バセットは非常に大きな耳を持っていて、人間がコウモリのように引っ張る、茶色の白い犬、ビーグルに似た三色の犬種
ドッグガイド 01.06.2021

静かな犬種-リストとその特徴

Thomas by Thomas, トーマスさんはdogbibleに技術的なノウハウを提供してくれました。日本をこよなく愛するだけでなく、柴を愛犬と呼び、近々、彼の屋上庭園に住まわせてもらえることを願っています。

人間の最良の友と言われる犬は、大きな音の出るオルガンでも知られています。何かが起こったとき、危険が近づいたとき、あるいは喜びのために、彼は大きな声で吠え始める。これが顕著な種もあれば、そうでない犬種もあります。ここには違いがあり、間違いなく吠えることで知られている犬種です。

でも、そうすると、あまり吠えない犬種もあります。これで、あまり大きな声で吠えずに済むなら、最初の分類ができます。ここでは、他の犬種に比べてあまり吠えない、静かな犬種に分類される犬種を紹介します。このようにして、個々の犬がどのような状態になるかは、もちろん常にそれぞれのキャラクターにかかっています。やはり、犬にも個性があります。

ゴールデンレトリバーの子犬、穏やかな犬 shutterstock.com / Master1305

レトリバー

穏やかな犬の第一位はレトリバーでしょう。英語の「to retrieve」は「戻す」という意味なので、「回収する」という意味になります。レトリバーはもともと狩猟犬で、撃たれた小動物をハンターのもとに持ち帰るために飼育されていました。だから、彼らはいつも静かに目立たないように行動し、ハンターの側で粘り強く活動しなければならなかった。現在では、ゴールデン・レトリバーラブラドール・レトリバーの2種類が人気です。どちらも穏やかな家庭犬として知られています。しかし、侮れないのは、彼らの「動きたい」という気持ちです。レトリバーもたくさん走らないといけないんですね。

アイリッシュ・ウルフハウンド、穏やかな犬種、穏やかな犬 shutterstock.com / Angel Sallade
穏やかな犬種、ハイディ・クルムの犬 shutterstock.com / Jana Oudova

アイリッシュ・ウルフハウンドは、とても穏やかな犬種です。

この大きな毛むくじゃらの仲間たちは、本当の意味でのキュートな犬です。吠えることをあまり考えていないので、静かな犬のランキングにも入れています。ウルフハウンドは世界で最も大きな犬です。彼らは素晴らしい家庭犬であると考えられています。非常に信頼性が高く、愛情深く、オープンな性格です。

家庭犬としてのバセットハウンド

バセットを愛するのは女王だけではありません。彼らは、その大きな目にすぐには表れなくても、とても幸せで面白い犬たちです。バセットはとてもフレンドリーで、真の家庭犬であり、吠えることをあまり考えていません。バセットは後を追うのが好きです。この犬種は非常に賢く、それゆえに少し頑固であると考えられています。しかし、それを補って余りある大きな心がある。

家族の中で落ち着いた犬種としてのセント・バーナード。

また、セントバーナードは穏やかな犬です。吠えて注目を集める必要はありません。また、セントバーナードは性格的にとても穏やかな犬です。優しい巨人とはよく言ったものだ。この犬種は非常に安定しており、性格も良い。この犬種の繁殖目標の一つは、セントバーナードが絶対的な家庭犬であることです。群れの中で自分の居場所を見つけ、子供との相性も抜群です。友好的でありながら、保護者でもある。そのため、危険を察知すると、仲間を守るためにとことんまでやります。

落ち着いた家庭犬種、セントバーナード shutterstock.com / Fotokostic
バナー画像は shutterstock.com / Siberian spring のものです
ご覧いただきありがとうございます。
ニュースレターを購読すると、
常に犬のトレンドを知ることができます。
あなたの受信トレイをスパムすることはありません。お客様のメールアドレスを販売したり貸し出したりすることはありません。
詳細は、 プライバシーポリシーをご覧ください。