ドクスル:
ビーグルとダックスフンドを混ぜる。ミックス

ハイブリッド品種

ビーグル + ダックスフンド

Dogs/Active

ビーグルとダックスフンドのミックス、つまり雑種。

ビーグルとダックスフントのミックスで、最も人気のある2つの犬種を組み合わせた元気いっぱいの子犬です。家族の一員としても最適で、いつでも駆けっこ遊びができます。

このミックス犬の犬種的特徴は?

ビーグル・ダックスフンドのミックス犬種は、一般的に短くコンパクトな体型で、体重は10~12kg程度です。黒、茶、褐色の3色からなる中くらいの長さの被毛と、長くふさふさした尾が特徴です。耳は長く垂れており、目は茶色かヘーゼルである。肩幅は通常35〜45cm。

バナー画像は のものです
代替名 ディーグル、ビーケル
オリジン イギリス / ドイツ
平均寿命 10 - 16 年
ケアの必要性 ローメンテンス
活動レベル アベレージ
FCI 認識されていない
AKC 認識されていない
KC 認識されていない
News/Active

ビーグルとダックスフンドのミックスの性格の可能性 - これが彼の本質なのでしょう。

ビーグル・ダックスフンドのミックス犬は、多くの愛犬家にとても人気があります。ビーグルとダックスフントを掛け合わせたミックス犬です。その結果、素晴らしいペットとして知られるミックスブリードが誕生したのです。また、このミックスは、知的で人懐っこく、家族に献身的であることでも知られています。また、子供の扱いが上手なことでも知られています。ビーグル・ダックスフンドのミックスは、一般的に手入れがしやすく、グルーミングもほとんど必要ないため、人気のあるペットです。また、このミックスは、肥満や腰痛などの健康上の問題を抱えやすいものの、一般的に健康的であると言われています。

キャラクター

  • インテリジェント
  • 種類
  • イライラする
  • 鋭い
  • 頑固
  • ヴィジラント
  • 決定
  • 専用
  • スマート
  • アライブ
  • ブレイブ
  • フリスキー

用途

  • 狩猟犬
  • ファミリー・ドッグ
グレートブリテンの旗 ドイツの旗

ビーグルとダックスフンドのミックスにはどんな病気があるのでしょうか?

ビーグルとダックスフンドのミックスは、ビーグルとダックスフンドの交配種です。これらの犬は通常、小型から中型で、短い被毛でグルーミングがしやすいのが特徴です。ビーグル・ダックスフンドのミックスは、通常、フレンドリーで外向的であり、優れたペットになります。しかし、他のミックス犬と同様に、ビーグルとダックスフンドのミックス犬もいくつかの健康上の問題を抱えがちです。

ビーグル・ダックスフンドのミックス犬がかかりやすい健康問題には、椎間板疾患、股関節形成不全、膝蓋骨脱臼、てんかんがあります。椎間板疾患は、背骨の椎骨の間にある椎間板の疾患です。椎間板が膨張したり、破れたりすることで、痛みや麻痺を引き起こすこともあります。股関節形成不全は、股関節が奇形である病気です。その結果、痛みや跛行が生じることがあります。膝蓋骨脱臼は、膝蓋骨の位置がずれてしまう病気です。これは痛みを伴い、跛行(はこう)につながることもあります。てんかんは、発作を起こす神経疾患です。ビーグル・ダックスフンドのミックス犬は、これらの健康問題のいずれかに罹患している場合は、獣医による治療が必要です。

ビーグル・ダックスフンドのミックスは、通常、黒、茶、白の短くて滑らかな被毛を持っています。被毛には赤や黄色など、他の色の斑点があることもある。

コートの長さ ショートファー
ファー アイシー - ラフヘアー
耳の形 Lop-Eared
ロッド ロングテール - ショートテール
アナトミー マッシブ, 重い, スクエア
メス犬のサイズ ♀ 17 - 38 cm
メス犬の体重 ♀ 7 - 10 kg
オス犬のサイズ ♂ 17 - 41 cm
雄犬の体重 ♂ 7 - 11 kg
に適しています。 -
  • 目の病気

    アレルギーや不耐性と一緒に起こることが多いです。

  • ディスクの問題

    犬の椎間板ヘルニア(ディスクオパシー)。椎間板ヘルニアやダックスフンドの麻痺は、犬に激しい痛みを与えます。

  • 癲癇(てんかん

    定義:例えば、少なくとも2回のてんかん発作が24時間以上の間隔で発生した場合、犬はてんかんを発症している。

  • 甲状腺機能低下症

    犬が病気になるのは中年になってからが多い。甲状腺機能低下症の原因甲状腺機能低下症の原因はいくつか知られています。

  • 体重過多

    しばしば、残念なことに、犬は非常に多くの体重超過の下で。しかし、犬自身は決して悪くありません。

  • ダックスフンドの麻痺

    ダックスフンドの麻痺(ディスクオパシー)とは、獣医師が犬の四肢の麻痺を意味します。

  • ビーグル・ダックスフンドのミックスは、ダックスフンドの短い足と体、ビーグルの茶色、黒、白のカラーを持っている可能性が高いです。

  • ビーグル・ダックスフンドのミックスは、通常、フレンドリーでエネルギッシュな性格です。また、ビーグルやダックスフンドと同じように、かなり頑固な面もあります。

  • ビーグル・ダックスフンドのミックスは、通常10~12kgの体重です。肩幅は通常35〜45cm。

  • ビーグル・ダックスフンドのミックスは定期的な運動が必要で、毎日散歩やランニングをさせることが必要です。また、社会性を身につける必要があるので、ドッグパークや犬の保育園などに連れて行くことも必要でしょう。

  • ビーグル・ダックスフンドのミックスは一般的に健康な犬ですが、肥満、股関節形成不全、椎間板疾患など特定の健康障害を起こしやすい場合があります。

お役立ち記事

その他の記事は雑誌をご覧ください

自分の好きな犬種に合わせて、dogbible dog blogで興味のありそうな記事を探してみましょう。

このように
ニュースレターを購読すると、
常に犬のトレンドを知ることができます。
あなたの受信トレイをスパムすることはありません。お客様のメールアドレスを販売したり貸し出したりすることはありません。
詳細は、 プライバシーポリシーをご覧ください。