フォックストン:
ボストンテリアとフォックス・テリアを混ぜる。ミックス

ハイブリッド品種

ボストンテリア + フォックス・テリア

Dogs/Active

ボストン・テリアとフォックス・テリアのミックス、つまり雑種である。

ボストン・テリアとフォックス・テリアのミックス犬は、小型で知的、かつ警戒心の強い犬です。遊び好きで人懐っこいので、家庭犬としても最適です。適度な運動が必要で、都市部でも地方でも活躍します。

このミックス犬の犬種的特徴は?

ボストン・テリアとフォックス・テリアのミックスは、小型から中型の犬です。通常、体重は18〜25kg、体高は38〜48cmである。背が低くコンパクトな体型で、尾は短くてずんぐりしている。頭部は胴体に比べてかなり大きく、くさび形をしている。まっすぐ立った尖った耳と、黒くアーモンド形の目が特徴です。被毛は短く、密生しており、どんな色でも、また色の組み合わせでも可能です。

バナー画像は のものです
代替名 -
オリジン アメリカ / イギリス
平均寿命 10 - 15 年
ケアの必要性 ローメンテンス
活動レベル アベレージ
FCI 認識されていない
AKC 認識されていない
KC 認識されていない
News/Active

ボストン・テリアとフォックス・テリアのミックスの性格の可能性 - これが彼の本質なのでしょう。

ボストン・テリアとフォックス・テリアのミックス犬は、楽しいことが大好きでエネルギッシュな犬なので、子供のいる家庭には最適です。忠実で愛情深く、遊ぶことが大好きな犬で、飼い主と強い絆で結ばれています。知能が高く、しつけもしやすいので、初めて犬を飼う人には理想的なペットです。ボストン・テリアやフォックス・テリアは、人懐っこい性格で人が大好きなことで知られていますが、このミックス・ブリードもその例に漏れず、人懐っこい性格をしています。また、フェッチゲームや公園での散歩にも積極的に参加する、素晴らしいパートナーです。

ボストン・テリアとフォックス・テリアはどちらも人気のある犬種ですが、この2つの犬種にはいくつかの違いがあり、ミックス犬として選ぶ前に知っておくとよいでしょう。ボストン・テリアは作業犬として飼育され、フォックス・テリアはもともと狩猟犬として飼育されていた。つまり、ボストン・テリアはフォックス・テリアよりもリラックスしてのんびりしているのです。一方、フォックス・テリアは活発で運動量が多いため、小さなお子様やご高齢の方がいるご家庭には向かないかもしれません。

忠実な友人であり仲間である、愛すべきエネルギッシュな犬を探しているなら、ボストン・テリアとフォックス・テリアのミックスは良い選択と言えるでしょう。しつけも比較的簡単で、家庭のペットとしても最適です。運動やケアに特別な配慮が必要な犬種なので、飼う前にしっかり調べておきましょう。ボストン・テリアとフォックス・テリアのミックスは、適切なケアによって、長年にわたり忠実で愛情深い家族の一員となります。

キャラクター

  • フレンドリー
  • インテリジェント
  • アライブ
  • 目覚めた
  • アニメーション的に
  • 思い切って
  • 忠実に
  • ヴィジラント

用途

  • ファミリー・ドッグ
  • 狩猟犬
アメリカの旗 グレートブリテンの旗

ボストン・テリアとフォックス・テリアのミックスにはどんな病気があるのでしょうか?

ボストン・テリアとフォックス・テリアのミックスは、ボストン・テリアとフォックス・テリアの交配種である。両犬種の優れた特性を持つように交配されていますが、両親の健康に影響を与える問題も受け継いでしまうことがあります。幸いなことに、これらの健康問題のほとんどは比較的軽微なものであり、定期的な獣医師の治療で簡単に治すことができます。

ボストン・テリアとフォックス・テリアのミックスの健康問題で最も多いのは、アレルギーです。このようなアレルギーは、草や花粉から、ノミに刺されたようなごく一般的なものまで、あらゆるものに起こり得ます。アレルギーは犬にとって非常に不快なものなので、獣医さんと一緒に最適な治療方法を見つけることが大切です。

ボストン・テリアとフォックス・テリアのミックスによく見られるもうひとつの健康問題は、膝蓋骨脱臼です。膝蓋骨の位置がずれてしまう状態です。これは犬にとって非常に痛いことで、頻繁に起こる場合は関節炎になることもあります。膝蓋骨脱臼は通常手術で治療しますが、鎮痛剤と理学療法で治療することもできます。

ボストン・テリアとフォックス・テリアのミックスは一般的に健康な犬ですが、親が陥りやすい健康問題を受け継ぐことがあります。そのため、獣医師と一緒に愛犬に合った健康計画を立てることが大切です。定期的な獣医師の治療と健康的なライフスタイルで、ボストン・テリアとフォックス・テリアのミックスは末永く幸せで健康的な生活を送ることができます。

ボストン・テリアとフォックス・テリアのミックスは、小型から中型の犬で、短くて滑らかな被毛が特徴です。被毛は一般的に黒と白ですが、ブリンドルや3色になることもあります。知的で活動的なこの犬種は、優れたコンパニオン・ドッグになります。

コートの長さ ショートファー
ファー アイシー - ラフヘアー
耳の形 立ち耳 - ティルト・アール
ロッド ずんぐりした尻尾 - ショートテール
アナトミー 筋骨隆々, スクエア
メス犬のサイズ ♀ 36 - 44 cm
メス犬の体重 ♀ 6 - 10 kg
オス犬のサイズ ♂ 36 - 43 cm
雄犬の体重 ♂ 6 - 11 kg
に適しています。 -
  • 目の病気

    アレルギーや不耐性と一緒に起こることが多いです。

  • 膝蓋骨の問題

    膝蓋骨脱臼とは、膝蓋骨の変位を表す言葉で、犬の跛行の原因の一つとなっています。

  • 息苦しさ

    呼吸困難は、犬がガタガタと音を立て、時には呼吸数が加速することで認識できます。

  • 脊椎疾患

    しかし、犬が高齢になると、この弾力性が失われ、脊椎症などの病気によって完全に阻害されてしまいます。

  • 運動失調

    Ataxia(ギリシャ語 ἀταξία ataxia「障害」「不規則性」より)は、運動調整に関する様々な障害の医学的な総称です。運動失調は、麻痺(パレシス)がなくても、つまり筋力が正常であっても起こります。

  • 骨癌

    加齢に伴い発生する可能性があります。

  • ミエロパシー

    犬の変性骨髄症は、脊髄の破壊を伴う、ゆっくりと進行する一連の神経疾患である。これらの疾患は、ゆっくりと進行する後肢の運動障害を伴います。

  • しびれ

    老齢になってから発症することが多い。

  • ボストン・テリアとフォックス・テリアのミックスは、両方の親犬種の身体的特徴を持つことになります。ボストン・テリアのような短くてがっしりした体格に、フォックス・テリアのような長いマズルと立った耳が特徴的だろう。

  • ボストン・テリアとフォックス・テリアのミックスの成犬の体重は約18〜25kgです。

  • ボストン・テリアとフォックス・テリアのミックスの平均寿命は12~15歳です。

  • そう、ボストン・テリアとフォックス・テリアのミックスは、素晴らしい家庭犬になるんだ!」と。普段は人懐っこく、元気で忠実な犬で、人と一緒にいるのが大好きな犬種です。

  • はい、ボストン・テリアとフォックス・テリアのミックスは、通常、しつけがしやすい犬種です。新しいコマンドやトリックを素早く習得する賢い犬です。

お役立ち記事

その他の記事は雑誌をご覧ください

自分の好きな犬種に合わせて、dogbible dog blogで興味のありそうな記事を探してみましょう。

このように
ニュースレターを購読すると、
常に犬のトレンドを知ることができます。
あなたの受信トレイをスパムすることはありません。お客様のメールアドレスを販売したり貸し出したりすることはありません。
詳細は、 プライバシーポリシーをご覧ください。