ジャック・ア・ビー:
ビーグルとジャック・ラッセル・テリアを混ぜる。ミックス

ハイブリッド品種

ビーグル + ジャック・ラッセル・テリア

Dogs/Active

ビーグルとジャックラッセルテリアのミックス、つまり雑種である。

ビーグルとジャックラッセルテリアのミックス犬種です。アメリカで最も人気のある2種類の狩猟犬を掛け合わせたものである。ビーグルは驚異的な嗅覚と狩猟能力で、ジャックラッセルテリアは大胆不敵な性格と狩猟能力で知られています。この2つの犬種は、狩猟に関しては最高のチームであり、また、素晴らしい家庭犬でもあるのです。

このミックス犬の犬種的特徴は?

ビーグルとジャック・ラッセル・テリアのミックス犬は、通常、引き締まった筋肉質な体つきで、ミディアム丈の被毛はラフかスムースのどちらかです。体重は9〜11kg、肩の高さは40cm程度が一般的。

バナー画像は のものです
代替名 -
オリジン イギリス / イングランド
平均寿命 10 - 16 年
ケアの必要性 ローメンテンス
活動レベル アベレージ - ハイ
FCI 認識されていない
AKC 認識されていない
KC 認識されていない
News/Active

ビーグルとジャックラッセルテリアのミックスの性格の可能性~これが彼の本質なのでしょう。

例えば、ビーグルとジャックラッセルテリアのミックス犬の性格や態度についての記事を読みたいとします。

ビーグルとジャックラッセルテリアのミックスは、2つの人気犬種を掛け合わせた犬種です。ビーグルは穏やかで愛情深く、ジャックラッセルはエネルギッシュで遊び心があり、生命力に溢れた犬として知られています。どちらの犬種も家族の一員として優れたペットとなるため、ミックスされた犬種が同じように愛らしいのは当然のことです。

ビーグルとジャックラッセルのミックスは、体高15インチ前後、体重20~30ポンドと比較的小型の犬種です。短くて滑らかな被毛で、両親のカラーを自由に組み合わせることができます。長い耳が垂れ下がっていて、尾は通常長くまっすぐです。

元気いっぱいで遊ぶのが大好きな犬たちです。運動量が多いので、毎日の散歩やランニングは欠かせません。また、鬼ごっこなどアクティブな遊びも好きなようです。ビーグルとジャックラッセルのミックス犬は、芸やコマンドを簡単に覚えることができる賢い犬です。

誰にでもフレンドリーですが、ビーグルとジャックラッセルのミックスは、年上の子供がいる家庭が最適です。小さなお子様には元気すぎるかもしれません。また、非常に騒がしい犬としても知られています。ですから、おとなしい犬を探している人には向かない犬種です。

ビーグルとジャックラッセルのミックスは、忠実で愛情深い仲間です。彼らはいつもフェッチゲームやソファでの抱擁に夢中です。活発で愛情深く、遊び好きな犬をお探しなら、ビーグルとジャックラッセルのミックスは最適です。

キャラクター

  • インテリジェント
  • 種類
  • イライラする
  • 鋭い
  • 頑固
  • ヴィジラント
  • 決定
  • アスレチック
  • バーキング
  • エネルギッシュ
  • 恐れを知らない
  • Sync and corrections by n17t01

用途

  • 狩猟犬
  • ファミリー・ドッグ
グレートブリテンの旗 グレートブリテンの旗

ビーグルとジャックラッセルテリアのミックスにはどんな病気があるのでしょうか?

ビーグルとジャックラッセルテリアのミックス犬は、多くの病気にかかりやすいことが知られています。アレルギー、てんかん、股関節形成不全、フォンウィルブランド病、難聴などが含まれます。これらの病気はすべて一般的なものではありませんが、どれも放っておくと深刻な事態になる可能性があります。ビーグルの健康問題で最も多いのがアレルギーで、環境アレルギーから食物不耐性まで、あらゆる原因が考えられます。てんかんもビーグルに起こる可能性のある神経疾患で、一般的ではありませんが、非常に深刻な事態になることがあります。股関節形成不全は、股関節が侵され、痛みや跛行を引き起こす疾患です。フォンウィルブランド病は、放置すると命にかかわる血液凝固異常症です。最後に、難聴は一部のビーグルに起こる可能性のある先天性の欠陥です。健康上の重大な問題ではないものの、治療が困難な場合があります。

ビーグルとジャックラッセルテリアのミックス犬の被毛は短く、密生しており、ほとんどが白で、黒と茶色の斑点がいくつかあります。斑紋の色は様々ですが、一般的には黒か茶色です。

コートの長さ ショートファー
ファー アイシー - ラフヘアー
耳の形 Lop-Eared - ティルト・アール
ロッド ロングテール
アナトミー マッシブ, 重い, スクエア, スポーティ
メス犬のサイズ ♀ 25 - 38 cm
メス犬の体重 ♀ 6 - 10 kg
オス犬のサイズ ♂ 25 - 41 cm
雄犬の体重 ♂ 6 - 11 kg
に適しています。 -
  • 目の病気

    アレルギーや不耐性と一緒に起こることが多いです。

  • ディスクの問題

    犬の椎間板ヘルニア(ディスクオパシー)。椎間板ヘルニアやダックスフンドの麻痺は、犬に激しい痛みを与えます。

  • 癲癇(てんかん

    定義:例えば、少なくとも2回のてんかん発作が24時間以上の間隔で発生した場合、犬はてんかんを発症している。

  • 甲状腺機能低下症

    犬が病気になるのは中年になってからが多い。甲状腺機能低下症の原因甲状腺機能低下症の原因はいくつか知られています。

  • 体重過多

    しばしば、残念なことに、犬は非常に多くの体重超過の下で。しかし、犬自身は決して悪くありません。

  • 運動失調

    Ataxia(ギリシャ語 ἀταξία ataxia「障害」「不規則性」より)は、運動調整に関する様々な障害の医学的な総称です。運動失調は、麻痺(パレシス)がなくても、つまり筋力が正常であっても起こります。

  • アトピー

    犬のアトピー性皮膚炎や環境アレルギーは、顔や前足、お腹を掻いたり、噛んだり、こすったりすることによる痒みが特徴です。

  • 皮膚糸状菌症

    皮膚糸状菌症(同義語:dermatophytosis、古代ギリシャ語τὸ δέρμα derma(ドイツ語で「皮膚」)と古代ギリシャ語φυτόν phyton(ドイツ語で「植物」)に由来)または白癬(ラテン語で「木の虫」「蛾」)は、特定の真菌(皮膚糸状菌)によって引き起こされる皮膚真菌症である。

  • 極限の白さ

    いくつかの他の疾患と関連している可能性があります。

  • 白内障

    白内障は、犬でもいまだに失明の原因のひとつとされています。

  • レッグカルベ・ペルテス

    レッグ・カルベ・ペルテス病(無菌性大腿骨頭壊死症)は、大腿骨頭の成長障害である。

  • 転位

    レンズ状脱臼と膝蓋骨脱臼は一部の犬種で発生し、眼球に影響を与えます。

  • ミエロパシー

    犬の変性骨髄症は、脊髄の破壊を伴う、ゆっくりと進行する一連の神経疾患である。これらの疾患は、ゆっくりと進行する後肢の運動障害を伴います。

  • しびれ

    老齢になってから発症することが多い。

  • ビーグルとジャック・ラッセル・テリアのミックスは、通常、短くて滑らかな被毛を持つ小型から中型の犬の外見をしています。被毛の色は無地の場合もあるが、3色(黒、白、茶)であることが多い。頭部は一般的にボディに比例しており、耳はたわんでいて、マズルは細長い。
  • ビーグルとジャックラッセルテリアのミックス犬は、一般的に活発で人懐っこく、賢い犬種です。ビーグルの狩猟本能を受け継いでいるので、トラッキングやレトリーブなどのアクティビティを楽しむことができます。しかし、ジャック・ラッセル・テリアの独立心と頑固さを受け継ぐこともあるので、幼少期からのトレーニングと社会化が重要である。
  • ビーグルとジャックラッセルテリアのミックスは、通常、体重が15〜30ポンド、肩の高さが13〜17インチです。
  • ビーグルとジャックラッセルテリアのミックスは、柔らかい毛のブラシで定期的にブラッシングし、抜け毛を取り除く必要があります。また、必要に応じてマイルドな犬用シャンプーで入浴させることも必要です。爪は定期的に切り、歯は犬用歯磨き粉で毎日磨いてください。
  • ビーグルとジャック・ラッセル・テリアのミックスは、通常、子供と仲良くすることができますが、ビーグルの狩猟本能を受け継いでいるため、適切にしつけ、社会化しないと、小さなペットや子供を追いかけてしまうことがあります。

お役立ち記事

その他の記事は雑誌をご覧ください

自分の好きな犬種に合わせて、dogbible dog blogで興味のありそうな記事を探してみましょう。

このように
ニュースレターを購読すると、
常に犬のトレンドを知ることができます。
あなたの受信トレイをスパムすることはありません。お客様のメールアドレスを販売したり貸し出したりすることはありません。
詳細は、 プライバシーポリシーをご覧ください。