レッドボーン・クーンハウンド

レッドボーン・クーンハウンド 犬種の説明:キャラクターとその他

レッドボーン・クーンハウンド 犬種の説明:キャラクターとその他
Dogs/Active

レッドボーン・クーンハウンドの一般情報

アメリカ・アメリカの犬種「レッドボーン・クーンハウンド」は、まだFCIではなく、アメリカとイギリスのケネルクラブで認められています。アメリカ人は、昔も今も、フィールドでの確実な足取りと軽快な動きから、狩猟に使われています。レッドボーン・クーンハウンドは、AKCでは「ハウンド・グループ」に割り当てられています。

起源と歴史

レッドボーン・クーンハウンドの名前は、最初のブリーダーであるアメリカ人のピーター・レッドボーンに由来すると思われます。テネシー州の誇り高き犬たちを育てた。基本的にレッドボーン・クーンハウンドは、現在でも時々そうであるように、狩猟に使用されていました。この犬種は、その名が示すように、レッドボーン・ファミリーに属する。アメリカの入植者がアライグマなどの小動物を狩るために飼育されていました。このようにして、犬は南から西へと広がる国の中で、入植者のための原材料や食料を確保したのである。レッドボーン・クーンハウンドといえば、休憩時間にポーチでのんびりと居眠りをしている犬、というイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。レッドボーン・クーンハウンドの起源は、18世紀にスコットランドからアメリカに輸入されたレッド・フォックスハウンドにあると言われています。

バナー画像は Shutterstock / Mary Swift のものです
草原での二人 レッドボーン・クーンハウンドの犬種説明、フロッピーイヤーを持つ犬、アメリカからの茶色の赤い犬種、大きな耳を持つ認識されていない犬種、大きな狩猟犬、マジャールヴィズラに似た犬、フォックスハウンドに似た犬、赤い犬種 草原の上の二人 レッドボーン・クーンハウンドの犬種説明、フロッピーイヤーを持つ犬、アメリカからの茶色の赤い犬種、大きな耳を持つ認識されていない犬種、大きな狩猟犬、マジャール・ヴィズラに似た犬、フォックスハウンドに似た犬、赤い犬種、頭部の写真、犬の頭
代替名 -
オリジン アメリカ
平均寿命 10 - 12 年
ケアの必要性 ローメンテンス
活動レベル ハイ
FCI 認識されていない
AKC ハウンドグループ
KC 認識されていない
News/Active

レッドボーン・クーンハウンドの性質

性格は生き生きとしていて、仕事にも意欲的です。さらに、レッドボーン・クーンハウンドはとてもフレンドリーで知的な性格です。

レッドボーン・クーンハウンドは、非常に注意深い性格で、学ぶことに熱心です。彼らはエネルギーに満ち溢れていますが、長い休息を楽しむこともできます。一緒に楽しむだけでなく、ソファで寄り添うことができる犬を探しているなら、レッドボーン・クーンハウンドがぴったりです。このキュートな狩猟犬はしつけが簡単ですが、散歩の際には犬の強い狩猟本能に注意する必要があります。レッドボーン・クーンハウンドをコンパニオンや家庭犬として飼うのは大歓迎ですが、犬は十分な運動をしなければなりません。

飼育と使用

レッドボーン・クーンハウンドを飼う際に、特に重要なことがあります。それは、十分な運動です。これらの犬はラウンジでくつろぐのも好きですが、長時間の散歩と運動は必須です。レッドボーン・クーンハウンドは、狭いアパートでは飼わないことをお勧めします。レッドボーン・クーンハウンドと一緒に運動するためのアイデアをお探しの方は、こちらをご覧ください。

キャラクター

  • 気配り
  • フレンドリー
  • インテリジェント
  • アニメーション的に

用途

  • 働く犬
  • 狩猟犬
草原での二人 レッドボーン・クーンハウンドの犬種説明、フロッピーイヤーを持つ犬、アメリカからの茶色の赤い犬種、大きな耳を持つ認識されていない犬種、大きな狩猟犬、マジャールヴィズラに似た犬、フォックスハウンドに似た犬、赤い犬種 レッドボーン・クーンハウンドの犬種説明、フロッピーイヤーを持つ犬、アメリカからの茶色の赤い犬種、大きな耳を持つ認識されていない犬種、大きな狩猟犬、マジャールヴィズラに似た犬、フォックスハウンドに似た犬、赤い犬種
アメリカ

レッドボーンの犬の飼育と購入

レッドボーン・クーンハウンドやブルーティックを買うのは、ドイツやオーストリアではちょっと難しい。この狩猟犬種は本物のアメリカ人なので、主にジョージア州で飼育されています。ドイツにはブラック&タン・クーンドハウンドのブリーダーは数人いますが、レッドボーン・クーンドハウンドのブリーダーはいません。アニマルシェルターで何度も聞いてみると良いでしょう。アメリカでは約450人のブリーダーがいます。

Hintergrund
レッドボーン・クーンハウンドの犬種説明、フロッピーイヤーを持つ犬、アメリカからの茶色の赤い犬種、大きな耳を持つ認識されていない犬種、大きな狩猟犬、マジャールヴィズラに似た犬、フォックスハウンドに似た犬、赤い犬種

犬の肩の高さは、性別により53~69cmになります。体重が20~32kgのレッドボーン・クーンハウンドは、中型犬に属します。犬は15年ほど生きることができます。

レッドボーン・クーンハウンドの特徴は、細身で力強い体格です。これらの犬は、山の中を長い距離を走り、熱心に狩りをするように設計されています。彼らは疲れを知らず、持久力があることで知られています。この犬種は、高い脚、細い腰、そして多くの人が懇願しているような、または必死になっているような表情を持っています。中型の狩猟犬は、エレガントで高尚な姿勢を持つ誇り高きアメリカ人です。

犬の被毛は通常、ソリッドレッドからマホガニー色をしています。レッドボーン・クーンハウンドの特徴は、マズルまで届くほどの長い耳にあります。鼻自体は黒かったり赤かったりします。

コートの長さ ショートファー
ファー アイシー
耳の形 Lop-Eared
ロッド ロングテール
アナトミー 筋骨隆々
メス犬のサイズ ♀ 50 - 60 cm
メス犬の体重 ♀ 20 - 30 kg
オス犬のサイズ ♂ 53 - 69 cm
雄犬の体重 ♂ 20 - 32 kg
に適しています。

カラー

ブラウン レッド

他の 大きい 犬

お役立ち記事

ニュースレターを購読すると、
常に犬のトレンドを知ることができます。
あなたの受信トレイをスパムすることはありません。お客様のメールアドレスを販売したり貸し出したりすることはありません。
詳細は、 プライバシーポリシーをご覧ください。