ベアジ:
ビーグルとコーギーを混ぜる。ミックス

ハイブリッド品種

ビーグル + コーギー

Dogs/Active

ビーグルとコーギーのミックス、つまり雑種。

ビーグルとコーギーのミックス犬は、人懐っこく好奇心旺盛で、探検や遊びが大好きな犬です。知能が高く、学習能力が高いので、家庭犬として最適です。また、比較的メンテナンスが少なく、定期的な運動とグルーミングが必要なだけです。

このミックス犬の犬種的特徴は?

ビーグルとコーギーのミックスは、細身の体に長い脚が特徴です。体重は9〜11kg、肩幅は38〜41cmが一般的である。被毛は短く、密生しており、色は黒、茶、タン、白など様々である。ビーグルとコーギーのミックス犬は、遊ぶのが大好きなエネルギッシュな犬で、子供のいる家庭にも適しています。

バナー画像は のものです
代替名 -
オリジン イギリス / イングランド
平均寿命 10 - 15 年
ケアの必要性 ローメンテンス
活動レベル アベレージ
FCI 認識されていない
AKC 認識されていない
KC 認識されていない
News/Active

ビーグルとコーギーのミックスで考えられる性格の特徴~これが本来の姿でしょう。

ビーグルとコーギーのミックスは、小型犬から中型犬をお探しの方に人気のある犬種です。知的で愛情深く、しつけがしやすい犬として知られています。優秀な家庭犬であり、介助犬として使われることも多い。ビーグルやコーギーもセラピードッグとして人気があります。

ビーグルは狩猟のために飼育されており、鋭い嗅覚を持っています。また、人懐っこく、外向的で、子供の扱いが上手なことでも知られています。コーギーは牧畜犬として飼育され、忠実で保護欲が強く、恐れを知らないことで知られています。また、知能が高く、しつけがしやすいのも特徴です。

ビーグルとコーギーはともにイギリスで飼育されており、ビーグルとコーギーのミックス品種は同国で初めて開発された。この2つの犬種を交配し、両犬種の良いところを組み合わせた犬を作ろうとしたのである。その結果、短い被毛、長い耳、コーギーより少し長い鼻を持つ小型から中型の犬になります。

ビーグルとコーギーは素晴らしいコンパニオン・ドッグであり、介助犬として使われることも多い。知的で愛情深く、しつけもしやすい。ビーグルやコーギーもセラピードッグとして人気があります。

ビーグルとコーギーのミックスは、小型犬から中型犬をお探しの方に人気のある犬種です。知的で愛情深く、しつけがしやすい犬として知られています。優秀な家庭犬であり、介助犬として使われることも多い。ビーグルやコーギーもセラピードッグとして人気があります。

キャラクター

  • インテリジェント
  • 種類
  • イライラする
  • 鋭い
  • 頑固
  • ヴィジラント
  • 決定
  • 永続的
  • 保護
  • フレンドリー
  • 社会的
  • 負けず嫌い
  • フリスキー

用途

  • 狩猟犬
  • ファミリー・ドッグ
  • ハーディング・ドッグ
グレートブリテンの旗 グレートブリテンの旗

ビーグルとコーギーのミックスにはどんな病気があるのでしょうか?

ビーグルとコーギーのミックス犬を見ていると、その背の低さと大きな耳に目を奪われます。しかし、この犬たちには、見た目以上の魅力があるのです。しかし、ビーグルとコーギーのミックス犬は、残念ながら、多くの健康障害を抱えていることが知られており、彼らとその飼い主にとって深刻な問題を引き起こす可能性があります。

ビーグルとコーギーのミックス犬の健康問題で最も多いのが、椎間板症(IVDD)です。この病気は、背骨の椎骨のクッションである椎間板が変性し始めると発症します。これは、治療が間に合わなければ、痛みや麻痺を引き起こし、死に至ることもあるのです。

ビーグルとコーギーのミックスによく見られる健康上の問題としては、てんかんがあります。この神経疾患は、発作を起こし、場合によっては死に至ることもあります。てんかんは通常、薬物療法で治療しますが、中には手術で治す必要のある犬もいます。

ビーグルとコーギーのミックスは、血液凝固障害のフォンウィルブランド病にもかかりやすいと言われています。この病気は、適切な治療を受けないと命にかかわることもあります。フォンウィルブランド病の治療は、通常、薬物療法と輸血で行われます。

このように、ビーグルとコーギーのミックス犬種は、さまざまな健康上の問題を抱えやすい犬種です。しかし、適切なケアと治療により、これらの犬は長く、幸せで健康な生活を楽しむことができます。

ビーグルとコーギーのミックス犬は、短くて密集した被毛を持つ中型犬です。被毛は通常、ブラウンとホワイトのミックスで、サドルはブラック、顔にはブラックマーキングがある。被毛はローメンテナンスで、グルーミングはほとんど必要ありません。

コートの長さ ショートファー
ファー アイシー
耳の形 Lop-Eared - 立ち耳
ロッド ロングテール - ショートテール
アナトミー マッシブ, 重い, スクエア
メス犬のサイズ ♀ 25 - 38 cm
メス犬の体重 ♀ 9 - 12 kg
オス犬のサイズ ♂ 25 - 41 cm
雄犬の体重 ♂ 9 - 12 kg
に適しています。 -
  • 目の病気

    アレルギーや不耐性と一緒に起こることが多いです。

  • ディスクの問題

    犬の椎間板ヘルニア(ディスクオパシー)。椎間板ヘルニアやダックスフンドの麻痺は、犬に激しい痛みを与えます。

  • 癲癇(てんかん

    定義:例えば、少なくとも2回のてんかん発作が24時間以上の間隔で発生した場合、犬はてんかんを発症している。

  • 甲状腺機能低下症

    犬が病気になるのは中年になってからが多い。甲状腺機能低下症の原因甲状腺機能低下症の原因はいくつか知られています。

  • 体重過多

    しばしば、残念なことに、犬は非常に多くの体重超過の下で。しかし、犬自身は決して悪くありません。

  • ビーグルとコーギーのミックスは、ビーグルとコーギーを掛け合わせたものです。これらの犬は、BeagiやCorgleと呼ばれることもある。

  • ビーグルとコーギーのミックスは、見た目は様々ですが、一般的にビーグルの茶色と白の被毛とコーギーの短い足が特徴的です。

  • ビーグルとコーギーのミックスは、通常、体重が9〜11kg、肩幅が38〜41cmの間です。

  • ビーグルとコーギーのミックスは、通常、フレンドリーでエネルギッシュ、そして遊び好きです。また、コーギーの両親のように頑固で独立心が強いこともあります。

  • ビーグルとコーギーのミックスは、活動的な家庭にとって良いペットになります。頑固で独立心の強い性格のため、初めて犬を飼う人には向かないかもしれません。

お役立ち記事

その他の記事は雑誌をご覧ください

自分の好きな犬種に合わせて、dogbible dog blogで興味のありそうな記事を探してみましょう。

このように
ニュースレターを購読すると、
常に犬のトレンドを知ることができます。
あなたの受信トレイをスパムすることはありません。お客様のメールアドレスを販売したり貸し出したりすることはありません。
詳細は、 プライバシーポリシーをご覧ください。