Tosa Inu

Tosa Inu 犬種の説明:キャラクターとその他

Dogs/Active

土佐あるいは土佐犬は、かつての日本の闘犬である。西洋の闘犬とは違い、相手に噛みつくことなく、地面に叩きつけるようにしていました。私たちにとって、彼は稀有な存在であり、残念ながら多くの地域でレースリストに掲載されています。

土佐犬の由来

この犬種は、おそらく19世紀の間に日本で誕生したと考えられています。"土佐」はそれぞれの地域であり、当時は独立した王子が統治する領地でした。

"イヌ」は日本語の「犬」の次です。翻訳すると「土佐の犬」という意味になります。正確な起源は明らかではありません。犬種研究者は、先の尖った地元の四国犬と、骨太の西洋犬が交配されたと推測している。遺伝学的研究では、マスティフ、ブルドッグ、グレートデーン、さらにはセントバーナードとの関係が示された。

その意図は明らかに日本の闘犬を繁殖させることにあった。不思議なことに、西洋の闘犬に対する日本の答えは、相撲取りのような戦い方をする。歯をむき出しにして激しく噛み合うのではなく、相撲をとって倒す。噛んだ場合、その犬は直ちに失格となった。

現在、日本では大きな屋敷の番犬として飼われています。そこでは、土佐犬の飼育は、細心の注意と精選によって行われている。

土佐犬の犬種特性

マスティフの伝統は、今でも土佐にはっきりと残っています。とはいえ、土佐犬は西洋の同種の犬と比べても、より繊細で優美な印象を受ける。

日本では、土佐犬は恐れを知らず、気性が荒いことで知られています。ヨーロッパ人が土佐に出会ったのは、廃れてしまった犬種の代用品として適していたからです。怪しげな飼い主は、危険なものやステータスシンボルとして適していると思われる犬をほとんど輸入していました。この犬がすぐにリストに載ったのも不思議ではない。しかし、人間に対する性格は、実はとても友好的です。

  1. 日本の闘犬
  2. レスリング用に開発されたもので、噛み癖はありません。
  3. 今日はよく番犬
  4. FCIスタンダードNo.260、グループ2、セクション2:モロッソイド、2.1 グレートデーンタイプの犬
バナー画像は Shutterstock / acceptphoto のものです
土佐犬 子犬 公園のテーブルに座っている 茶色の小型犬 闘犬 リスト犬 攻撃的な日本の犬種 茶色の犬 ぺしゃんこ耳の犬 草原に横たわる5匹の土佐犬の闘犬の子犬、ダークマズルとフロッピーイヤーを持つ茶色の小型犬、日本のリスト犬 草原に立つ土佐犬の子犬 小型の戦闘犬、リストの犬、土佐犬 日本の犬種 たくさんの筋肉を持つ土佐犬、とても強いオス犬、大きな茶色の犬種、日本の戦闘犬
代替名 -
オリジン 日本
平均寿命 10 - 12 年
ケアの必要性 ローメンテンス
活動レベル アベレージ
FCI Molossoid
AKC 認識されていない
KC 認識されていない
News/Active

土佐犬の典型的な性格の特徴

土佐犬は簡単には動揺しません。彼は非常に落ち着いていて、極端な緊急時にのみ短気になるとされています。人に対しては、何の訓練も受けていなければ、一貫して穏やかです。その犬は、すでに述べたような悪質な犬の飼い主によって目立ってしまった。

このように、彼は愛すべき穏やかでストイックな軟体動物に属しています。彼を教育することもできるし、彼の限界を何度も見せることもできる。犬はおとなしくて従順です。明確なガイドラインがあれば、彼はすぐに自分の居場所を見つけ、それを守ります。我が国では希少な犬種であるため、家庭犬としての適性について信頼できる記述はほとんどありません。日本では、彼は人々の近くに住んでいて、絶対に問題はないはずです。

そんな犬を飼うなら、頑固なキャラクターの経験がある人がいい。そうでなければ、土佐は本当の意味での冒険であり、あなたはこの犬種の数少ないオーナーの一人になるはずです。モロシアンは、一般的にとても社交的だと言われています。家や地面との絆があるので、このような犬を長時間一人で留守番させることができます。大きな家と庭、あるいは彼が守れるような土地があればいい。

  • 穏やか~ストイックな気質
  • 訓練された時にのみ攻撃的になる
  • 自分のスペースと境界線が必要
  • は非常に人に優しいと言われています。

キャラクター

  • アグレッシブ
  • タッチー
  • インテリジェント
  • 怪しい
  • 思い切って

用途

  • ウォッチドッグ
日本では闘犬として数えられる筋肉質の犬種、上場犬、茶色の大型犬 2匹の大人の大型土佐犬、リストに載っている大きな茶色の犬、ダークマズルを持つ日本の戦闘犬、ショートコートの犬
日本

土佐犬の飼育・購入・保管について

今、土佐犬を買いたいと思ったら、数少ないブリーダーに注目してみてはいかがでしょうか。VDH は、血統書や書類で動物を提供するすべてのブリーダーを登録しています。怪しいところから土佐犬の子犬を買うのは絶対にやめてください。購入価格は、ペーパー付きの健康な子犬で800ユーロから。

動物保護団体では、この犬はめったに見られませんが、それでも試してみてはいかがでしょうか。モロッサー・イン・ノット」では、土佐犬やそれに近いタイプの犬を見つけることができるかもしれません。

ドイツに住んでいて、土佐犬を飼いたいと思ったら、住んでいる自治体に何か条件があるかどうか聞かなければなりません。

スイスでは、ジュネーブ州とヴァレー州で土佐犬の飼育、輸入、保管が禁止されています。フリブール、シャフハウゼン、トゥールガウ、ティチーノでは、飼育の許可を得なければならない。

オーストリアでは、ウィーン、ニーダーエスターライヒ州、フォアアールベルク州で土佐が品種リストに載っています。しかし、特別な許可証である「犬の免許証」や「気質試験」があれば、飼育は可能です。

  • ブリーダーからの子犬 800ユーロから
  • は、D、A、CHの一部で上場犬になることができます。
Hintergrund
日本の攻撃犬、土佐犬

ほとんどの場合、この犬は赤みがかった茶色のカラーリングで見られます。しかし、Tosaにはクリーム、ブラック、ブリンドルの3色があります。シワが印象的な頭部はマスティフから受け継いだもの。しかし、目やシワはそれほど極端ではない方法で吊るします。顔の表情は存在感があり、表現力があります。

胸やお腹には白い模様があるかもしれません。マズルと耳、そして中くらいの長さの尾の先が黒く整っていることがあります。土佐は足腰がしっかりしていて、筋肉質ではないがたくましい体格をしている。全体的に見て、彼は美しく調和のとれた犬であり、もっと積極的に注目されてもいいのではないでしょうか。

  • 筋骨隆々ではないが強い
  • ほとんどが赤茶色のコートを持つ
  • クリーム、ブラック、ブリンドルはほとんどありません。
  • 調和のとれた外観

土佐犬の大きさ・重さ・寿命

土佐の統計データはほとんどありません。飼育基準では、オスは肩の高さが60cm以上であることが望ましいとされています。雌犬の場合は55cmが望ましい。体重は30kgから50kgの間がいいでしょう。

良好な飼育環境と適切な栄養状態であれば、土佐は12歳まで成長することができます。

コートの長さ ショートファー
ファー アイシー
耳の形 トライアングル
ロッド ロングテール
アナトミー 筋骨隆々, マッシブ, 重い
メス犬のサイズ ♀ 62 - 82 cm
メス犬の体重 ♀ 36 - 61 kg
オス犬のサイズ ♂ 62 - 82 cm
雄犬の体重 ♂ 36 - 61 kg
に適しています。

カラー

レッド 現在 子鹿 ブラック
たくさんの筋肉を持つ土佐犬、とても強いオス犬、大きな茶色の犬種、日本の戦闘犬
日本では闘犬として数えられる筋肉質の犬種、上場犬、茶色の大型犬
2匹の大人の大型土佐犬、リストに載っている大きな茶色の犬、ダークマズルを持つ日本の戦闘犬、ショートコートの犬

他の 大きい 犬

お役立ち記事

その他の記事は雑誌をご覧ください

自分の好きな犬種に合わせて、dogbible dog blogで興味のありそうな記事を探してみましょう。

このように
ニュースレターを購読すると、
常に犬のトレンドを知ることができます。
あなたの受信トレイをスパムすることはありません。お客様のメールアドレスを販売したり貸し出したりすることはありません。
詳細は、 プライバシーポリシーをご覧ください。