ブラドル:
イングリッシュブルドッグとラブラドール・レトリーバーを混ぜる。ミックス

ハイブリッド品種

イングリッシュブルドッグ + ラブラドール・レトリーバー

Dogs/Active

イングリッシュ・ブルドッグとラブラドール・レトリーバーのミックス、つまり雑種です。

イングリッシュ・ブルドッグとラブラドール・レトリーバーのミックスは、最も人気のあるミックス犬種のひとつです。人懐っこく、愛情深く、忠実な犬で、家族のペットとして最適です。

このミックス犬の犬種的特徴は?

被毛は短く、密生しており、抜け毛が多い。頭部は大きく幅広く、マズルは短く四角い。目は中くらいの大きさで、茶色です。耳は中くらいの大きさで、垂れ下がっています。首は太く、筋肉質。コンパクトで筋肉質なボディに、力強くまっすぐな背中。尾は短くて太く、低くても高くても運べる。脚は短くて太く、丈夫で丸い前足が特徴です。毛色は白で、黒い斑点がある。

バナー画像は のものです
代替名 -
オリジン イギリス
平均寿命 10 - 14 年
ケアの必要性 ローメンテンス
活動レベル ロー - アベレージ
FCI 認識されていない
AKC 認識されていない
KC 認識されていない
News/Active

イングリッシュブルドッグとラブラドールレトリバーのミックスの性格の可能性~これが彼の本質なのでしょう。

愛らしく、楽しいことが大好きな犬をお探しなら、イングリッシュ・ブルドッグとラブのミックス犬はいかがでしょうか。人懐っこい性格で知られる人気犬種、イングリッシュブルドッグとラブラドールレトリバーを掛け合わせた雑種。そのため、ブルドッグとラブのミックスは、両方の親から多くの優れた特性を受け継いでいます。

ブルドッグ・ラボは、外向的で社交的な犬で、人と一緒にいるのが好きです。愛情深いので、家庭犬としても最適です。また、遊び好きで、おもちゃを取ったり、噛んだりするのが大好きです。

ブルドッグの祖先を持つブルドッグ・ラボは、時にかなり頑固になることがあります。また、他の犬に比べて大きないびきをかいたり、よだれを垂らしたりすることがあります。しかし、彼らの愛すべき性格は、こうした好ましくない特徴を補って余りあるものです。

ブルドッグは体重22kgから36kgの中型犬から大型犬です。被毛は短く密で、色は黒、茶、ブリンドルがある。ブルドッグの広い頭と筋肉質な体格、ラブラドール・レトリーバーの長い脚と尾を持つのが一般的である。

グルーミングの面では、ブルドッグ・ラボはかなりローメンテナンスです。短い被毛は頻繁にブラッシングする必要がなく、数ヶ月に一度の入浴で十分です。

ブルドッグは一般的に健康な犬ですが、気をつけなければならない健康上の問題がいくつかあります。股関節や肘関節の形成不全、チェリーアイや眼瞼内反症などの目のトラブルなどです。

キャラクター

  • スタンドアロン
  • フレンドリー
  • コンプライアントに
  • コージー
  • 親切に
  • 社会的
  • 静かに
  • アジャイル
  • バランスのとれた
  • お人好し
  • インテリジェント
  • 忠実に
  • 親しみやすい
  • 信頼

用途

  • ファミリー・ドッグ
  • コンパニオン・ドッグ
  • 働く犬
  • レスキュー犬
  • セラピー犬
  • 盲導犬
グレートブリテンの旗 グレートブリテンの旗

イングリッシュ・ブルドッグとラブラドール・レトリーバーのミックス犬にはどんな病気があるのですか?

ブルドッグとラブラドールレトリバーのミックスは、「ブラドル」とも呼ばれ、人気の高い2犬種のミックスです。ブルドッグの愛情深く忠実な性格と、ラブラドール・レトリーバーの生きる力など、両犬種の長所を受け継ぐ傾向があるのです。

ブラドールは一般的に健康な犬ですが、この犬種には他の犬種よりも多く見られる健康疾患があります。ここでは、ブラドに影響を与える健康状態としてよく知られているものをいくつか紹介します。

  • 股関節形成不全:股関節形成不全は、股関節が侵される病気です。股関節形成不全の犬では、大腿骨の頭が股関節のソケットにうまくはまりません。その結果、患部の脚に痛みや跛行が生じることがあります。股関節形成不全は遺伝性ですが、太り過ぎによって悪化することがあります。
  • 肘関節形成不全:肘関節形成不全は、肘の関節が侵される病気です。肘関節形成不全の犬では、肘の骨がうまくかみ合いません。その結果、患部の脚に痛みや跛行が生じることがあります。肘関節形成不全は遺伝性ですが、肥満によって悪化することがあります。
  • 心臓病:心臓が侵される疾患の総称です。ブルドッグは心臓病、特に心臓弁膜症や拡張型心筋症になりやすいと言われています。心臓病の症状には、咳、運動不耐性、息切れなどがあります。
  • 癌:癌とは、細胞の異常増殖の総称である。ブルドッグは、リンパ腫、骨肉腫、肥満細胞腫など、いくつかの種類のがんを発症しやすいと言われています。がんの症状は、がんの種類によって異なりますが、体重減少、だるさ、嘔吐などがあります。

ブラドールの健康を維持する最善の方法は、良質な食事を与え、獣医のもとで定期的に検査を受けることです。

イングリッシュ・ブルドッグとラブラドール・レトリーバーのミックスは、通常、黒、茶、または金色の短くて密集した被毛を持っています。

コートの長さ ショートファー
ファー アイシー
耳の形 Lop-Eared - トライアングル
ロッド ずんぐりした尻尾 - ロングテール
アナトミー 筋骨隆々, マッシブ, スクエア, 重い, 険しい
メス犬のサイズ ♀ 31 - 60 cm
メス犬の体重 ♀ 23 - 35 kg
オス犬のサイズ ♂ 31 - 63 cm
雄犬の体重 ♂ 18 - 32 kg
に適しています。 初心者, シニア・高齢者の方へ, 盲人, 子どもたち
  • 呼吸の問題

    グリグリが短くなった犬は、しばしば呼吸器系の問題を起こすことがあります。

  • 目の病気

    アレルギーや不耐性と一緒に起こることが多いです。

  • 皮膚の炎症

    特定の犬種では遺伝性のものもあります。

  • 心臓病

    犬に頻繁に発生する可能性があり、薬で治療できる場合もあります。

  • 肘関節形成不全(ED

    肘関節形成不全は、成長著しい犬種の肘関節の慢性疾患複合体です。

  • 関節の損傷

    一部の犬種では、関節の損傷が人生の後半に起こり、筋骨格系に影響を及ぼすことがあります。

  • 股関節形成不全(HD

    犬の股関節形成不全(HD)は、股関節の異常な発達を指します。

  • 体重過多

    しばしば、残念なことに、犬は非常に多くの体重超過の下で。しかし、犬自身は決して悪くありません。

  • イングリッシュブルドッグとラブラドールレトリバーのミックスは、イングリッシュブルドッグとラブラドールレトリバーという純血種の2頭の犬の雑種である。

  • イングリッシュ・ブルドッグとラブラドール・レトリーバーのミックスは、両親の身体的特徴を受け継ぐことができますが、通常はより小型のイングリッシュ・ブルドッグに似ています。背が低くコンパクトな体型で、広い胸と筋肉質な脚が特徴です。短くてしわくちゃのマズルと四角い頭、U字型の耳が垂れ下がっているのが特徴です。被毛は短く、密生しており、どんな色や色の組み合わせも可能です。

  • イングリッシュ・ブルドッグとラブラドール・レトリーバーのミックスは、通常体重22〜36kgで、中くらいの体格に成長します。

  • イングリッシュ・ブルドッグとラブラドール・レトリーバーのミックス犬は、毎日の運動が必要なので、毎日散歩やランニングに出かけましょう。また、鬼ごっこなどアクティブな遊びも好きなようです。しつけは比較的簡単ですが、時に頑固な面もあります。他の犬と同様に、ブラッシング、入浴、耳や歯の掃除など、定期的なグルーミングが必要です。

  • イングリッシュ・ブルドッグとラブラドール・レトリーバーのミックスは、股関節形成不全、肘関節形成不全、アレルギー、目の問題など、親犬2種と同じ健康問題を抱えがちです。また、鼻が短いため、熱中症や短頭種症候群に悩まされることもある。

お役立ち記事

その他の記事は雑誌をご覧ください

自分の好きな犬種に合わせて、dogbible dog blogで興味のありそうな記事を探してみましょう。

このように
ニュースレターを購読すると、
常に犬のトレンドを知ることができます。
あなたの受信トレイをスパムすることはありません。お客様のメールアドレスを販売したり貸し出したりすることはありません。
詳細は、 プライバシーポリシーをご覧ください。