コッカージャック:
コッカースパニエルとジャック・ラッセル・テリアを混ぜる。ミックス

ハイブリッド品種

コッカースパニエル + ジャック・ラッセル・テリア

Dogs/Active

コッカースパニエルとジャックラッセルテリアのミックス、つまり雑種である。

コッカースパニエルとジャックラッセルテリアのミックス犬は、楽しいことが大好きでエネルギッシュな犬なので、子供のいる家庭には最適です。知的で遊び好き、人と一緒にいるのが大好きな子たちです。

このミックス犬の犬種的特徴は?

コッカースパニエルとジャックラッセルテリアのミックス犬種は、体重10~15kg、体高35~45cmの短くてコンパクトな体型をしています。被毛は短く、密生しており、色は黒、茶、白、タンなど様々です。頭部は丸く、目は黒く表情豊かです。耳は長く垂れており、尾は中くらいの大きさで先細りです。

バナー画像は のものです
代替名 -
オリジン イングランド
平均寿命 10 - 17 年
ケアの必要性 ハイメンテンス - ローメンテンス
活動レベル アベレージ - ハイ
FCI 認識されていない
AKC 認識されていない
KC 認識されていない
News/Active

コッカースパニエルとジャックラッセルテリアのミックスの性格の可能性~これが彼の本質なのでしょう。

コッカー・スパニエルとジャック・ラッセル・テリアは、フレンドリーで社交的な犬種で、子供や他のペットとも仲良くすることができます。知能が高く、エネルギーも豊富なので、十分な運動と刺激が必要です。このミックスブリードは、忠実で愛情深く、優れた家庭犬になります。また、トレーニングも比較的容易です。

性格的には、コッカースパニエルとジャックラッセルテリアのミックス犬は、自信に満ちていて遊び好きです。好奇心旺盛で探検が大好きなので、安全な柵のある庭が必須です。また、室内でかなり活発に動き回るので、カウチポテトをお探しの方には不向きな犬種です。

このミックス犬は、愛情深く、エネルギッシュで賢い犬をお探しのご家族におすすめです。ある程度の運動と刺激が必要なので、あまり活動的な生活を送っている人には向いていません。適切なケアとトレーニングによって、このミックスブリードはどんな家庭でも素晴らしい存在となることができるのです。

キャラクター

  • 愛情深い
  • エデュカブル
  • フレンドリー
  • まだ
  • 忠実に
  • フリスキー
  • アスレチック
  • バーキング
  • エネルギッシュ
  • 恐れを知らない
  • インテリジェント
  • Sync and corrections by n17t01
  • 頑固

用途

  • 狩猟犬
グレートブリテンの旗 グレートブリテンの旗

コッカースパニエルとジャックラッセルテリアのミックス犬にはどんな病気があるのでしょうか?

コッカースパニエル・ジャックラッセルテリアの犬種に発生する可能性のある病気は、いくつか知られています。股関節や肘関節の形成不全、進行性網膜萎縮症などの目の病気、心臓病などが含まれます。

コッカースパニエルとジャックラッセルテリアのミックスは、リンパ腫や血管肉腫など、特定の癌になりやすいとも言われています。この犬種のミックス犬がすべてこれらの病気を発症するわけではありませんが、潜在的な健康リスクを認識し、予防策を講じることが重要です。

コッカースパニエルとジャックラッセルテリアのミックス犬は、手触りがよく、美しいサンドブラウンの毛色をしています。被毛は長く絹のようで、頭の毛はしばしばスタイリングされ、非常に際立った外観を持つ犬である。被毛は定期的に手入れをする必要がありますが、その労力に見合うだけの仕上がりになります。このミックスブリードは、散歩やドッグパークでみんなの目を引く、見事な犬です。

コートの長さ ミディアム - ショートファー
ファー ウェーブ - ラフヘアー
耳の形 Lop-Eared - ティルト・アール
ロッド ファン・アウト - ロングテール
アナトミー デインティ, スポーティ
メス犬のサイズ ♀ 25 - 41 cm
メス犬の体重 ♀ 6 - 15 kg
オス犬のサイズ ♂ 25 - 43 cm
雄犬の体重 ♂ 6 - 16 kg
に適しています。 -
  • 癲癇(てんかん

    定義:例えば、少なくとも2回のてんかん発作が24時間以上の間隔で発生した場合、犬はてんかんを発症している。

  • 進行性網膜萎縮症(PRA)

    進行性網膜萎縮症(PRA)は、犬の網膜がゆっくりと進行しながら死んでいく病気です。

  • 運動失調

    Ataxia(ギリシャ語 ἀταξία ataxia「障害」「不規則性」より)は、運動調整に関する様々な障害の医学的な総称です。運動失調は、麻痺(パレシス)がなくても、つまり筋力が正常であっても起こります。

  • アトピー

    犬のアトピー性皮膚炎や環境アレルギーは、顔や前足、お腹を掻いたり、噛んだり、こすったりすることによる痒みが特徴です。

  • 皮膚糸状菌症

    皮膚糸状菌症(同義語:dermatophytosis、古代ギリシャ語τὸ δέρμα derma(ドイツ語で「皮膚」)と古代ギリシャ語φυτόν phyton(ドイツ語で「植物」)に由来)または白癬(ラテン語で「木の虫」「蛾」)は、特定の真菌(皮膚糸状菌)によって引き起こされる皮膚真菌症である。

  • 極限の白さ

    いくつかの他の疾患と関連している可能性があります。

  • 白内障

    白内障は、犬でもいまだに失明の原因のひとつとされています。

  • レッグカルベ・ペルテス

    レッグ・カルベ・ペルテス病(無菌性大腿骨頭壊死症)は、大腿骨頭の成長障害である。

  • 転位

    レンズ状脱臼と膝蓋骨脱臼は一部の犬種で発生し、眼球に影響を与えます。

  • ミエロパシー

    犬の変性骨髄症は、脊髄の破壊を伴う、ゆっくりと進行する一連の神経疾患である。これらの疾患は、ゆっくりと進行する後肢の運動障害を伴います。

  • しびれ

    老齢になってから発症することが多い。

  • コッカースパニエルとジャックラッセルテリアのミックスは、コッカースパニエルとジャックラッセルテリアという2つの人気犬種を掛け合わせた犬種です。この2つの犬種が組み合わされたミックス犬は、エネルギッシュで愛情深く、忠実なコンパニオンとして知られています。

  • コッカースパニエルとジャックラッセルテリアのミックスは、通常体重10〜15kg、体高35〜45cmの中型犬です。

  • コッカー・スパニエルとジャック・ラッセル・テリアのミックスは、コンパクトで運動量の多い体格を持つ小型犬から中型犬です。頭部は典型的な楕円形で、マズルは長く直線的である。耳はコッカースパニエルのようにペッタンコで、目は黒くアーモンド形をしている。被毛は通常短く、密生しており、様々な色や模様が可能である。

  • コッカースパニエルとジャックラッセルテリアのミックス犬は、家族と一緒に過ごすのが大好きな、活発で遊び好きな犬です。この犬たちは知的で学習能力が高いが、時に頑固で意地っ張りなところがある。幼少期から根気よく、一貫したトレーニングが必要です。コッカー・スパニエルとジャック・ラッセル・テリアは、どちらも子供と仲良くすることで知られているので、このミックスはこれらの特徴を受け継いでいる可能性が高いです。

  • コッカー・スパニエルとジャック・ラッセル・テリアのミックス犬は活発な犬で、健康で幸せな生活を送るためには、毎日たくさんの運動が必要です。毎日、散歩やランニングをしたり、庭や公園で遊んだりすれば、彼らの欲求は満たされるでしょう。これらの犬は座りっぱなしの生活には向いておらず、長時間一人でいるとすぐに退屈して破壊的になってしまいます。

お役立ち記事

その他の記事は雑誌をご覧ください

自分の好きな犬種に合わせて、dogbible dog blogで興味のありそうな記事を探してみましょう。

このように
ニュースレターを購読すると、
常に犬のトレンドを知ることができます。
あなたの受信トレイをスパムすることはありません。お客様のメールアドレスを販売したり貸し出したりすることはありません。
詳細は、 プライバシーポリシーをご覧ください。