犬、哺乳類、脊椎動物、イヌ科、犬種、肉食動物、ベルジャン・シェパード・ドッグ・マリノア、ベルジャン・シェパード・ドッグが水に飛び込む、警察犬、泳げる犬、ミディアムブラウンの犬にダークマズル、プリックイヤー、従属性、しつけが難しい
犬の飼い方のポイント 22.09.2021

愛犬と一緒に湖に行く。オーストリアの犬は湖でビーチを楽しむ

Sissi by Sissi, Sissiは2014年からブロガーとして活動し、2018年に犬に乗りました。 それ以来、ロキと一緒に毎日世界を10000歩闊歩しています。ビーグドール(ラブラドールとビーグルのミックス犬)は、子どもたちのセラピー犬として、学校にも同行しています。密かに2匹目の犬としてフレンチブルドッグを飼ってみたいと思っている。

オーストリアの犬のための湖畔のビーチ

夏の太陽が空から照りつけ、気温が無限に上昇するようなときは、冷たい水に浸かってリフレッシュしたいと思うものです。しかし、水が大好きな小さなダーリンをどこに連れて行くか?愛犬が家で寂しく待っている必要はありません。オーストリアには、4本足の友人と一緒に楽しむことができる素晴らしいドッグビーチや湖があります。

各都道府県での海水浴の楽しみ

また、ウィーン市内には犬用の入浴施設が多数あります。また、街中では4本足の友人と一緒に冷たい水を楽しむことができます。新ドナウとドナウ島には、「ノース・ドッグ・ビーチ」と「サウス・ドッグ・ビーチ」という2つのドッグ・ビーチがあります。アルテ・ドナウでは、アンジェリカの横に大きなドッグゾーンがあり、そこには飲み口やトレーニング器具まで用意されています。その他、ハーシュテッテン・ドナウシュタットの池、ドラッシェパーク、アスペラ・ゼーシュタットにもドッグゾーンがあります。すべてのドッグビーチは公共交通機関でアクセスできます。

オーバーエスターライヒ州には、さまざまなドッグビーチがあります。ザルツカンマーグートのほとんどの湖では、犬と一緒に泳ぐことができます。ほとんどの場合、それぞれに指定されたエリアがあります。

犬、哺乳類、脊椎動物、イヌ科、犬種、日焼けしたゴールデンレトリバーの子犬、レトリバーの子、肉食動物、スポーツ団体、草。 shutterstock.com / MPH Photos

スタイリアでは、愛犬と一緒に散策できるドッグビーチがいくつかあります。水浴びができるのは、ほとんどがグラーツとグラーツ周辺、そしてアッパーシュタイアーマルクの地域です。一目でわかるお風呂の可能性

  • パッカーズスタウジー(共同浴場を除く
  • タイヘルムス
  • スルムゼーでのSteinerne Wehr
  • バートミッターンドルフのサルツァ貯水池
  • ライプニッツ近郊のティルミッチュのアンカーポイントにある、自由にアクセスできる砂利の池
  • グロスロッミングにある犬用の水浴び用の池
  • Pichl-KainischのÖdende(入浴用桟橋を除く)
  • Altausseer See (主要な浴場を除く)
  • グルントルゼーの一部(異なる表記のエリアを除く

カリンシア

ドラウ川やゲイル川の川岸以外にも、愛犬と一緒に入れる海水浴場があります。ケルンテン州のハイキングは、犬を連れた人にも最適です。話は戻りますが、カリンシア州にある様々なドッグビーチの概要についてです。

  • Maltschacher See(Sonnenresortホリデーコンプレックスの近くにドッグビーチがあります。
  • Keutschacher See(南側のビーチ・キャンプ場、Sonnenhotel Hafnerseeのリド、北側のキャンプ場Brückler、南側のビーチ・キャンプ場
  • Ossiacher See (メスナー・リドとシーキャンプ・プロールツ)
  • クラーゲンフルト(ヴェルターゼーの入り口にあるリドの近く、サットニッツ沿いにある様々な入浴施設
  • フォルスト湖
  • クロペイナーゼー(バート・ズード、リド・モリ、リド・ライヒマン・ローゼンハイム・ルバス、ランドハウス・クロペインのリド

チロルの場合

犬の入浴は歓迎されますが、リードの着用が義務付けられている場合があります。これについては現地で確認するのが一番です。いくつかの浴場が一目でわかるようになっています。

  1. ヴァルヒェーの水浴場
  2. オルティセイのピラーゼ
  3. ハイターワンゲル湖
  4. Reintalersee
  5. ZillertalのDurlaßbodenstauseeという入浴用の湖
  6. キッツビュールの森林浴湖Gieringer Weiher
  7. 天然の海水浴場であるヴァルトヴァイハー・フリース、ベルゲルシュタイナーゼー、アッヘンゼー
  8. Hochimstのスイミング・レイク
  9. プランゼー湖

ニーダーエスターライヒ州

には、利用できる海水浴場がたくさんあります。いくつかのドッグビーチの概要をご紹介します。

  • アルトメロンの犬の水浴び用の池
  • アレンシュタイクの町の湖
  • Tüllウォーターパーク(リード着用が義務付けられています
  • リッチャウ・リド(自前のドッグゾーン
  • ジルベンゼー湖
  • ルンツァー・シー(リドを除く
  • カンプタール日光浴エリア

ブルゲンラントでも

は、あなたとあなたの4つの足の友人のためのいくつかの浴場を持っています。概要をご紹介します。

  • オーバーヴァルトのピンカ
  • タウヘンバッハ・イン・シュライニング
  • シュトレンバッハ
  • ハイリゲンブルンのビオトープ
  • ジッケンバッハ
  • ノイジードル湖の一部(ダムの葦の道、Seehotel RustとVogelparadiesのホリデービレッジの犬用プライベートビーチ、氷山

での入浴の可能性を概観します。

フォアアールベルク。

  1. ボーデン湖のパイプライン・ドッグ・ビーチ
  2. オールドライン
  3. 流水で(公衆浴場を除く

ザルツブルグでの入浴の可能性を紹介しています。

また、ザルツカンマーグートでは完璧に泳ぐことができます。いくつかの可能性については、別のブログ記事で紹介しています。さて、話はザルツブルク州の海水浴場に戻ります。

  • ワラシー
  • Wiestalstausee
  • マッツィー(リドスを除く
  • ハルステッターゼー(ウィンケル村の手前
  • モンダイ
  • ツェラー・シー(公共の自動車を除く)
  • プレバーゼー・イン・ザ・ルンガウ
バナー画像は shutterstock.com / Eudyptula のものです
ご覧いただきありがとうございます。
ニュースレターを購読すると、
常に犬のトレンドを知ることができます。
あなたの受信トレイをスパムすることはありません。お客様のメールアドレスを販売したり貸し出したりすることはありません。
詳細は、 プライバシーポリシーをご覧ください。