ドッカー:
コッカースパニエルとダックスフンドを混ぜる。ミックス

ハイブリッド品種

コッカースパニエル + ダックスフンド

Dogs/Active

ダックスフンドとコッカースパニエルのミックス-ハイブリッド犬種

最高の一品ですダックスフンドとコッカースパニエルのミックスは、忠実で愛情深い友人を探している人に最適なパートナーです。このミックスブリードは、愛情深く遊び好きなことで知られており、子供のいる家庭には理想的な犬種です。

このミックス犬の犬種的特徴は?

ダックスフンドとコッカースパニエルのミックス犬種は、細長い体型と長く筋肉質な脚が特徴です。体重は10〜15kg、肩幅は38〜41cmが一般的である。被毛は通常短くて滑らかで、様々な色や模様が可能です。

バナー画像は のものです
代替名 -
オリジン イングランド / ドイツ
平均寿命 10 - 17 年
ケアの必要性 ハイメンテンス - ローメンテンス
活動レベル アベレージ
FCI 認識されていない
AKC 認識されていない
KC 認識されていない
News/Active

ダックスフンドとコッカースパニエルのミックスの性格の可能性~これが彼の本質なのでしょう。

ダックスフンドは、誰からも愛されそうな、かわいくて元気な小型犬です。また、最も人気のある犬種の1つなので、ダックスフンドの子犬を探している人はたくさんいます。でも、ダックスフンドのミックスはどうでしょう?

ダックスフンドとコッカースパニエルのミックスは比較的新しい犬種で、まだ情報が少ないんです。でも、ちょっと調べてみたら、このかわいい子犬たちのことがよくわかりました。

外観

ダックスフンドとコッカースパニエルのミックスは、親犬種からどのような特徴を受け継いだかによって、見た目が大きく異なります。しかし、通常はダックスフンドのような細長い体型で、短い脚とペタペタした耳を持っています。被毛は絹のような中毛で、波状または滑らかなものがあり、色は黒、茶、白など様々な種類があります。

パーソナリティ

ダックスフンドとコッカースパニエルのミックス犬は、フレンドリーで外向的、人と一緒にいるのが好きな犬です。しつけも比較的簡単で、優秀な家庭犬になります。また、エネルギッシュで遊び好きなため、幸せで健康的な生活を送るためには、十分な運動が必要です。

健康

ダックスフンドとコッカースパニエルのミックスは、一般的に健康な犬ですが、他の犬よりもなりやすい健康上の問題がいくつかあります。腰痛、関節の病気、耳の感染症などです。愛犬の健康を維持し、これらの問題を回避するために、かかりつけの獣医師に相談することをお勧めします。

キャラクター

  • 愛情深い
  • エデュカブル
  • フレンドリー
  • まだ
  • 忠実に
  • フリスキー
  • 専用
  • スマート
  • アライブ
  • 頑固
  • ブレイブ

用途

  • 狩猟犬
  • ファミリー・ドッグ
グレートブリテンの旗 ドイツの旗

ダックスフンドとコッカースパニエルのミックス犬にはどんな病気があるのでしょうか?

ダックスフンドは人気犬種で、近年その人気はますます高まっています。これは、そのユニークな外見と人懐っこい性格によるものだろう。しかし、他の犬種と同様に、ダックスフンドもある種の健康状態になりやすいと言われています。これらの疾患には、犬種特有のものもあれば、全犬種に共通するものもあります。

ダックスフンドに最も多く見られる疾患は、椎間板疾患(IVDD)です。背骨の椎骨のクッションである椎間板の病気です。健康な犬では、この椎間板は衝撃吸収材として機能していますが、IVDDの犬では、椎間板が破裂したり、ヘルニアになったりすることがあります。その結果、痛みや麻痺を引き起こし、死に至ることもあるのです。

また、ダックスフンドは肥満になりやすく、関節痛や呼吸器疾患、糖尿病など他の健康障害を引き起こす可能性があります。肥満を防ぐには、ダックスフンドに健康的な食事と十分な運動をさせることが大切です。

その他、アレルギー、てんかん、フォンウィルブランド病など、ダックスフンドがかかりやすい健康状態もあります。これらの疾患は、IVDDや肥満ほど一般的ではありませんが、それでも深刻な事態を招く可能性があり、ダックスフンドを選ぶ際に考慮する必要があります。

ダックスフンドを選ぶ際には、子犬の両親の健康診断書を提出できる信頼できるブリーダーを選ぶことが重要です。健康診断とは、ある遺伝病について検査を行い、その病気がないことを示すものです。

ダックスフンドとコッカーとスパニエルのミックス犬種は、短くて滑らかな被毛で、色は一般的に茶色と白があります。また、被毛はブラック&タンやレバー&タンもあります。被毛は手入れがしやすく、時折ブラッシングをする程度で済みます。

コートの長さ ミディアム - ショートファー
ファー ウェーブ - ラフヘアー
耳の形 Lop-Eared
ロッド ファン・アウト - ショートテール
アナトミー デインティ, 重い
メス犬のサイズ ♀ 17 - 41 cm
メス犬の体重 ♀ 7 - 15 kg
オス犬のサイズ ♂ 17 - 43 cm
雄犬の体重 ♂ 7 - 16 kg
に適しています。 -
  • 癲癇(てんかん

    定義:例えば、少なくとも2回のてんかん発作が24時間以上の間隔で発生した場合、犬はてんかんを発症している。

  • 進行性網膜萎縮症(PRA)

    進行性網膜萎縮症(PRA)は、犬の網膜がゆっくりと進行しながら死んでいく病気です。

  • ディスクの問題

    犬の椎間板ヘルニア(ディスクオパシー)。椎間板ヘルニアやダックスフンドの麻痺は、犬に激しい痛みを与えます。

  • ダックスフンドの麻痺

    ダックスフンドの麻痺(ディスクオパシー)とは、獣医師が犬の四肢の麻痺を意味します。

  • 体重過多

    しばしば、残念なことに、犬は非常に多くの体重超過の下で。しかし、犬自身は決して悪くありません。

  • ダックスフンドとコッカースパニエルのミックスは、ダックスフンドとコッカースパニエルという2つの人気犬種を掛け合わせた犬種です。この2つの犬種がミックスされ、両親の良いところを受け継いだと言われる新しい犬種が誕生しました。

  • ダックスフンドとコッカースパニエルのミックスは、どちらの親犬に似ているかによって、見た目が異なります。しかし、ほとんどのミックス犬は、ダックスフンドのような小さくコンパクトなボディと、コッカースパニエルのような長くのびた耳を持っています。また、2つの品種の特徴的なマーキングがある場合もあります。

  • ダックスフンドとコッカーとスパニエルのミックスは、両親の良い性格を受け継ぐと思われます。つまり、人懐っこく、愛情深く、賢い犬種であり、優れた伴侶となる可能性が高いのです。また、非常に活発であるため、十分な運動が必要です。

  • 前述したように、ダックスフンドとコッカーとスパニエルのミックスは、非常に活発である可能性が高いので、十分な運動が必要です。毎日の散歩や庭での遊びで、楽しく健康に過ごせるはずです。

  • ダックスフンドとコッカーとスパニエルのミックスは、平均寿命が12~14歳です。これは、どちらかの親の寿命より若干短いが、それでも多くのミックス犬の平均寿命より長い。

お役立ち記事

その他の記事は雑誌をご覧ください

自分の好きな犬種に合わせて、dogbible dog blogで興味のありそうな記事を探してみましょう。

このように
ニュースレターを購読すると、
常に犬のトレンドを知ることができます。
あなたの受信トレイをスパムすることはありません。お客様のメールアドレスを販売したり貸し出したりすることはありません。
詳細は、 プライバシーポリシーをご覧ください。