ビアグリー:
ビーグルとキャバリア・キング・チャールズ・スパニエルを混ぜる。ミックス

ハイブリッド品種

ビーグル + キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル

Dogs/Active

ビーグルとキャバリア・キング・チャールズ・スパニエルのミックス、つまり雑種である。

このミックスブリードは、両方の長所を兼ね備えています。ビーグルは優れた狩猟犬として知られ、キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルはコンパニオン・ドッグとして人気がある。このミックスブリードは素晴らしい性格で、どんな家族にも愛情を注いでくれることでしょう。

このミックス犬の犬種的特徴は?

ビーグル・キャバリア・キングチャールズ・スパニエルのミックスは、一般的に体高38cm以下、体重18kg以下の短くてコンパクトな体型をしています。被毛は通常短く、密生しており、色は白、黒、茶、タンなどが混在している。長く垂れ下がった耳と、温厚で親しみやすい表情が特徴的な犬種です。

バナー画像は のものです
代替名 -
オリジン イギリス / イングランド
平均寿命 9 - 15 年
ケアの必要性 ローメンテンス
活動レベル アベレージ - ロー
FCI 認識されていない
AKC 認識されていない
KC 認識されていない
News/Active

ビーグルとキャバリア・キング・チャールズ・スパニエルのミックスの性格の可能性 - これが彼の本質なのでしょう。

ビーグルのルックスは様々ですが、最も人気があるのはトライカラーのビーグルです。キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルも非常に人気のある犬種です。そのため、この2つの犬種をミックスすると、とても愛らしく、愛情深く、忠実な、どんな家庭にもぴったりなペットになります。

ビーグルはとても活発で遊び好きな犬種ですが、キャバリアはのんびりとした性格の犬種です。でも、どちらの犬種も人好きなので、このミックスは両者のいいとこ取りなんです。優れたコンパニオン・ドッグであり、いつでもフェッチ・ゲームに興じることができる。

ビーグルはとても頭がいいのですが、かなり頑固なところもあります。運動量が多いので、広い庭がある家が理想的です。しつけは簡単ではありませんが、一貫性を持って正の強化を行うことができれば、うまくいきます。

キャバリアは、最も穏やかで愛情深い犬種の一つです。小さなお子様やペットのいるご家庭に最適です。ビーグルほど運動量を必要としませんが、散歩や遊びを楽しむことはできます。

このミックスは、エネルギーと愛情が絶妙にブレンドされています。彼らはいつも楽しい時間を過ごしていますが、リラックスしてソファに寄り添うことも知っています。アクティブなコンパニオンをお探しの方にも、ゆったりとした膝の上の犬をお探しの方にも、このミックスは最適な選択です。

キャラクター

  • インテリジェント
  • 種類
  • イライラする
  • 鋭い
  • 頑固
  • ヴィジラント
  • 決定
  • 愛情深い
  • 恐れを知らない
  • フリスキー
  • 適応性
  • 辛抱強く
  • 親しみやすい

用途

  • 狩猟犬
  • ファミリー・ドッグ
  • コンパニオン・ドッグ
グレートブリテンの旗 グレートブリテンの旗

ビーグルとキャバリア・キング・チャールズ・スパニエルのミックスにはどんな病気があるのでしょうか?

ビーグル・キャバリア・キングチャールズ・スパニエルのミックスは、フレンドリーで愛情深い性格で知られる人気犬種です。しかし、他の犬種と同様に、ビーグル・キャバリア・キングチャールズ・スパニエルのミックスは、ある種の健康問題を抱えやすいと言われています。この品種に影響を与える最も一般的な健康問題は以下の通りです。

アレルギーの方ビーグルはアレルギー体質で、かゆみ、赤み、脱毛などの症状が出ることがあります。キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルも、同様の症状を引き起こすアレルギーを持ちやすい動物です。この2つの犬種が混ざると、さらにアレルギーを起こしやすい犬になってしまうのです。ビーグル・キャバリア・キングチャールズ・スパニエルのミックスにアレルギーの兆候が見られたら、獣医さんに連れて行き、適切な診断と治療を受けることが大切です。

チェリーアイ:チェリーアイは、第三眼瞼の腺が突出したり、膨らんだりする病気です。そのため、目が赤くなったり、炎症を起こしたりすることがあります。チェリーアイを放置しておくと、潰瘍や緑内障など、より深刻な問題に発展することもあります。手術はチェリーアイを矯正する唯一の方法であり、さらなる合併症を避けるために、できるだけ早く行うことが重要です。

心臓病:ビーグルとキャバリア・キング・チャールズ・スパニエルはともに心臓病になりやすい犬種です。この2つの犬種が混ざると、さらに心臓病を発症しやすくなる。心臓病は、衰弱や息切れ、突然死など、さまざまな症状を引き起こします。

股関節形成不全:股関節が異常に発達する病気です。その結果、痛み、跛行、そして最終的には関節炎につながる可能性があります。股関節形成不全は遺伝的なもので、大型犬種に多くみられます。ビーグルとキャバリア・キング・チャールズ・スパニエルは股関節形成不全になりやすい犬種で、この2つの犬種が混ざると、さらに発症しやすくなります。

これらは、ビーグルとキャバリア・キングチャールズ・スパニエルのミックスに起こりうる一般的な健康問題のほんの一部に過ぎません。すべての犬がこれらの病気を発症するわけではないことを忘れてはいけません。しかし、愛犬に影響を与える可能性のある健康問題について基本的な知識を持ち、準備をしておくことが常にベストです。

ビーグル・キャバリア・キングチャールズ・スパニエルのミックスは、短毛で密集した被毛が特徴です。被毛はタン色に白のマーキングがあり、ほとんど毛が抜けません。

コートの長さ ショートファー - ミディアム
ファー アイシー
耳の形 Lop-Eared
ロッド ロングテール - ファン・アウト
アナトミー -
メス犬のサイズ ♀ 30 - 38 cm
メス犬の体重 ♀ 6 - 10 kg
オス犬のサイズ ♂ 30 - 41 cm
雄犬の体重 ♂ 6 - 11 kg
に適しています。 -
  • 目の病気

    アレルギーや不耐性と一緒に起こることが多いです。

  • ディスクの問題

    犬の椎間板ヘルニア(ディスクオパシー)。椎間板ヘルニアやダックスフンドの麻痺は、犬に激しい痛みを与えます。

  • 癲癇(てんかん

    定義:例えば、少なくとも2回のてんかん発作が24時間以上の間隔で発生した場合、犬はてんかんを発症している。

  • 甲状腺機能低下症

    犬が病気になるのは中年になってからが多い。甲状腺機能低下症の原因甲状腺機能低下症の原因はいくつか知られています。

  • 体重過多

    しばしば、残念なことに、犬は非常に多くの体重超過の下で。しかし、犬自身は決して悪くありません。

  • 弁膜不全

    犬の心臓弁膜症は、心臓病の中でも特に多い病気です。ほとんどの場合、心臓弁の後天的な変化です。

  • 僧帽弁閉鎖不全症(MVD

    動物と犬のそれぞれの僧帽弁疾患

  • カーリーコート・ドライアイ

    犬の目の病気。

  • 腎臓病

    犬の腎臓病の症状:排尿量の増加(多尿)水の摂取量の増加。口の中の粘膜に炎症が起こる。食欲減退

  • ビーグルとキャバリア・キング・チャールズ・スパニエルのミックスは、ビーグルの頭と体型、キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルの長い鼻と耳を持っているのが特徴です。被毛は通常、ビーグルのように短く滑らかな毛並みと、キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルのように耳や脚に長く羽毛がある、両犬種を合わせたような毛並みです。

  • ビーグルとキャバリア・キング・チャールズ・スパニエルのミックスは、通常、体重15~18kg、体高38cmまでです。

  • ビーグルとキャバリア・キング・チャールズ・スパニエルのミックス犬は、比較的メンテナンスが少なくて済む犬種です。週に1〜2回のブラッシングと、必要な時の入浴だけでOKです。爪は定期的に切り、歯は週に1回以上磨いてください。

  • ビーグルとキャバリア・キング・チャールズ・スパニエルのミックスによく見られる健康問題には、股関節形成不全、膝蓋骨脱臼、肘関節形成不全があります。

  • ビーグルとキャバリア・キング・チャールズ・スパニエルのミックスは、適度な運動が必要です。毎日の散歩や遊びで十分です。また、飼い主と一緒にキャッチボールをしたり、ランニングやハイキングに出かけるのも好きです。

お役立ち記事

その他の記事は雑誌をご覧ください

自分の好きな犬種に合わせて、dogbible dog blogで興味のありそうな記事を探してみましょう。

このように
ニュースレターを購読すると、
常に犬のトレンドを知ることができます。
あなたの受信トレイをスパムすることはありません。お客様のメールアドレスを販売したり貸し出したりすることはありません。
詳細は、 プライバシーポリシーをご覧ください。