カヴァドール:キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルとラブラドール・レトリーバーを混ぜる。ミックス

ハイブリッド品種

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル + ラブラドール・レトリーバー

Dogs/Active

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルとラブラドール・レトリーバーのミックス、つまり雑種である。

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルとラブラドール・レトリーバーのミックス犬は、フレンドリーで外向的、子どもや他のペットとも仲良くできる犬です。知能が高く、しつけもしやすいので、新しい毛皮の家族を探しているご家庭におすすめです。

このミックス犬の犬種的特徴は?

短くコンパクトなボディに、シルクのような滑らかな毛並みのミックス犬で、様々なカラーバリエーションがあります。頭は丸く、ペタペタとした耳とアーモンド形の黒い目が特徴です。この犬の体重は通常9〜11kgで、肩の高さは38〜41cmである。

代替名 -
オリジン イングランド / イギリス
平均寿命 9 - 14 年
ケアの必要性 ローメンテンス
活動レベル ロー - アベレージ
FCI 認識されていない
AKC 認識されていない
KC 認識されていない
News/Active

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルとラブラドール・レトリーバーのミックスの性格の可能性 ~これが彼の本質なのでしょう。

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルとラブラドール・レトリーバーのミックス犬は、美しく、知的で、忠実な犬で、優れた伴侶となります。しつけも比較的簡単で、優秀な家庭犬になります。他の犬と同様、十分な運動と社会化が必要です。一般に、12〜15年程度の寿命を持つ健康な犬です。

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルは、愛情深い性格で知られています。穏やかで、子供の扱いも上手です。知らない人には少し恥ずかしがることもありますが、すぐに打ち解けることができます。メンテナンスの必要が少ない犬種で、手入れもあまり必要ありません。

ラブラドール・レトリバーは、人懐っこく、外向的でエネルギッシュな性格です。遊ぶのも、取ってくるのも大好きなんです。子供たちとも仲良くでき、素晴らしい家庭犬です。運動量も多く、走り回れるスペースも必要です。また、抜け毛が多いので、毎日のブラッシングが必要です。

この2つの犬種をミックスすれば、愛情深く、知的で、しつけのしやすい犬ができあがります。子供とも仲良くできる優秀な家庭犬です。毎日の運動と、走り回ったり遊んだりできる十分なスペースが必要です。また、抜け毛が多いので、毎日のブラッシングが必要です。

キャラクター

  • 愛情深い
  • 恐れを知らない
  • フリスキー
  • 適応性
  • 辛抱強く
  • 親しみやすい
  • アジャイル
  • バランスのとれた
  • お人好し
  • インテリジェント
  • 社会的
  • 忠実に
  • 信頼

用途

  • コンパニオン・ドッグ
  • ファミリー・ドッグ
  • 働く犬
  • レスキュー犬
  • セラピー犬
  • 盲導犬
グレートブリテンの旗 グレートブリテンの旗

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルとラブラドール・レトリーバーのミックスにはどんな病気があるのでしょうか。

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル・ラブラドール・レトリバーのミックスは、米国で人気のある交配種です。知的で、人懐っこく、愛情深い仲間として知られています。しかし、他の犬と同じように、ある種の健康上の問題を抱えやすい。キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル・ラブラドール・レトリバーのミックスに多い健康問題としては、股関節形成不全、肘関節形成不全、肥満、アレルギー、目の問題などが挙げられます。

股関節形成不全と肘関節形成不全は、犬の整形外科疾患の中で最も多く見られる疾患です。どちらも骨や関節の発育不良が原因で起こる病気です。股関節形成不全は、痛み、跛行、関節炎を引き起こします。また、肘関節形成不全は痛みや跛行の原因となりますが、肘関節形成不全の発症につながることもあります。

肥満も犬の健康問題のひとつで、キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル・ラブラドール・レトリバーのミックスなど大型犬種で特に問題となることがあります。肥満は、関節の問題、呼吸器系の問題、糖尿病など、さまざまな健康障害を引き起こす可能性があります。

アレルギーは犬にもよく見られる問題で、食べ物や環境アレルゲン、さらにはノミに刺されるなど、さまざまな要因で引き起こされます。アレルギーは、皮膚のかゆみ、涙目、さらには胃腸障害などを引き起こすことがあります。

また、犬には目のトラブルがつきもので、遺伝、ケガ、病気などさまざまな原因があります。犬の目の病気には、白内障、緑内障、進行性網膜萎縮症などがあります。

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル・ラブラドール・レトリバーのミックスは、一般的に健康な犬種ですが、さまざまな健康上の問題を抱えやすいと言われています。これらの犬を家族に加えようと考えている場合は、新しいミックス犬が抱える可能性のある健康問題について、必ず獣医師と相談してください。

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル・ラブラドール・レトリーバーのミックス犬は、ソフトでシルキーな被毛を持つ中型犬である。被毛は通常、白に黒または茶のマーキングがあります。毛が長くてウェーブがかかっていて、耳はペタッとしている。穏やかで愛情深い犬種として知られ、優れた家庭犬となる。

コートの長さ ミディアム - ショートファー
ファー アイシー
耳の形 Lop-Eared - トライアングル
ロッド ファン・アウト - ロングテール
アナトミー -
メス犬のサイズ ♀ 30 - 60 cm
メス犬の体重 ♀ 6 - 32 kg
オス犬のサイズ ♂ 30 - 63 cm
雄犬の体重 ♂ 6 - 32 kg
に適しています。 初心者, 子どもたち, 盲人, シニア・高齢者の方へ
  • 弁膜不全

    犬の心臓弁膜症は、心臓病の中でも特に多い病気です。ほとんどの場合、心臓弁の後天的な変化です。

  • 僧帽弁閉鎖不全症(MVD

    動物と犬のそれぞれの僧帽弁疾患

  • カーリーコート・ドライアイ

    犬の目の病気。

  • 腎臓病

    犬の腎臓病の症状:排尿量の増加(多尿)水の摂取量の増加。口の中の粘膜に炎症が起こる。食欲減退

  • 目の病気

    アレルギーや不耐性と一緒に起こることが多いです。

  • 肘関節形成不全(ED

    肘関節形成不全は、成長著しい犬種の肘関節の慢性疾患複合体です。

  • 関節の損傷

    一部の犬種では、関節の損傷が人生の後半に起こり、筋骨格系に影響を及ぼすことがあります。

  • 股関節形成不全(HD

    犬の股関節形成不全(HD)は、股関節の異常な発達を指します。

  • 体重過多

    しばしば、残念なことに、犬は非常に多くの体重超過の下で。しかし、犬自身は決して悪くありません。

  • キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルとラブラドール・レトリーバーのミックスは、キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルとラブラドール・レトリーバーという2つの人気犬種を掛け合わせて作られた犬種である。

  • キャバリア・キングチャールズ・スパニエルとラブラドール・レトリーバーのミックスは、どちらの親犬に近いかによって、外見が異なることがあります。しかし、原則として、中型で、長い鼻、ペタペタした耳、カールまたはウェーブのかかった被毛を持っています。

  • キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルとラブラドール・レトリーバーは、一般的にフレンドリーで外向的、人と一緒に遊んだりするのが大好きな犬種です。知的で学習能力が高いので、活動的な家庭には最適なペットといえるでしょう。

  • キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルとラブラドール・レトリーバーのミックスは、幸せと健康を維持するために十分な運動と精神的な刺激を必要とします。毎日散歩や遊びをするのが理想的で、芸を覚えたり、鬼ごっこをしたりするのも楽しいです。また、これらのミックスブリードでは、被毛のつや消しや結びつきを防ぐために、定期的なグルーミングが必要です。

  • そう、キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルとラブラドール・レトリーバーのミックスは、素晴らしい家庭犬になるのです。子供にも優しく、愛情深く、外向的な性格のため、人と接するのが大好きです。

お役立ち記事

ニュースレターを購読すると、
常に犬のトレンドを知ることができます。
あなたの受信トレイをスパムすることはありません。お客様のメールアドレスを販売したり貸し出したりすることはありません。
詳細は、 プライバシーポリシーをご覧ください。