ブル・ボクサー:
ボクサーとイングリッシュブルドッグを混ぜる。ミックス

ハイブリッド品種

ボクサー + イングリッシュブルドッグ

Dogs/Active

イングリッシュブルドッグとボクサーのミックス - ハイブリッド犬種

イングリッシュ・ブルドッグとボクサーのミックス犬は、忠実で愛情深く、子供とも仲良くできる犬です。エネルギッシュで、たくさんの運動が必要ですが、ソファで寄り添うことも好きです。このミックスブリードは、あなたの家にたくさんの楽しさと笑いをもたらしてくれることでしょう。

このミックス犬の犬種的特徴は?

イングリッシュ・ブルドッグとボクサーのミックス犬の平均体重は、25~50kgです。肩の高さは通常50〜70cm。

バナー画像は のものです
代替名 -
オリジン ドイツ / イギリス
平均寿命 10 - 15 年
ケアの必要性 ローメンテンス
活動レベル 平均から高 - ロー
FCI 認識されていない
AKC 認識されていない
KC 認識されていない
News/Active

イングリッシュブルドッグとボクサーのミックスで考えられる性格の特徴~これが彼の本質でしょう。

イングリッシュブルドッグとボクサーのミックスを飼う場合、いくつか知っておくべきことがあります。このミックスは、ブリー種かボクサーを飼った経験が必要なので、誰でも飼えるというわけではありません。驚くほど頑固で、きちんとしつけをしないと破壊的になってしまうこともあります。しかし、適切な飼い主がいれば、これらの犬は愛情深く、保護的な伴侶となることができます。

イングリッシュブルドッグとボクサーのミックスは、比較的新しい犬種です。アメリカ発祥と考えられており、このミックスではどちらの親品種が多いか、いまだに議論が続いている。しかし、このミックスは、ボクサーよりもイングリッシュ・ブルドッグの子孫であるというのが大方の意見である。

イングリッシュ・ブルドッグは、頭と胸の幅が広く、背の低いがっしりした犬である。顔にシワがあり、頬が大きく垂れ下がっているのが特徴です。被毛は短く、一般的には白ですが、ブリンドル、ベージュ、黒もあります。ブルドッグは穏やかで愛情深い犬ですが、かなり頑固な一面もあります。

ボクサーは中型犬で運動量が多く、短毛で滑らかな被毛が特徴です。色はブリンドルかフォーンで、胸と顔が白いのが一般的です。ボクサーはエネルギーレベルが高いことで知られており、健康で幸せな生活を送るためには、十分な運動が必要です。また、非常に頭が良く、しつけがしやすいのも特徴です。

イングリッシュ・ブルドッグとボクサーのミックスでは、背が低くがっしりとしていて、頭と胸の幅が広い犬が期待できます。毛色はホワイト、ブリンドル、フォーンなどの短毛種が多いようです。この犬は十分な運動を必要とし、頑固な性格に対応できる経験豊かな飼い主と一緒にいるのがベストです。適切な飼い主がいれば、これらの犬は愛情深く、保護的な伴侶となることができます。

キャラクター

  • エネルギッシュ
  • フレンドリー
  • 恐れを知らない
  • 専用
  • インテリジェント
  • ロワイヤル
  • 思い切って
  • フリスキー
  • スタンドアロン
  • コンプライアントに
  • コージー
  • 親切に
  • 社会的
  • 静かに

用途

  • ウォッチドッグ
  • ファミリー・ドッグ
  • 警察犬
ドイツの旗 グレートブリテンの旗

イングリッシュブルドッグとボクサーのミックス犬には、どんな病気があるのですか?

イングリッシュ・ブルドッグとボクサーのミックス犬は、人懐っこく気立ての良い犬ですが、残念ながら健康上の問題を抱えやすいのも事実です。この犬種によく起こる問題としては、股関節形成不全、肘関節形成不全、チェリーアイや皮膚アレルギーなどがあります。

股関節形成不全では、股関節が正しく形成されていないため、痛みや跛行が生じます。肘関節形成不全は、同じように肘の関節が侵される病気です。いずれも遺伝的な問題と考えられており、残念ながら治療法はありません。治療は、薬物療法による痛みの管理と、体重のコントロールです。

チェリーアイは、涙液を作る腺が脱出し、見えるようになった状態です。この状態は痛みを伴い、流涙や感染症につながる可能性があります。チェリーアイは外科的に治療することができますが、早期に発見することが重要です。

また、この犬種では皮膚アレルギーがよく見られます。アレルギーは、かゆみ、赤み、抜け毛の原因になります。治療は、アレルゲンの特定と回避、抗ヒスタミン剤やステロイド剤による症状の治療からなります。

イングリッシュ・ブルドッグとボクサーのミックス犬は愛すべき犬ですが、飼い主となる人はこの犬種を選ぶ前に、これらの健康問題に注意する必要があります。

イングリッシュ・ブルドッグとボクサーのミックス犬の被毛は小さく、細く、皮膚に近いため、グルーミングがしやすいのが特徴です。色はブラック、ブリンドル、ホワイトが一般的だが、これらの混合色もある。被毛には斑点や縞模様などのマーキングがある場合がありますが、これらは欠点とはみなしません。

コートの長さ ショートファー
ファー アイシー
耳の形 Lop-Eared
ロッド ロングテール - ずんぐりした尻尾
アナトミー スクエア, 重い, 筋骨隆々, マッシブ
メス犬のサイズ ♀ 31 - 60 cm
メス犬の体重 ♀ 23 - 35 kg
オス犬のサイズ ♂ 31 - 65 cm
雄犬の体重 ♂ 18 - 32 kg
に適しています。 初心者, 子どもたち, シニア・高齢者の方へ
  • 癲癇(てんかん

    定義:例えば、少なくとも2回のてんかん発作が24時間以上の間隔で発生した場合、犬はてんかんを発症している。

  • 心筋症

    大型犬の場合、拡張型心筋症(DCM)が圧倒的に多い。

  • 腎臓病

    犬の腎臓病の症状:排尿量の増加(多尿)水の摂取量の増加。口の中の粘膜に炎症が起こる。食欲減退

  • ウォブラー(Wobbler)症候群

    獣医学では、頸椎の領域の脊髄または脊髄神経の損傷によって引き起こされる複合的な症状に与えられる名称です。

  • 呼吸の問題

    グリグリが短くなった犬は、しばしば呼吸器系の問題を起こすことがあります。

  • 目の病気

    アレルギーや不耐性と一緒に起こることが多いです。

  • 皮膚の炎症

    特定の犬種では遺伝性のものもあります。

  • 心臓病

    犬に頻繁に発生する可能性があり、薬で治療できる場合もあります。

  • イングリッシュブルドッグとボクサーのミックスは、イングリッシュブルドッグとボクサーの交配犬です。これらの犬は通常、中型から大型で、短くて滑らかな被毛を持っています。イングリッシュ・ブルドッグの短頭種の特徴である、短い鼻や広い頭部を受け継ぐこともあります。イングリッシュ・ブルドッグとボクサーのミックスは、通常、フレンドリーで外向的であり、優れたペットになります。

  • イングリッシュ・ブルドッグとボクサーのミックスは、一般的に短毛でスムースな被毛を持っています。イングリッシュ・ブルドッグの短頭種の特徴である、短い鼻や広い頭部を受け継ぐこともあります。これらの犬は通常、中型から大型の犬です。

  • イングリッシュ・ブルドッグとボクサーのミックスは、通常、フレンドリーで外向的です。また、飼い主にとても愛情を注ぐので、家族のペットとしても最適です。

  • イングリッシュ・ブルドッグとボクサーのミックスは、定期的な運動とグルーミングが必要です。高品質のフードを与え、定期的にツメを切ってあげてください。これらの犬は通常、丈夫で健康ですが、股関節形成不全、アレルギー、心臓病など、いくつかの健康上の問題を抱えやすい場合があります。

  • イングリッシュブルドッグとボクサーのミックスは、イングリッシュブルドッグとボクサーの交配犬です。アメリカで飼育されていた犬で、現在では世界中で人気のペットとなっています。

お役立ち記事

その他の記事は雑誌をご覧ください

自分の好きな犬種に合わせて、dogbible dog blogで興味のありそうな記事を探してみましょう。

このように
ニュースレターを購読すると、
常に犬のトレンドを知ることができます。
あなたの受信トレイをスパムすることはありません。お客様のメールアドレスを販売したり貸し出したりすることはありません。
詳細は、 プライバシーポリシーをご覧ください。