ピネリアン

ピネリアン:
ミニチュア・ピンシャーとミゼットを混ぜる。ミックス

ピネリアン:
ミニチュア・ピンシャーとミゼットを混ぜる。ミックス

ハイブリッド品種

ミニチュア・ピンシャー + ミゼット

Dogs/Active

ミニチュア・ピンシャーとポメラニアンのミックス、つまり雑種である。

ミニチュア・ピンシャーとポメラニアンという、全く異なる2つの犬種をミックスした犬種です。ミニチュア・ピンシャーは、テリアのような性格を持つワイヤーヘアの小型犬です。ポメラニアンは、小型でふわふわした犬で、穏やかな性格をしています。小型で遊び好き、子供とも仲良くできる、両方のいいとこ取りのミックス犬です。

このミックス犬の犬種的特徴は?

ミニチュア・ピンシャーとポメラニアンのミックスは、ミニチュア・ピンシャーとポメラニアンを交配させたものです。小柄でコンパクトなボディに、短くて密な被毛が特徴の犬です。被毛は通常、黒、茶、褐色です。ミニチュア・ピンシャーとポメラニアンのミックスは、通常体重が3〜4kg、肩幅が20〜30cmである。

バナー画像は Nadine Schenk のものです
Hund,Fleischfresser,Kitz,Hunderasse,Arbeitstier,Begleithund,Schnurrhaare,Schnauze,Ohren,Sportliche Gruppe, Hund,Hunderasse,Fleischfresser,Schnurrhaare,Begleithund,Ohr,Kitz,Schnauze,Spielzeughund,Arbeitstier,
代替名 -
オリジン ドイツ
平均寿命 12 - 16 年
ケアの必要性 ローメンテンス - ハイメンテンス
活動レベル ハイ - ロー
FCI 認識されていない
AKC 認識されていない
KC 認識されていない
News/Active

ミニチュア・ピンシャーとポメラニアンのミックスの性格の可能性 ~これが彼の本質なのでしょう。

ミニチュア・ピンシャーは、かつて「おもちゃの王様」の異名をとった、小型で精悍で元気な犬種です。ドイツで飼育されているこの犬は、ピンシャーの仲間では最も小さく、もともとはネズミ捕りや番犬として使われていた。現在、ミニチュア・ピンシャーはコンパニオン・ドッグとして人気があり、家族に対して警戒心が強く、保護的で愛情深い犬として知られています。

ポメラニアンは小型で先のとがった犬で、密集したふわふわの被毛が特徴です。ドイツで飼育されているこの犬種は、スピッツの仲間では最も小型で、もともとはそり犬として使われていた。現在、ポメラニアンは、その賢さ、遊び心、家族への愛着で知られる人気のコンパニオン・ドッグです。

ミニチュア・ピンシャーとポメラニアンのミックス犬は、小型で活発、遊び好きな犬で、子供のいる家庭の優れた伴侶となることができます。人が好き、他の犬が好き、食欲旺盛など、両親の良いところを受け継いだミックス犬です。また、ミニチュア・ピンシャーとポメラニアンのミックスは順応性が高いので、引っ越しの多い家庭や忙しい生活を送っている家庭にも適しています。

キャラクター

  • レスポンシブ
  • エネルギッシュ
  • フレンドリー
  • スマート
  • 社会的
  • フリスキー
  • アクティブ
  • 気配り
  • バーキング
  • 外向的
  • インテリジェント
  • 自信を持って
  • 頑固
  • テンパリング
  • 親しみやすい

用途

  • ファミリー・ドッグ
  • コンパニオン・ドッグ
Hund,Pflanze,Hunderasse,Fleischfresser,Komfort,Rehbraun,Begleithund,Fenster,Schwanz,Studio-Couch,
ドイツの旗 ドイツの旗

ミニチュア・ピンシャーとポメラニアンのミックスには、どのような病気がありますか?

ミックス犬の中でも特に人気があるのが、ミニチュア・ピンシャーとポメラニアンのミックス犬です。ミニチュア・ピンシャーとポメラニアンという2頭の純血種をミックスした犬種である。ミニチュア・ピンシャー=ポメラニアンは、小型犬でありながら個性豊かな犬種です。この犬種は、とても活発で遊び好きなことで知られています。また、とても愛情深く、家族や人と一緒にいるのが大好きです。

ミニチュア・ピンシャーとポメラニアンのミックスは一般的に健康な犬種ですが、この犬種が陥りやすい健康上の問題があります。この犬種に発生する健康上の問題としては、膝蓋骨脱臼、心臓障害、フォンウィルブランド病、低血糖症などがある。

膝蓋骨脱臼は、痛みや跛行を引き起こす膝蓋骨の疾患です。心臓の欠陥は多くの小型犬種に見られ、命にかかわることもあります。フォンウィルブランド病は、治療しないと危険な血液凝固異常症です。低血糖症は、血糖値が低くなる症状で、すぐに治療しないと命にかかわることもあります。

ミニチュア・ピンシャーとポメラニアンのミックスは一般的に健康な犬種ですが、この犬種が発症する可能性のある健康問題に注意する必要があります。

Hintergrund
Hund,Fleischfresser,Hunderasse,Kitz,Arbeitstier,Begleithund,Wasser,Schnauze,Landtier,Sportliche Gruppe,

ミニチュア・ピンシャーとポメラニアンのミックス犬で、赤褐色の密で厚い被毛が特徴です。被毛の長さは中程度で、顔、前足、尾を除く全身を覆っている。被毛は非常に密度が高く、寒冷地では犬の保温性に優れています。顔の毛は短く刈り込まれており、尾は長くふわふわしている。この犬種はあまり毛が抜けませんが、被毛をベストな状態に保つために定期的なグルーミングが必要です。

コートの長さ ショートファー - ラング
ファー アイシー
耳の形 立ち耳
ロッド ロングテール - ロールアップ
アナトミー スリム, スポーティ, スクエア
メス犬のサイズ ♀ 12 - 30 cm
メス犬の体重 ♀ 2 - 4 kg
オス犬のサイズ ♂ 17 - 30 cm
雄犬の体重 ♂ 2 - 5 kg
に適しています。 子どもたち, シニア・高齢者の方へ
  • 恒久的な震え

    持続的な震えは小型犬では非常によく見られるもので、精神的なものが多いです。

  • 緊張感

    非常によくあることですが、残念なことに、小さくて細い犬種が永久的な神経過敏に苦しんでいます。

  • 目の感染症

    慢性的な目の感染症は、犬にとって非常に痛みを伴うもので、薬で治療することができます。まれに、角膜を治療しなければならない場合もあります。

  • 肘関節形成不全(ED

    肘関節形成不全は、成長著しい犬種の肘関節の慢性疾患複合体です。

  • 心臓病

    犬に頻繁に発生する可能性があり、薬で治療できる場合もあります。

  • 股関節形成不全(HD

    犬の股関節形成不全(HD)は、股関節の異常な発達を指します。

  • 膝蓋骨脱臼

    膝蓋骨脱臼とは、膝蓋骨の変位を表す言葉で、犬の跛行の原因の一つとなっています。

  • しびれ

    老齢になってから発症することが多い。

  • ミニチュア・ピンシャーとポメラニアンのミックスは、短い被毛の小型犬です。カラーバリエーションも豊富ですが、最も一般的なのはブラックとタンです。

  • ミニチュア・ピンシャーとポメラニアンのミックス犬は、エネルギッシュで遊び好きな犬です。また、好奇心旺盛で、周囲を探索するのが大好きです。

  • ミニチュア・ピンシャーとポメラニアンのミックスは、12~15年の寿命があります。

  • はい、素晴らしいコンパニオンドッグであり、また、子供のいる家庭犬としても適しています。

お役立ち記事

その他の記事は雑誌をご覧ください

自分の好きな犬種に合わせて、dogbible dog blogで興味のありそうな記事を探してみましょう。

このように
ニュースレターを購読すると、
常に犬のトレンドを知ることができます。
あなたの受信トレイをスパムすることはありません。お客様のメールアドレスを販売したり貸し出したりすることはありません。
詳細は、 プライバシーポリシーをご覧ください。