ゴールデンサミー:ゴールデンレトリバーとサモエドを混ぜる。ミックス

ハイブリッド品種

ゴールデンレトリバー + サモエド

Dogs/Active

ゴールデンレトリバーとサモエドのミックス - ハイブリッド犬種

これは、ゴールデンレトリバーとサモエドのミックス犬の物語です。彼らは最高の友人であり、一緒にさまざまな冒険をする。公園でおままごとをしたり、木の上のリスを追いかけたり、この2人にできないことはありません。サモエドとゴールデンレトリバーのミックス犬は、サモエドとゴールデンレトリバーを交配して生まれた人気の高い雑種である。通常、体重は20〜30kgの中型サイズである。被毛は長く密生しており、色は通常ゴールデンブラウンかクリーム色で、寒さから身を守るために二重になったアンダーコートがあります。サモエドとゴールデンレトリバーのミックス犬は、知的で人懐っこく、遊び好きなため、家庭犬として適しています。気性が荒く、お人好しで忠誠心が強く、強い保護本能を持っているのが特徴です。定期的な運動とエクササイズが必要で、通常、しつけは簡単です。

代替名 -
オリジン イギリス / ロシア
平均寿命 10 - 13 年
ケアの必要性 ハイメンテンス
活動レベル アベレージ
FCI 認識されていない
AKC 認識されていない
KC 認識されていない
News/Active

ゴールデンレトリバーとサモエドのミックスの性格の可能性 - それが彼の本質なのでしょう。

ミックス犬といえば、ゴールデンレトリバーとサモエドのミックスもその一つです。この犬は穏やかで愛情深いので、家庭犬としても最適です。また、非常に頭が良いので、しつけがしやすいのも特徴です。

ゴールデンレトリバーとサモエドはどちらもとてもフレンドリーなことで知られているので、このミックスが社交的な犬として知られていることも不思議ではありません。初対面の人や他の犬に会うのが大好きで、子供の遊び相手にも最適です。

ゴールデンレトリバーとサモエドは、どちらも比較的手入れが簡単な犬種ですが、サモエド・ミックスの場合はやはり多少のグルーミングが必要です。被毛が密集しているため、少なくとも週1回のブラッシングが必要で、換毛期にはさらに頻繁なグルーミングが必要です。

全体として、ゴールデンサミーは、愛情深く忠実なコンパニオンをお探しのご家族に適した犬種です。しつけもしやすく、人間と一緒に過ごすのが大好きな子たちです。適切なケアによって、この美しい犬たちは末永く家族の一員として大切にしていくことができるのです。

キャラクター

  • フレンドリー
  • インテリジェント
  • ナイス
  • 信頼できる
  • 集中
  • アライブ
  • 頑固
  • 親しみやすい
  • フリスキー

用途

  • ファミリー・ドッグ
  • セラピー犬
  • 盲導犬
グレートブリテンの旗 ロシアの旗

ゴールデンレトリバーとサモエドミックスがかかる可能性のある病気は?

ゴールデンレトリバー・サモエドミックスがかかる病気は数多く知られていますが、幸いにもその多くは適切なケアと栄養摂取により予防することができます。一般的な病気としては、股関節や肘関節の形成不全、白内障などの目の病気、皮膚アレルギーなどがあります。

股関節形成不全と肘関節形成不全はどちらも遺伝的なもので、痛みを伴う関節炎や跛行を引き起こす可能性があります。幸いなことに、現在では幼い子犬がこれらの病気にかかる危険性があるかどうかを判断する検査が可能になり、ブリーダーはこれらの病気を遺伝子プールから排除するために懸命な努力をしています。

また、この犬種では、特に年齢が上がるにつれて、目のトラブルが比較的多く見られます。白内障は最も一般的な問題ですが、定期的な眼科検診によって早期に発見することができ、多くは手術によってうまく治療することができます。

また、ゴールデンレトリバーとサモエデンのミックスでは、皮膚アレルギーが比較的多く見られます。これらは、環境アレルギーから食物過敏症まで、あらゆる原因が考えられますので、獣医師と一緒に根本的な原因を探ることが大切です。

全体として、ゴールデンレトリバーとサモエデンのミックスは一般的に健康な犬ですが、他の犬種と同様に、特定の健康障害を持ちやすい傾向があります。幸いなことに、これらの疾患の多くは、早期介入により予防や治療が可能です。これらの犬を家族に迎えたいと考えている方は、新しい毛皮の友達を健康で幸せに保つための最善の方法について、必ず獣医師と相談してください。

この犬の被毛は密でふわふわしており、色は金色である。被毛が密集しているため、白く見えることが多い。アンダーコートは柔らかくて密度が高く、寒さに対して断熱効果がある。外側のコートは長くて粗く、天候から身を守る役割を果たしている。抜け毛は少なく、定期的なブラッシングで被毛を清潔に保ち、毛玉を作らないことが必要です。

このミックス犬の犬種的特徴は?

ゴールデンレトリバーとサモエデンのミックス犬は、大型で筋肉質、厚い被毛が特徴です。体重は30〜50kg、肩から地面までの長さは60〜70cmが一般的である。長い頭部に尖ったマズル、中くらいの大きさのペラペラの耳を持っています。目は茶色で、被毛は通常、金色かクリーム色です。

コートの長さ ミディアム - ラング
ファー ウェーブ - アイシー
耳の形 トライアングル - 立ち耳
ロッド ファン・アウト
アナトミー 重い, 険しい
メス犬のサイズ ♀ 48 - 56 cm
メス犬の体重 ♀ 16 - 32 kg
オス犬のサイズ ♂ 53 - 61 cm
雄犬の体重 ♂ 20 - 34 kg
に適しています。 -
  • 肘関節形成不全(ED

    肘関節形成不全は、成長著しい犬種の肘関節の慢性疾患複合体です。

  • 癲癇(てんかん

    定義:例えば、少なくとも2回のてんかん発作が24時間以上の間隔で発生した場合、犬はてんかんを発症している。

  • 股関節形成不全(HD

    犬の股関節形成不全(HD)は、股関節の異常な発達を指します。

  • 白内障

    白内障は、犬でもいまだに失明の原因のひとつとされています。

  • 進行性網膜萎縮症(PRA)

    進行性網膜萎縮症(PRA)は、犬の網膜がゆっくりと進行しながら死んでいく病気です。

  • 糖尿病

    メタボリックな病気である糖尿病は、太った犬に多く見られます。

  • ゴールデンレトリバーとサモエデンのミックスの平均寿命は10~12年です。

  • ゴールデンレトリバーとサモエデンのミックスは、通常、金色か白色の、密度の高いふわふわした被毛を持っています。

  • ゴールデンレトリバーとサモエドのミックスの平均体重は30〜50kgです。

  • ゴールデンレトリバーとサモエドのミックスの平均サイズは60〜70cmです。

  • サモエドとゴールデンレトリバーのミックス犬のグルーミングは、長く密集した被毛を持つため、定期的にブラッシングして毛並みを整える必要があり、手間がかかります。また、被毛の形を整えるために、定期的にトリミングをすることをお勧めします。

  • サモエドとゴールデンレトリバーのミックス犬は、飼育としつけに時間と労力を惜しまない限り、初心者に適したペットと言えます。

  • サモエドとゴールデンレトリバーのミックス犬は、エネルギッシュで活発な犬なので、運動不足の解消や精神的な刺激を与えるために定期的な運動が必要です。毎日の散歩と、時々遊びや運動の機会を与えることが大切です。

  • サモエドとゴールデンレトリバーのミックス犬は、人懐っこく、気性が荒く、子供や他のペットとも仲良くできるため、良い家庭犬になります。

  • サモエドとゴールデンレトリバーのミックス犬は、普段から保護本能が強く、身の危険を感じると家族や家を守るようになります。ただし、攻撃的な行動をとらないように、適切な飼育としつけをすることが大切です。

お役立ち記事

その他の記事は雑誌をご覧ください

自分の好きな犬種に合わせて、dogbible dog blogで興味のありそうな記事を探してみましょう。

このように
ニュースレターを購読すると、
常に犬のトレンドを知ることができます。
あなたの受信トレイをスパムすることはありません。お客様のメールアドレスを販売したり貸し出したりすることはありません。
詳細は、 プライバシーポリシーをご覧ください。