ボッカー:
ビーグルとコッカースパニエルを混ぜる。ミックス

ハイブリッド品種

ビーグル + コッカースパニエル

Dogs/Active

ビーグルとコッカースパニエルのミックス、つまり雑種である。

愛らしくも元気な子犬をお探しですか?ビーグルとコッカースパニエルのミックスだ!この犬種は、楽しいことが大好きで、エネルギッシュなコンパニオンで、あなたを飽きさせないこと請け合いです。忠実で愛情深い性格で、どんな家庭にもぴったりです。

このミックス犬の犬種的特徴は?

ビーグルとコッカースパニエルのミックス犬で、体重は10~15kgの小型~中型犬です。被毛の長さは短~中程度で、色は茶色と白です。体長は40〜50cm、体高は20〜30cmである。

バナー画像は のものです
代替名 -
オリジン イギリス / イングランド
平均寿命 10 - 17 年
ケアの必要性 ローメンテンス - ハイメンテンス
活動レベル アベレージ
FCI 認識されていない
AKC 認識されていない
KC 認識されていない
News/Active

ビーグルとコッカースパニエルのミックスの性格の可能性 - これが彼の本質なのでしょう。

ビーグルとコッカースパニエルのミックスは、フレンドリーで賢い2つの犬種を掛け合わせた人気の高い犬種です。ビーグルは追跡能力が高いことで知られ、コッカースパニエルは家族の一員として最適です。この交配種は、両方の長所を兼ね備えており、家族向けのペットとして理想的です。

ビーグルとコッカースパニエルのミックスは、活発な犬で、十分な運動が必要です。長い散歩が大好きで、キャッチボールも大好きです。また、泳ぎが得意なことでも知られています。

このミックスブリードは、比較的しつけがしやすく、とても賢い犬種です。学習能力が高く、アジリティやオビディエンス・トライアルでよく使用される。

ビーグルとコッカースパニエルのミックスは、平均寿命が12~15歳と健康な犬種です。股関節形成不全、てんかん、アレルギーなど、健康上の問題を抱えやすい。

ビーグルとコッカースパニエルのミックスは、家族向けの優れたペットになります。愛情深く、知的で活発な犬なので、十分な運動が必要です。また、比較的しつけがしやすく、優秀なコンパニオンドッグになります。

キャラクター

  • インテリジェント
  • 種類
  • イライラする
  • 鋭い
  • 頑固
  • ヴィジラント
  • 決定
  • 愛情深い
  • エデュカブル
  • フレンドリー
  • まだ
  • 忠実に
  • フリスキー

用途

  • 狩猟犬
  • ファミリー・ドッグ
グレートブリテンの旗 グレートブリテンの旗

ビーグルとコッカースパニエルのミックス犬にはどんな病気があるのでしょうか?

ビーグルとコッカースパニエルのミックス犬には、健康上の問題があることが知られています。股関節形成不全や肘関節形成不全、進行性網膜萎縮症などの目の病気、てんかんなどがあります。これらの中には、ある親品種に多く見られる症状や、別の親品種に多く見られる症状もあります。したがって、このミックスを検討する際には、ビーグルとコッカースパニエル両方の健康歴を知っておくことが重要です。定期的な獣医師の診察と健康診断により、潜在的な問題を早期に発見することができます。

この犬種の被毛はタンが主体で、黒と白のマーキングがある。被毛の質感は比較的粗く、長さは中程度である。この犬種はあまりグルーミングを必要としませんが、被毛は定期的にブラッシングして、毛玉ができないようにする必要があります。

ビーグルとコッカースパニエルのミックスは、ショートからミディアムの長さの被毛を持つ中型犬です。狩猟本能が強く、追跡能力に優れている。また、子供と仲が良く、愛情深いことでも知られています。

コートの長さ ショートファー - ミディアム
ファー アイシー - ウェーブ
耳の形 Lop-Eared
ロッド ロングテール - ファン・アウト
アナトミー マッシブ, 重い, スクエア, デインティ
メス犬のサイズ ♀ 33 - 41 cm
メス犬の体重 ♀ 9 - 15 kg
オス犬のサイズ ♂ 36 - 43 cm
雄犬の体重 ♂ 10 - 16 kg
に適しています。 -
  • 目の病気

    アレルギーや不耐性と一緒に起こることが多いです。

  • ディスクの問題

    犬の椎間板ヘルニア(ディスクオパシー)。椎間板ヘルニアやダックスフンドの麻痺は、犬に激しい痛みを与えます。

  • 癲癇(てんかん

    定義:例えば、少なくとも2回のてんかん発作が24時間以上の間隔で発生した場合、犬はてんかんを発症している。

  • 甲状腺機能低下症

    犬が病気になるのは中年になってからが多い。甲状腺機能低下症の原因甲状腺機能低下症の原因はいくつか知られています。

  • 体重過多

    しばしば、残念なことに、犬は非常に多くの体重超過の下で。しかし、犬自身は決して悪くありません。

  • 進行性網膜萎縮症(PRA)

    進行性網膜萎縮症(PRA)は、犬の網膜がゆっくりと進行しながら死んでいく病気です。

  • ビーグルとコッカースパニエルのミックスは、ビーグルとコッカースパニエルの交配種です。一般的には中型犬で、被毛の長さは短~中程度です。両親の身体的特徴を受け継ぐこともあるが、ビーグルの特徴であるぺらぺらの耳と、コッカースパニエルの特徴である厚い羽毛のような被毛を持つものが多い。また、ビーグルのような長いマズルと細い頭を持っている場合もあります。

  • ビーグルとコッカースパニエルのミックスは、通常10~15kgの体重になります。被毛の長さは短~中程度で、色は茶色と白です。体格は40〜50cm。

  • ビーグルとコッカーとスパニエルのミックスの平均寿命は10~12年です。

  • ビーグルとコッカースパニエルのミックス犬は、通常、フレンドリーで社交的、そしてエネルギッシュな犬です。ビーグルの狩猟本能を受け継ぐことができるので、追跡や回収が得意です。また、コッカースパニエルの牧畜本能を受け継ぐこともあるので、他の動物や子供の群れを作るのも得意です。

  • そう、ビーグルとコッカースパニエルのミックスは、通常、良い家庭犬になるんだ。子供や他の動物とも仲良くできるのが普通です。

お役立ち記事

その他の記事は雑誌をご覧ください

自分の好きな犬種に合わせて、dogbible dog blogで興味のありそうな記事を探してみましょう。

このように
ニュースレターを購読すると、
常に犬のトレンドを知ることができます。
あなたの受信トレイをスパムすることはありません。お客様のメールアドレスを販売したり貸し出したりすることはありません。
詳細は、 プライバシーポリシーをご覧ください。