キングピン:
キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルとミニチュア・ピンシャーを混ぜる。ミックス

ハイブリッド品種

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル + ミニチュア・ピンシャー

Dogs/Active

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルとミニチュア・ピンシャーのミックス、つまり雑種である。

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルは、ケンネル・クラブとアメリカン・ケンネル・クラブによってミニチュア犬に分類される小型のスパニエルである。ミニチュア・ピンシャーは、小型でコンパクトな短毛種の犬です。通常、体高は28〜35cm未満で、高いエネルギーを持つ。

このミックス犬の犬種的特徴は?

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルは、小型で活発な犬です。体重は平均9〜11kg、体高は33〜38cm。ミニチュア・ピンシャーも小型ですが、キャバリアよりややコンパクトです。体重は6〜9kg、体高は25〜30cm。両犬種とも、毛色やマーキングが似ています。キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルとミニチュア・ピンシャーのミックスは、体重7~10kg、体高28~35cmの小型~中型犬です。被毛は短く、密生しており、色はブラック&タンまたはレッド&タンが一般的です。

バナー画像は のものです
代替名 -
オリジン イングランド / ドイツ
平均寿命 9 - 15 年
ケアの必要性 ローメンテンス
活動レベル ロー - ハイ
FCI 認識されていない
AKC 認識されていない
KC 認識されていない
News/Active

キングピンの性格として考えられること - これが彼の本質なのでしょう。

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルとミニチュア・ピンシャーのミックスは、小型で活発な犬で、活動的な飼い主の優れたパートナーになります。ミニチュア・ピンシャーの遊び好きで元気な性格と、キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルの穏やかで愛情深い性格を併せ持つ、両方の長所を兼ね備えたミックス犬種です。このミックス犬は、家族には忠実で愛情深いのですが、見知らぬ人には警戒心を抱くことがあります。しかし、適切な社会化によって、キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルとミニチュア・ピンシャーのミックスは、フレンドリーで外向的な犬になることができます。

ミニチュア・ピンシャーは知能が高いため、比較的しつけがしやすいミックス犬種です。しかし、キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルは、頑固な性格のため、しつけが必要以上に難しくなることがあります。このミックスブリードは、幸せと健康を維持するために、精神的にも肉体的にも十分な運動が必要です。毎日の散歩やランニングは欠かせません。また、インタラクティブなおもちゃやゲームを用意して、気を引き締めてあげましょう。

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルとミニチュア・ピンシャーは、平均寿命が12~14歳と比較的健康なミックス犬種です。

キャラクター

  • 愛情深い
  • 恐れを知らない
  • フリスキー
  • 適応性
  • 辛抱強く
  • 親しみやすい
  • レスポンシブ
  • エネルギッシュ
  • フレンドリー
  • スマート
  • 社会的

用途

  • コンパニオン・ドッグ
  • ファミリー・ドッグ
グレートブリテンの旗 ドイツの旗

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルとミニチュア・ピンシャーのミックスにはどんな病気があるのでしょうか。

キャバリアキングチャールズスパニエルとミニチュアピンシャーのミックスは、キャバリアキングチャールズスパニエルとミニチュアピンシャーを掛け合わせたデザイナーズドッグである。他のデザイナーズドッグと同様、この交配種は、交配元の犬種に特有の健康上の問題を抱える傾向があります。

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル・ミニチュアピンシャーのミックスに最も多い健康問題は、心臓病です。キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルとミニチュア・ピンシャーはともに心臓病を発症しやすい犬種で、この2種をミックスすると、心臓病を発症する可能性が高くなるのだそうです。この犬種の心臓病で最も多いのは僧帽弁膜症で、心臓の左心室とその他の臓器を隔てる弁に問題がある。

キャバリア・キングチャールズ・スパニエルとミニチュア・ピンシャーのミックス犬も、てんかんを発症するリスクが高いとされています。てんかんは発作を起こす神経疾患で、キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルとミニチュア・ピンシャーの両方がこの病気にかかりやすいとされています。キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル・ミニチュアピンシャーのミックスが発作を起こした場合は、できるだけ早く動物病院に連れて行き、適切な診断と治療を受けることが大切です。

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルとミニチュア・ピンシャーのミックスに起こるもう一つの健康問題は、膝蓋骨脱臼である。膝蓋骨(パテラ)が正常な位置からずれた状態です。膝蓋骨脱臼は、犬にとって非常に痛く、患部の脚が跛行することがあります。キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル・ミニチュアピンシャーのミックス犬が、脚に跛行や痛みの兆候を示した場合、獣医師の診断を受け、膝蓋骨脱臼を除外することが重要である。

キャバリア キング チャールズ スパニエル ミニチュア ピンシャーのミックスは、一般的に健康な犬種ですが、特定の健康上の問題を抱えやすい傾向があります。これらの病気を知っておくことで、病気の兆候に注意し、少しでも病気の兆候があれば早めに獣医さんに連れて行くことが大切です。

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル ミニチュア・ピンシャー・ミックスは小型から中型の犬です。被毛は通常シルクのようで、色は黒、青、茶、金、クリームなど、どのような色でも良い。髪は通常長く、カールやウェーブがかかっていることもあります。この犬種は、フレンドリーで愛情深い気質で知られています。

コートの長さ ミディアム - ショートファー
ファー アイシー
耳の形 Lop-Eared - 立ち耳
ロッド ファン・アウト - ロングテール
アナトミー -
メス犬のサイズ ♀ 25 - 33 cm
メス犬の体重 ♀ 4 - 8 kg
オス犬のサイズ ♂ 25 - 33 cm
雄犬の体重 ♂ 4 - 8 kg
に適しています。 初心者, 子どもたち
  • 弁膜不全

    犬の心臓弁膜症は、心臓病の中でも特に多い病気です。ほとんどの場合、心臓弁の後天的な変化です。

  • 僧帽弁閉鎖不全症(MVD

    動物と犬のそれぞれの僧帽弁疾患

  • カーリーコート・ドライアイ

    犬の目の病気。

  • 腎臓病

    犬の腎臓病の症状:排尿量の増加(多尿)水の摂取量の増加。口の中の粘膜に炎症が起こる。食欲減退

  • 恒久的な震え

    持続的な震えは小型犬では非常によく見られるもので、精神的なものが多いです。

  • 緊張感

    非常によくあることですが、残念なことに、小さくて細い犬種が永久的な神経過敏に苦しんでいます。

  • これらの犬は通常、小型から中型で、ほとんどの成犬の体重は7~10kgである。

  • これらの犬の寿命は通常12〜15年です。

  • はい、これらの犬は通常、子供とうまくやりますが、非常に小さな子供には小さすぎることもあります。

  • これらの犬に発生した健康問題には、心臓の問題、目の問題、股関節形成不全などがあります。

  • いいえ、この犬たちは、散歩や遊びは好きですが、あまり運動は必要ありません。

お役立ち記事

その他の記事は雑誌をご覧ください

自分の好きな犬種に合わせて、dogbible dog blogで興味のありそうな記事を探してみましょう。

このように
ニュースレターを購読すると、
常に犬のトレンドを知ることができます。
あなたの受信トレイをスパムすることはありません。お客様のメールアドレスを販売したり貸し出したりすることはありません。
詳細は、 プライバシーポリシーをご覧ください。