ボーダー・ジャック:
ボーダーコリーとジャック・ラッセル・テリアを混ぜる。ミックス

ハイブリッド品種

ボーダーコリー + ジャック・ラッセル・テリア

Dogs/Active

ボーダーコリーとジャックラッセルテリアのミックス、つまり雑種である。

ボーダーコリーとジャックラッセルテリアのミックス犬は、知的で活発、エネルギーにあふれた犬です。子供や他の動物とも仲良くでき、優れた番犬となります。

このミックス犬の犬種的特徴は?

ボーダー・コリーとジャック・ラッセル・テリアのミックスは、典型的には引き締まった体つきで、密度の高いミディアムからロングコートの被毛を持っています。体重は10〜15kg、肩幅は40〜60cmが一般的である。この品種の理想的な体格は

  1. 重量: 10-15 kg
  2. 高さ:40〜60cm
  3. 被毛の長さ:ミディアムからロング
バナー画像は のものです
代替名 -
オリジン イギリス / イングランド
平均寿命 10 - 16 年
ケアの必要性 ハイメンテンス - ローメンテンス
活動レベル ハイ
FCI 認識されていない
AKC 認識されていない
KC 認識されていない
News/Active

ボーダーコリーとジャックラッセルテリアのミックスの性格の可能性 ~これが彼の本質なのだろう

ボーダーコリーとジャックラッセルテリアのミックスを飼ったことがある人なら、これらの犬が特別な犬種であることを証明できるだろう。ボーダー・コリーのエネルギーと敏捷性、ジャック・ラッセル・テリアの粘り強さと意欲、この2つの素晴らしい犬種が完璧に融合した犬です。

しかし、ボーダーコリーとジャックラッセルテリアのミックス犬の本当の特徴は、その個性にあります。この犬たちは、知的で、忠実で、愛情深く、そして誰にも負けない生きる力を持っています。また、驚くほど従順で、飼い主を喜ばせるのが大好きです。

ボーダーコリーとジャックラッセルテリアのミックスは、優れた家庭犬であると同時に、仕事犬にもなります。また、長い散歩やハイキングも大好きです。しかし、何よりも家族と一緒にいたい、愛されたいと思っているのです。

キャラクター

  • レスポンシブ
  • 永続的
  • アクティブ
  • エネルギッシュ
  • エデュカブル
  • インテリジェント
  • 集中
  • 鋭い
  • アスレチック
  • バーキング
  • 恐れを知らない
  • Sync and corrections by n17t01
  • 頑固

用途

  • ハーディング・ドッグ
  • 働く犬
  • ジャーマンシェパード
  • 狩猟犬
グレートブリテンの旗 グレートブリテンの旗

ボーダーコリーとジャックラッセルテリアのミックス犬にはどんな病気があるのでしょうか?

他のミックス犬と同様に、ボーダーコリーとジャックラッセルテリアのミックス犬も、両方の親犬に発生するすべての健康問題を受け継ぐ可能性があります。しかし、このミックスには、他のミックスよりも多く見られる健康問題があります。以下は、ボーダーコリーとジャックラッセルテリアのミックスに影響を与える可能性のある、既知の健康問題の一部です。

  • 股関節形成不全:どの犬種でも発症する可能性があり、股関節が正常に発達しないことで起こる病気です。これは激しい痛みや跛行を引き起こし、最終的には関節炎につながることもあります。
  • 目のトラブルボーダー・コリーとジャック・ラッセル・テリアは、ともに目の病気にかかりやすいので、このミックス犬もそのリスクが高まります。このミックスでは、白内障、進行性網膜萎縮症、緑内障などの目のトラブルが確認されています。
  • てんかん:てんかんは、発作を起こす神経疾患です。ボーダーコリーなど特定の犬種に多く見られ、ミックス犬では遺伝することもあります。
  • アレルギー:ボーダー・コリーとジャック・ラッセル・テリアはともにアレルギーを起こしやすいので、このミックスブリードもそのリスクが高くなります。アレルギーは、かゆみ、涙目、ほてりなど、さまざまな症状を引き起こします。

これらはボーダーコリーとジャックラッセルテリアのミックスに見られる最も一般的な健康問題の一部ですが、どんなミックス犬も両親のどちらかに存在する健康問題を受け継ぐ可能性があることを覚えておくことが重要です。そのため、ミックス犬は定期的に獣医さんに連れて行き、健康診断を受け、必要な予防接種を受けることがとても大切なのです。

ボーダーコリーとジャックラッセルテリアのミックスの被毛は、通常ミディアムからロングで、ストレートかわずかにウェーブがかかっていることがあります。色は黒と白が一般的だが、茶色と白、赤と白、3色もある。

コートの長さ ミディアム - ショートファー
ファー アイシー - ラフヘアー
耳の形 立ち耳 - ティルト・アール
ロッド ファン・アウト - ロングテール
アナトミー スリム, スポーティ
メス犬のサイズ ♀ 25 - 53 cm
メス犬の体重 ♀ 6 - 19 kg
オス犬のサイズ ♂ 25 - 56 cm
雄犬の体重 ♂ 6 - 20 kg
に適しています。 -
  • 目の病気

    アレルギーや不耐性と一緒に起こることが多いです。

  • 癲癇(てんかん

    定義:例えば、少なくとも2回のてんかん発作が24時間以上の間隔で発生した場合、犬はてんかんを発症している。

  • 運動失調

    Ataxia(ギリシャ語 ἀταξία ataxia「障害」「不規則性」より)は、運動調整に関する様々な障害の医学的な総称です。運動失調は、麻痺(パレシス)がなくても、つまり筋力が正常であっても起こります。

  • アトピー

    犬のアトピー性皮膚炎や環境アレルギーは、顔や前足、お腹を掻いたり、噛んだり、こすったりすることによる痒みが特徴です。

  • 皮膚糸状菌症

    皮膚糸状菌症(同義語:dermatophytosis、古代ギリシャ語τὸ δέρμα derma(ドイツ語で「皮膚」)と古代ギリシャ語φυτόν phyton(ドイツ語で「植物」)に由来)または白癬(ラテン語で「木の虫」「蛾」)は、特定の真菌(皮膚糸状菌)によって引き起こされる皮膚真菌症である。

  • 極限の白さ

    いくつかの他の疾患と関連している可能性があります。

  • 白内障

    白内障は、犬でもいまだに失明の原因のひとつとされています。

  • レッグカルベ・ペルテス

    レッグ・カルベ・ペルテス病(無菌性大腿骨頭壊死症)は、大腿骨頭の成長障害である。

  • 転位

    レンズ状脱臼と膝蓋骨脱臼は一部の犬種で発生し、眼球に影響を与えます。

  • ミエロパシー

    犬の変性骨髄症は、脊髄の破壊を伴う、ゆっくりと進行する一連の神経疾患である。これらの疾患は、ゆっくりと進行する後肢の運動障害を伴います。

  • しびれ

    老齢になってから発症することが多い。

  • ボーダーコリーとジャックラッセルテリアのミックスは、ボーダーコリーとジャックラッセルテリアを掛け合わせた犬種です。高いエネルギーと知能を持つ犬として知られ、作業犬として様々な分野で活躍することが多い犬種です。

  • ボーダー・コリーとジャック・ラッセル・テリアのミックスは、見た目は様々ですが、ほとんどの場合、黒、白、または両方の色が混ざった短くて密集した被毛を持っています。また、ボーダーコリーの特徴である長い頭と尖った耳、ジャックラッセルテリアの特徴である短い足とコンパクトな体型も持っています。

  • ボーダーコリーとジャックラッセルテリアのミックスは、通常、とてもエネルギッシュで、とても賢いです。様々な分野で作業犬として使われることが多く、忠誠心と服従心の高さで知られています。

  • ボーダーコリーとジャックラッセルテリアのミックスは、十分な運動と精神的な刺激を必要とします。広い庭がある家庭や、ドッグパークや散歩コースがある家庭が最適です。また、ノミやダニなどの害虫にも非常に弱いので、定期的にチェックする必要があります。

  • ボーダーコリーとジャックラッセルテリアのミックスは、一般的に健康ですが、他の犬と同様に特定の健康上の問題が発生しやすい傾向があります。股関節形成不全、肘関節形成不全、眼病などです。

お役立ち記事

その他の記事は雑誌をご覧ください

自分の好きな犬種に合わせて、dogbible dog blogで興味のありそうな記事を探してみましょう。

このように
ニュースレターを購読すると、
常に犬のトレンドを知ることができます。
あなたの受信トレイをスパムすることはありません。お客様のメールアドレスを販売したり貸し出したりすることはありません。
詳細は、 プライバシーポリシーをご覧ください。