タコテリア:
チワワとフォックス・テリアを混ぜる。ミックス

ハイブリッド品種

チワワ + フォックス・テリア

Dogs/Active

チワワとフォックステリアのミックス、つまり雑種である。

チワワとフォックステリアのミックス犬は、人懐っこく、遊ぶのが大好きな元気な犬です。知能が高く、しつけもしやすいので、家族で飼うには最適なペットといえるでしょう。

このミックス犬の犬種的特徴は?

チワワとフォックステリアのミックス犬は、細身の体型の小型犬です。体重は2〜4kg、肩の高さは20〜30cmが一般的です。被毛は短く、スムースヘアとワイヤーヘアーの2種類がある。被毛は通常、黒、茶、白で、タン、ブリンドル、グレーのマーキングがある。

バナー画像は のものです
代替名 -
オリジン メキシコ / イギリス
平均寿命 12 - 20 年
ケアの必要性 ローメンテンス
活動レベル ロー
FCI 認識されていない
AKC 認識されていない
KC 認識されていない
News/Active

チワワとフォックステリアのミックスの性格の可能性 ~これが彼の本質なのだろう

チワワとフォックステリアのミックスは、ユニークで愛嬌のある犬種です。他のミックス犬同様、外見に多少の違いはあるが、多くはチワワの小柄で警戒心の強い体格とフォックステリアの白と黒のマーキングが特徴である。

この品種は万人向けではありません。エネルギッシュでヤッピーな犬なので、たくさんの注意と運動が必要です。

この犬種は、一貫して訓練できる経験豊富な飼い主のいる家庭が最も適しています。頑固で強情なところがあるので、忍耐が必要です。しかし、学習能力が高く、一度注意を引けば簡単にしつけられる賢い犬でもあります。

チワワとフォックステリアのミックスは、小さなお子さんのいるご家庭にはあまり向いていません。初対面の人には噛み付くことがあり、体が小さいので怪我をしやすい。年長の子供や子供のいない家庭に最も適しています。

小型犬で大きな性格の犬をお探しなら、チワワとフォックステリアのミックス犬はあなたにぴったりのミックス犬かもしれません。適切な飼い主がいれば、最高の伴侶となることができるのです。

キャラクター

  • 目覚めた
  • 気配り
  • バーキング
  • アクティブ
  • 専用
  • 社会的
  • アライブ
  • ブレイブ
  • フレンドリー
  • インテリジェント
  • アニメーション的に
  • 思い切って
  • 忠実に
  • ヴィジラント

用途

  • コンパニオン・ドッグ
  • ファミリー・ドッグ
  • 狩猟犬
メキシコの旗 グレートブリテンの旗

チワワとフォックステリアのミックス犬にはどんな病気があるのでしょうか?

チワワとフォックステリアのミックスは、さまざまな健康上の問題を抱えやすいことが知られています。肘や股関節の形成不全、膝蓋骨脱臼、フォンウィルブランド病、てんかん、低血糖症などです。これらの中には、適切なケアと治療で軽減できるものもありますが、より深刻で生涯にわたって治療が必要なものもあります。獣医師と相談し、その動物にとって最適な対処法を決めることが重要です。

チワワとフォックステリアのミックスの被毛は、通常短くて滑らかで、光沢があるのが特徴です。最も一般的な色はブラック、ブラウン、ホワイトだが、これらの犬にはブルー、グレー、レッド、シルバーといった他の色もある。

コートの長さ ミディアム - ショートファー
ファー アイシー - ラフヘアー
耳の形 立ち耳 - ティルト・アール
ロッド ロングテール - ショートテール
アナトミー スリム, 筋骨隆々, スクエア
メス犬のサイズ ♀ 15 - 39 cm
メス犬の体重 ♀ 2 - 9 kg
オス犬のサイズ ♂ 15 - 39 cm
雄犬の体重 ♂ 2 - 10 kg
に適しています。 -
  • 目の感染症

    慢性的な目の感染症は、犬にとって非常に痛みを伴うもので、薬で治療することができます。まれに、角膜を治療しなければならない場合もあります。

  • 目の病気

    アレルギーや不耐性と一緒に起こることが多いです。

  • 低血糖症

    インスリンを過剰に投与したり、誤って2回投与した場合、犬は低血糖を起こす可能性があります。

  • Tartar

    犬が美味しいものを食べなかったり、糖分の多いものを食べたりすると、すぐに歯石ができてしまいます。

  • 運動失調

    Ataxia(ギリシャ語 ἀταξία ataxia「障害」「不規則性」より)は、運動調整に関する様々な障害の医学的な総称です。運動失調は、麻痺(パレシス)がなくても、つまり筋力が正常であっても起こります。

  • 骨癌

    加齢に伴い発生する可能性があります。

  • ミエロパシー

    犬の変性骨髄症は、脊髄の破壊を伴う、ゆっくりと進行する一連の神経疾患である。これらの疾患は、ゆっくりと進行する後肢の運動障害を伴います。

  • しびれ

    老齢になってから発症することが多い。

  • チワワとフォックステリアのミックスは、通常、小柄でがっしりとした体格で、短い被毛で滑らかな手触りです。頭部は一般的にキツネのような形をしており、尖った耳と長く尖ったマズルを持つ。目の色は一般的に黒っぽく、アーモンド型や丸型があります。

  • チワワとフォックステリアのミックス犬は、通常、活発で遊び好きで、人と一緒にいるのが好きな犬です。普段は友好的で外向的ですが、家族や家を守ることもあります。

  • チワワとフォックステリアのミックスは、通常、毎日の散歩や遊びなど、適度な運動が必要です。また、精神的な刺激も必要なので、パズルなどのアクティビティやトレーニング、社会化も重要です。チワワとフォックステリアのミックスの被毛は、あまりグルーミングを必要としませんが、時々ブラッシングをすることで抜け毛を取り除くことができます。

  • チワワとフォックステリアのミックスは、一般的に健康な犬ですが、他の犬種と同様に特定の健康障害を起こしやすい場合があります。膝蓋骨脱臼、心臓病、フォンウィルブランド病などである。

  • チワワとフォックステリアのミックスは、信頼できるブリーダーから購入するか、保護施設やレスキュー団体から採用することができます。犬を飼う前に、信頼できる情報源を見つけ、この犬種のケアとニーズについてもっと学ぶために、必ずリサーチをしてください。

お役立ち記事

その他の記事は雑誌をご覧ください

自分の好きな犬種に合わせて、dogbible dog blogで興味のありそうな記事を探してみましょう。

このように
ニュースレターを購読すると、
常に犬のトレンドを知ることができます。
あなたの受信トレイをスパムすることはありません。お客様のメールアドレスを販売したり貸し出したりすることはありません。
詳細は、 プライバシーポリシーをご覧ください。