスは、緑内障や白内障などの目の病気になりやすいと言われています。緑内障は、目の中の圧力が高くなりすぎて視神経を傷つけてしまう病気です。白内障は、目の水晶体が濁り、視力に影響を与える病気です。どちらの症状も、手術によって治療することができます。

他のミックス犬と同様、健康上の問題が発生する可能性は常にあります。しかし、バセット・ハウンドとビーグルのミックスは、一般的に10~12年の寿命を持つ健康なミックス犬種とされています。

バセット・ハウンドとビーグルのミックスの体は、一般的に短くコンパクトで、スムースで短い被毛は、一般的に3色である。被毛は通常、黒、褐色、白で、適度な抜け毛がある。バセットハウンドとビーグルのミックスは、忠実で愛情深いコンパニオンとして知られています。

コートの長さ ショートファー
ファー アイシー
耳の形 Lop-Eared
ロッド ショートテール - ロングテール
アナトミー マッシブ, 重い, スクエア
メス犬のサイズ ♀ 28 - 38 cm
メス犬の体重 ♀ 9 - 27 kg
オス犬のサイズ ♂ 30 - 41 cm
雄犬の体重 ♂ 10 - 29 kg
に適しています。 -
  • ディスクの問題

    犬の椎間板ヘルニア(ディスクオパシー)。椎間板ヘルニアやダックスフンドの麻痺は、犬に激しい痛みを与えます。

  • 体重過多

    しばしば、残念なことに、犬は非常に多くの体重超過の下で。しかし、犬自身は決して悪くありません。

  • 目の病気

    アレルギーや不耐性と一緒に起こることが多いです。

  • 癲癇(てんかん

    定義:例えば、少なくとも2回のてんかん発作が24時間以上の間隔で発生した場合、犬はてんかんを発症している。

  • 甲状腺機能低下症

    犬が病気になるのは中年になってからが多い。甲状腺機能低下症の原因甲状腺機能低下症の原因はいくつか知られています。

  • 1.バセットハウンドとビーグルのミックスはどのようなものですか?

  • 2.バセットハウンドとビーグルのミックスの気質とは?

  • 3.バセットハウンドとビーグルのミックスは、どのくらいの運動量が必要ですか?

  • 4.バセットハウンドとビーグルのミックス犬は、低アレルギー性なのですか?

  • 5.バセットハウンドとビーグルのミックス犬の平均寿命は?

お役立ち記事

その他の記事は雑誌をご覧ください

自分の好きな犬種に合わせて、dogbible dog blogで興味のありそうな記事を探してみましょう。

このように
ニュースレターを購読すると、
常に犬のトレンドを知ることができます。
あなたの受信トレイをスパムすることはありません。お客様のメールアドレスを販売したり貸し出したりすることはありません。
詳細は、 プライバシーポリシーをご覧ください。