コッカリエ:
キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルとコッカースパニエルを混ぜる。ミックス

ハイブリッド品種

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル + コッカースパニエル

Dogs/Active

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルとコッカー・スパニエルのミックス、つまり雑種である。

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルとコッカー・スパニエルのミックスは、あなたの人生に様々なものをもたらしてくれるでしょう!キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルとコッカー・スパニエルのミックスは、あなたの人生に様々なものをもたらしてくれるでしょう。この魅力的な犬種は、子供や他の動物とも仲良くできることが知られており、あなたの家族を完成させてくれるでしょう。

バナー画像は のものです
代替名 -
オリジン イングランド
平均寿命 9 - 17 年
ケアの必要性 ローメンテンス - ハイメンテンス
活動レベル ロー - アベレージ
FCI 認識されていない
AKC 認識されていない
KC 認識されていない
News/Active

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルとコッカー・スパニエルのミックスの性格の可能性 ~これが彼の本質なのだろう

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルとコッカー・スパニエルのミックス犬は、外向的で愛情深い、優れたペットとなる犬種です。頭がよく、比較的しつけがしやすいのですが、頑固なところもあります。活発で十分な運動が必要なので、庭のある家が理想的です。社交的で、人間と一緒に過ごすのが大好きな生き物です。他の動物や子供たちとも仲良くできます。

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルは、1600年代にイギリスで飼育されていたトイ・ブリードが起源です。コッカースパニエルは、1800年代に開発されたアメリカの犬種である。両種とも小動物の狩猟に使われた。キャバリア・チャールズ・キングチャールズ・スパニエルは穏やかな犬種とされ、コッカー・スパニエルはよりエネルギッシュな犬種とされます。

この2つの犬種をミックスすることで、フレンドリーで外向的、そして愛情深い犬が生まれます。他の動物や子供とも仲良くでき、優れた家庭犬になります。活発な犬なので、たくさん運動させる必要があるので、庭のある家が理想的です。頭がよく、比較的しつけがしやすいのですが、頑固なところもあります。

もしあなたが、家族のために楽しいことが大好きで活発な犬を探しているなら、キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルとコッカー・スパニエルのミックスは完璧な選択かもしれませんね!キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルとコッカー・スパニエルのミックス犬は、あなたの家族の一員です。

キャラクター

  • 愛情深い
  • 恐れを知らない
  • フリスキー
  • 適応性
  • 辛抱強く
  • 親しみやすい
  • エデュカブル
  • フレンドリー
  • まだ
  • 忠実に

用途

  • コンパニオン・ドッグ
  • ファミリー・ドッグ
  • 狩猟犬
グレートブリテンの旗 グレートブリテンの旗

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルとコッカー・スパニエルのミックスに起こりうる病気について。

キャバリア キング チャールズ スパニエル コッカー スパニエル ミックスは、愛情深く外向的な性格で知られる人気犬種です。しかし、この犬種はある種の健康問題を抱えやすいことでも知られています。キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル・コッカー・スパニエルのミックスに発生しやすい健康問題には、以下のようなものがあります。

  • 心臓の病気キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル・コッカー・スパニエルのミックスによく見られる健康問題のひとつに、心臓病があります。これは、肺動脈狭窄症と呼ばれる先天性の欠陥が原因であることが多い。これは、心臓の右心室と肺動脈との接続部分が狭くなっている状態です。この欠陥があると、心臓の働きが悪くなり、最終的には心不全になる可能性があります。
  • 目の問題:キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルとコッカー・スパニエルのミックスによく見られるもう一つの健康問題は、目の問題です。これは、キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルが大きな頭部を持ち、目の間隔が狭いため、目の病気になりやすいことが原因であることが多いようです。この犬種によく起こる目の病気には、白内障、緑内障、網膜剥離などがあります。
  • 脊髄空洞症:脊髄空洞症は脊髄に影響を与える疾患で、キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルによくみられます。脊髄が圧迫されることで発症し、痛み、脱力感、麻痺など様々な症状を引き起こします。
  • 股関節形成不全:股関節形成不全もキャバリア・キング・チャールズ・スパニエル・コッカー・スパニエルのミックスによく見られる健康上の問題です。この病気は、股関節の奇形によって引き起こされ、痛みや跛行、そして最終的には関節炎を引き起こす可能性があります。

これらはキャバリア・キング・チャールズ・スパニエルとコッカー・スパニエルのミックスによく見られる健康上の問題ですが、この犬種のすべての犬がこれらの症状を発症するわけではありません。しかし、愛犬がこれらの健康問題を発症した場合、早期に治療を受けることができるよう、意識しておくことが大切です。

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルとコッカー・スパニエルのミックス犬種。ソフトでシルキーなミディアム丈の被毛が特徴です。この犬種の最も一般的な色は、黒、茶、白ですが、他の様々な色もあります。キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルとコッカー・スパニエルのミックスは、とても人懐っこく、愛情深いことで知られています。

このミックス犬の犬種的特徴は?

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルとコッカー・スパニエルのミックスは、小型から中型の犬である。体重は10〜16kg、肩幅は38〜41cmが一般的である。この犬種の被毛は長く絹のようで、黒、茶、白が多く、いくつかの模様があります。頭とマズルが長く、目は大きく丸い。耳は長く垂れ下がり、尻尾は長くふわふわしている。

コートの長さ ミディアム
ファー アイシー - ウェーブ
耳の形 Lop-Eared
ロッド ファン・アウト
アナトミー -
メス犬のサイズ ♀ 30 - 41 cm
メス犬の体重 ♀ 6 - 15 kg
オス犬のサイズ ♂ 30 - 43 cm
雄犬の体重 ♂ 6 - 16 kg
に適しています。 -
  • 弁膜不全

    犬の心臓弁膜症は、心臓病の中でも特に多い病気です。ほとんどの場合、心臓弁の後天的な変化です。

  • 僧帽弁閉鎖不全症(MVD

    動物と犬のそれぞれの僧帽弁疾患

  • カーリーコート・ドライアイ

    犬の目の病気。

  • 腎臓病

    犬の腎臓病の症状:排尿量の増加(多尿)水の摂取量の増加。口の中の粘膜に炎症が起こる。食欲減退

  • 癲癇(てんかん

    定義:例えば、少なくとも2回のてんかん発作が24時間以上の間隔で発生した場合、犬はてんかんを発症している。

  • 進行性網膜萎縮症(PRA)

    進行性網膜萎縮症(PRA)は、犬の網膜がゆっくりと進行しながら死んでいく病気です。

  • キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルとコッカー・スパニエルのミックスは、キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルとコッカー・スパニエルの交配によって生まれた雑種犬である。

  • キャバリア・キングチャールズ・スパニエルとコッカー・スパニエルのミックスは、両方の親犬種の身体的特徴を受け継ぎますが、通常、小~中型の体格、丸い頭、垂れた耳をしています。被毛はウェーブとストレートの2種類で、色は両親の品種が持っている色またはその組み合わせのいずれかを選ぶことができます。

  • キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルとコッカー・スパニエルのミックス犬は、通常、フレンドリーで外向的、そしてエネルギッシュな犬です。コッカースパニエルの狩猟本能を受け継いでいるのか、フェッチなど追いかけっこをする遊びを好みます。

  • キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルとコッカー・スパニエルのミックスは、幸せで健康な生活を送るために十分な運動が必要です。毎日長い時間散歩したり、遊んだりすることで、健康や精神的な刺激を受けることができます。また、定期的なグルーミングとブラッシングで、被毛の健康や絡まりのない状態を保つ必要があります。

  • そう、キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルとコッカー・スパニエルのミックスは、素晴らしい家庭犬になるのです。普段は子供や他のペットとも仲良くでき、その幸せな性格から、一緒にいるのが楽しくなるような動物です。

お役立ち記事

ニュースレターを購読すると、
常に犬のトレンドを知ることができます。
あなたの受信トレイをスパムすることはありません。お客様のメールアドレスを販売したり貸し出したりすることはありません。
詳細は、 プライバシーポリシーをご覧ください。