ミニチュア ラブラドゥードル:
ラブラドール・レトリーバーとドワーフプードルを混ぜる。ミックス

ハイブリッド品種

ラブラドール・レトリーバー + ドワーフプードル

Dogs/Active

ラブラドール・レトリバーとミニチュア・プードルのミックス、つまり雑種です。

ラブラドール・レトリバーとミニチュア・プードルのミックスは、フレンドリーでエネルギッシュな犬をお探しのご家庭に最適な犬種です。外向的で遊び好きな性格で知られるミックス犬で、小さなお子さんのいるご家庭におすすめです。

このミックス犬の犬種的特徴は?

ラブラドール・レトリバーとドワーフ・プードルのミックス犬は、黒、茶色、チョコレート色の短くて密集した被毛を持っています。四角い頭部に適度なストップがかかり、マズルは短く、鈍い。耳は中くらいの大きさで、頭の近くに垂れ下がっています。胸が深く、筋肉質な体つきをしている。尾は中くらいの長さで、通常はドッキングされている。この犬種は通常、体重が10〜15kg、肩幅が35〜45cmである。

バナー画像は のものです
代替名 -
オリジン イギリス / ドイツ
平均寿命 10 - 17 年
ケアの必要性 ローメンテンス
活動レベル アベレージ
FCI 認識されていない
AKC 認識されていない
KC 認識されていない
News/Active

ラブラドールレトリバーとミニチュアプードルのミックスの性格の可能性 - これが彼の本質なのでしょう。

ラブラドール・レトリバーとミニチュア・プードルのミックスは、多くの愛犬家にとても人気があります。このミックスブリードは、知的で人懐っこく、しつけがしやすいことで知られています。また、子供や他のペットとの相性も良いことが知られています。

キャラクター

  • アジャイル
  • バランスのとれた
  • お人好し
  • インテリジェント
  • 社会的
  • 忠実に
  • 親しみやすい
  • 信頼
  • アクティブ
  • エデュカブル
  • フレンドリー
  • 集中
  • 愛情深い
  • ロワイヤル
  • 自信を持って

用途

  • コンパニオン・ドッグ
  • 働く犬
  • ファミリー・ドッグ
  • レスキュー犬
  • セラピー犬
  • 盲導犬
グレートブリテンの旗 ドイツの旗

ラブラドール・レトリバーとミニチュア・プードルのミックスにはどんな病気があるのですか?

ラブラドール・レトリバー・ミニチュア・プードルのミックス犬で、ラブラドゥードルとも呼ばれ、人気のあるデザイナーズ犬です。その人気とは裏腹に、その健康状態についてはほとんど知られていない。しかし、この品種に関連する健康上の問題があります。

ラブラドゥードルの健康問題で最も多いのは、股関節形成不全です。股関節の形成がうまくいかず、痛みや跛行が生じる疾患です。多くの大型犬種に見られる遺伝的疾患ですが、ラブラドゥードルではその大きさゆえに特に問題となることがあります。

また、ラブラドゥードルは耳の感染症にかかりやすいと言われています。耳が長く、ペタペタしているため、他の犬種に比べて換気がうまくできず、感染症にかかりやすい。耳の感染症は、犬にとっても飼い主にとっても苦痛であり、イライラするものです。

ラブラドゥードルの健康問題でもう一つ多いのがアレルギーです。草や花粉など、屋外のアレルゲンにアレルギーを持つ人も少なくありません。そのため、春から夏にかけては、彼らも飼い主も大変な思いをすることになります。

このような健康上の懸念があるにもかかわらず、ラブラドゥードルは人気のある犬種です。一般的に人懐っこく、外向的で知的な性格の持ち主です。適切なケアと獣医師の定期検診を受ければ、幸せに長生きすることができます。

ラブラドール・レトリバーとプードルの中間のような質感で、ふわふわとした柔らかい被毛が特徴です。最も一般的なカラーはブラック、ブラウン、ホワイトだが、それぞれのカラーの中にもバリエーションがある。被毛には、斑点やパッチなど、さまざまな色のマーキングがある場合があります。

コートの長さ ショートファー - ミディアム
ファー アイシー - カーリー
耳の形 トライアングル - Lop-Eared
ロッド ロングテール
アナトミー 険しい, マッシブ, デインティ
メス犬のサイズ ♀ 28 - 60 cm
メス犬の体重 ♀ 3 - 32 kg
オス犬のサイズ ♂ 28 - 63 cm
雄犬の体重 ♂ 3 - 32 kg
に適しています。 初心者, 盲人, 子どもたち, シニア・高齢者の方へ, アレルギー体質の方
  • 目の病気

    アレルギーや不耐性と一緒に起こることが多いです。

  • 肘関節形成不全(ED

    肘関節形成不全は、成長著しい犬種の肘関節の慢性疾患複合体です。

  • 関節の損傷

    一部の犬種では、関節の損傷が人生の後半に起こり、筋骨格系に影響を及ぼすことがあります。

  • 股関節形成不全(HD

    犬の股関節形成不全(HD)は、股関節の異常な発達を指します。

  • 体重過多

    しばしば、残念なことに、犬は非常に多くの体重超過の下で。しかし、犬自身は決して悪くありません。

  • 癲癇(てんかん

    定義:例えば、少なくとも2回のてんかん発作が24時間以上の間隔で発生した場合、犬はてんかんを発症している。

  • 白内障

    白内障は、犬でもいまだに失明の原因のひとつとされています。

  • 膝蓋骨脱臼

    膝蓋骨脱臼とは、膝蓋骨の変位を表す言葉で、犬の跛行の原因の一つとなっています。

  • 進行性網膜萎縮症(PRA)

    進行性網膜萎縮症(PRA)は、犬の網膜がゆっくりと進行しながら死んでいく病気です。

  • 尿管性異所性

    尿管異所性(別名:尿管拡張症)は、尿管(別名:尿管)がずれているために通常通りに膀胱に行き着かない遺伝性の疾患です。

  • 犬の大きさは、遺伝、食事、運動など多くの要因に左右されます。しかし、ラブラドール・レトリバー・ミニチュア・プードルのミックスの平均は、体重が10〜15kg、肩幅が35〜45cmである。

  • ラブラドール・レトリバー・ミニチュア・プードルのミックスの平均寿命は10~12年です。

  • ラブラドール・レトリバー・ミニチュア・プードルのミックス犬の運動量は中程度です。早歩きやランニングなどの日常的な運動は必要ですが、激しい運動は必要ありません。

  • ラブラドールレトリバー・ミニチュアプードルミックスのグルーミングの必要性は高い。毛並みを整え、美しい被毛を保つために、毎日のブラッシングが必要です。また、6~8週間ごとに切り取る必要があります。

  • ラブラドールレトリバー・ミニチュアプードルミックスの健康問題には、股関節形成不全、肘関節形成不全、フォンウィルブランド病、てんかんなどがあります。

お役立ち記事

ニュースレターを購読すると、
常に犬のトレンドを知ることができます。
あなたの受信トレイをスパムすることはありません。お客様のメールアドレスを販売したり貸し出したりすることはありません。
詳細は、 プライバシーポリシーをご覧ください。