ビックプー:
ビション・フリーゼ(Bichon Friséとプードルを混ぜる。ミックス

ハイブリッド品種

ビション・フリーゼ(Bichon Frisé + プードル

Dogs/Active

ビションフリーゼとプードルのミックス - ハイブリッド犬種

ビションフリーゼ×プードル=ビックプー!子供や他の動物とも仲良くできる低アレルギー性のミックス犬です。知的で愛情深く、優れたペットとなる。

このミックス犬の犬種的特徴は?

ビションフリーゼとプードルのミックスは、一般的に肩幅30cm以下、体重4〜5kg程度の小型でコンパクトな体型をしています。白またはクリーム色のふわふわした巻き毛で、黒い目と黒い鼻を持つことが多い。耳は長くてペラペラ、尾は通常ドッキングされている。

バナー画像は のものです
代替名 -
オリジン フランス / ドイツ
平均寿命 12 - 15 年
ケアの必要性 ローメンテンス - ハイメンテンス
活動レベル ロー - ハイ
FCI 認識されていない
AKC 認識されていない
KC 認識されていない
News/Active

ビションフリーゼとプードルのミックスの性格の可能性 ~これが彼の本質なのでしょう

ビションフリーゼとプードルを掛け合わせたビションフリーゼ・プードルミックス犬種。その結果、小型から中型の犬で、カールした被毛を持つ犬種が生まれました。この犬は知的で遊び好き、そして愛情深いことで知られています。家族の一員としても優秀で、子供とも仲良くできます。ビションフリーゼとプードルのミックスは、被毛の乱れを防ぐため、定期的なグルーミングが必要です。

キャラクター

  • 愛情深い
  • タッチー
  • 明るい
  • ミーク
  • テンパリング
  • フリスキー
  • ヴィジラント
  • アクティブ
  • エデュカブル
  • インテリジェント
  • 集中
  • 面白い
  • 忠実に

用途

  • ファミリー・ドッグ
フランス国旗 ドイツの旗

ビション・フリゼとプードルのミックスにはどんな病気があるのでしょうか?

ビション・フリーゼとプードルのミックス犬は、さまざまな健康上の問題を抱えやすいことが知られています。これらは、以下の通りです。

  • アレルギーの方このミックスタイプの犬は、草や花粉、特定の食品成分など、さまざまな物質に対してアレルギーを起こす傾向があります。治療は、通常、アレルゲンを避け、獣医から処方された抗炎症剤の服用やアレルギー注射を行います。
  • 耳の感染症ミックス犬は、耳が長くペタペタしているため、外耳炎になりやすいと言われています。治療には、通常、獣医が処方する抗生物質や点耳薬を使用します。
  • 関節の問題ミックス犬は体が小さく、プードルの血を引いているため、股関節形成不全や膝蓋骨脱臼などの関節のトラブルが起こりやすいと言われています。治療には通常、体重管理、運動制限、獣医が処方する鎮痛剤などが必要です。
  • 歯のトラブルミックス犬は体が小さいため、歯が混み合っていることが多く、歯周病や虫歯などの歯のトラブルにつながることがあります。治療には通常、専門家による歯のクリーニングと、獣医の処方による自宅での毎日のデンタルケアが必要です。

ビション・フリーゼとプードルのミックス犬は、全体的に健康な動物ですが、健康上の問題を抱えやすい傾向があります。そのため、動物病院での定期的な検診を受け、飼い主がこれらの病気の兆候や症状を知っておくことが重要である。

ビション・フリゼ・プードルのミックスは、一般的に白くてふわふわの被毛を持っています。被毛の質感は、2つの犬種のミックスによって異なることがありますが、通常は2つの犬種の中間のような質感です。また、被毛は通常、低アレルギー性であるため、アレルギーをお持ちの方にもおすすめの犬種です。

コートの長さ ショートファー - ミディアム
ファー カーリー
耳の形 Lop-Eared
ロッド ファン・アウト - ロングテール
アナトミー デインティ, スリム, スポーティ
メス犬のサイズ ♀ 23 - 60 cm
メス犬の体重 ♀ 3 - 28 kg
オス犬のサイズ ♂ 23 - 60 cm
雄犬の体重 ♂ 3 - 28 kg
に適しています。 アレルギー体質の方, 子どもたち, 初心者, 盲人, シニア・高齢者の方へ
  • 目の病気

    アレルギーや不耐性と一緒に起こることが多いです。

  • 膝蓋骨脱臼

    膝蓋骨脱臼とは、膝蓋骨の変位を表す言葉で、犬の跛行の原因の一つとなっています。

  • 癲癇(てんかん

    定義:例えば、少なくとも2回のてんかん発作が24時間以上の間隔で発生した場合、犬はてんかんを発症している。

  • 白内障

    白内障は、犬でもいまだに失明の原因のひとつとされています。

  • 膝蓋骨の問題

    膝蓋骨脱臼とは、膝蓋骨の変位を表す言葉で、犬の跛行の原因の一つとなっています。

  • 進行性網膜萎縮症(PRA)

    進行性網膜萎縮症(PRA)は、犬の網膜がゆっくりと進行しながら死んでいく病気です。

  • ビションフリーゼとプードルのミックスは、ビションフリーゼとプードルの交配種です。

  • ビションフリーゼとプードルのミックスは見た目が異なりますが、一般的に白またはクリーム色の柔らかい巻き毛です。また、プードルの特徴である「プードルカット」やビションフリーゼの特徴である「ブラックボタンアイ」など、両犬種の特徴を併せ持っている場合もあります。

  • ビションフリーゼとプードルのミックスは、通常、体重4〜5kg、体長30cmです。

  • ビションフリーゼとプードルのミックスは、通常12年から15年の寿命があります。

  • ビションフリーゼとプードルのミックスによく見られる健康問題には、股関節形成不全、膝蓋骨脱臼、フォンウィルブランド病があります。あなたの愛犬がこれらの症状の危険にさらされているかどうか、獣医師に相談することが重要です。

お役立ち記事

その他の記事は雑誌をご覧ください

自分の好きな犬種に合わせて、dogbible dog blogで興味のありそうな記事を探してみましょう。

このように
ニュースレターを購読すると、
常に犬のトレンドを知ることができます。
あなたの受信トレイをスパムすることはありません。お客様のメールアドレスを販売したり貸し出したりすることはありません。
詳細は、 プライバシーポリシーをご覧ください。