ファラオ犬と猫のベッド、犬と猫は友達、茶色の中型犬で毛が少なく、耳がとても大きい、プリックイヤー
犬のしつけ 12.10.2021

犬を猫に慣らす - この3つのヒントでそれが成功します。

Thomas by Thomas, トーマスさんはdogbibleに技術的なノウハウを提供してくれました。日本をこよなく愛するだけでなく、柴を愛犬と呼び、近々、彼の屋上庭園に住まわせてもらえることを願っています。

犬を猫に慣れさせる - 3つのコツで成功する

犬は猫を追いかけ、猫はテーブルの下で唸りながら座っている。この光景は、ペットを飼っている人なら誰でも知っていることでしょう。犬と猫は、お互いにそれなりの反応をすることが多いとはいえ、仲が悪いわけではありません。しかし、慣れるまでには、飼い主だけでなく、犬も猫も多少の努力が必要です。これらのヒントを参考にしてみてください。

ヒント1:ボディランゲージを理解すること

私たち人間でもボディランゲージには問題があり、常に誤解を招く可能性があります。他の種族間の問題も同様である。猫が地面に向かって鳴くのは気分がいいことを表現していますが、犬は鳴き声を威嚇や警告と理解しています。また、尻尾を振ることで、そのような誤解を招くこともあります。無意識のうちに、あるいはかなり意識して、犬も猫も尻尾について多くのことを伝えています。尻尾を振ることが、犬にとって喜びや多幸感を連想させるものであれば、猫にとっては警告となります。猫が尻尾を振るのは、身の危険を感じて緊張しているときだけだからです。ですから、私たち人間と同じように、動物もお互いを知るための時間が必要ですし、相手のボディランゲージを読んで理解できるようにならなければなりません。

猫、ネコ科、小~中型猫、ヒゲ、マズル、バーミーズ、肉食、ブリティッシュショートヘアの猫が赤いゴールデンレトリバーを見て、肉球、爪、毛並みです。

ヒント2:犬と猫の再会のための正しいスタート。

犬と猫がスムーズに共存するためには、完璧なスタートを切ることが非常に重要です。だから、猫と犬が出会うための準備をする。これにより、最初の再会時のストレスを軽減することができます。最初のうちは、犬と猫を別々の部屋で飼う。双方の動物が自分の匂いの印をつけることができる。しばらくして動物たちの部屋を変えれば、他の香りに慣れることができます。犬と猫を初めて一緒にさせるときは、その場にもいるのがベストです。それはすぐに引数と不快なシーンに来ていないように、犬は最初の会議でリードされるべきである。このようにして、あなたは動物をコントロールし、介入して落ち着かせることができます。

ヒント3:冷静に対応する

再結成には忍耐が必要です。猫と犬がリラックスして一緒に暮らせるようになるまでには、数週間かかります。この間、監視者のいない部屋に動物を一人で放置してはいけません。犬と猫がお互いに離れられるような機会を与えてあげてください。猫には、窓辺の場所やキャットツリーなど、十分なスペースが必要です。犬が届かない場所で、猫が手に負えなくなったときに退避できるような場所にします。また、犬も自分の居場所を確保しなければなりません。また、ポジティブな行動にはそれに応じた報酬を与えることも有効です。例えば、犬と猫が穏やかに匂いを嗅ぎ合っていれば、おやつを与えることで気分が前向きになります。しかし、どの動物も優先的に褒めるべきではありません。なぜなら、それは妬みにつながるからです。猫も犬も学習能力が非常に高い。互いのボディランゲージを学び、互いの匂いに慣れると、穏やかに共存できるようになります。そこから深い友情が生まれることもあります。

イヌ科、犬、毛皮、犬種、コンパニオン・ドッグ、交流、スポーツ団体、手、子犬、肉食動物、膝の上に犬と猫を乗せて抱き合う女性、大きな茶色の犬と灰色の猫、犬と猫が愛し合っている様子
バナー画像は Shutterstock / Olesya.S.Los のものです
ご覧いただきありがとうございます。
ニュースレターを購読すると、
常に犬のトレンドを知ることができます。
あなたの受信トレイをスパムすることはありません。お客様のメールアドレスを販売したり貸し出したりすることはありません。
詳細は、 プライバシーポリシーをご覧ください。