グレイハウンド(イタリア語名:windplay)がベッドに横たわっている様子(白い斑点のある小さな茶色の犬、ドッグレースの犬、グレイハウンド
犬のしつけ 12.10.2021

愛犬があなたのベッドで寝るべき理由とは!?ヒントと理由

Sissi by Sissi, Sissiは2014年からブロガーとして活動し、2018年に犬に乗りました。 それ以来、ロキと一緒に毎日世界を10000歩闊歩しています。ビーグドール(ラブラドールとビーグルのミックス犬)は、子どもたちのセラピー犬として、学校にも同行しています。密かに2匹目の犬としてフレンチブルドッグを飼ってみたいと思っている。

ベッドの中の犬

犬を飼っている人なら誰でも知っていることですが、小さな子供が引っ越してくると、かわいい子犬をいつもそばに置いておきたくなるものです。しかし、4本足の友人が、家具の豪華さや好きな人との近さに慣れてしまうと、もう手放したくなくなってしまいます。しかし、犬が大きくなればなるほど、友人やパートナーとの間で、「犬がベッドで寝るなんて、そんなことがあっていいのだろうか」という議論がしばしば起こります。それは彼に禁止されるべきなのか?メリットとデメリットはどこにあるのか?今回のブログでは、このテーマについて少しご紹介したいと思います。

犬がいると女性はよく眠れるという研究結果

2018年、米国の3人の研究者が、約1000人の女性ペットオーナーに、ペットをベッドに連れて行くかどうか、そしてそれについてどう感じているかを尋ねました。この研究を自分で読みたい方は、今のところ、英語で書かれたアブストラクトをここで見ることができます。https://www.tandfonline.com/doi/abs/10.1080/08927936.2018.1529354。

しかし、私たちはすでにその結果をここにまとめています。インタビューした犬の飼い主の55%が、犬をベッドに連れて行っています。そのうち57%が「愛犬がそばにいると夜も安心」と答えています。

  • 安心感
  • 猫や他の人間と一緒にいるよりも落ち着いて眠ることができる。
  • 感情的にポジティブな状態で眠りにつくことができる。
犬はベッドで寝てもいいのでしょうか?

自分の隣に寝ているペットの顔を見ると、どれだけリラックスできるか、きっとお分かりいただけると思います。多くの飼い主にとって、動物たちの穏やかな呼吸は、自分自身のスイッチを切りやすくしてくれます。そういう意味では、お互いに迷惑をかけないのであれば、愛犬がマットレスを一緒に使っても構わないということになります(もちろんパートナーも)。

犬がベッドに入ることのデメリット

しかし、特に自分でペットを飼っていない人の中には、動物がベッドで何をしなければならないのか理解できない人がいることも否定できません。この人たちの主張はよく繰り返される。よくあることです。

  • ベッドの中の犬は場所を取りすぎる
  • ベッドが髪の毛でいっぱいになる
  • 布団から犬の匂いがする
  • 動物がベッドの中でよだれを垂らしたり、おしっこをしたりする

もちろん、すべての動物や犬に当てはまるわけではありません。確かに、ペットがいない人に比べて、ベッドの「脱毛」や「シーツの交換」を頻繁にしなければなりません。しかし、これはマイナスの効果である必要はありませんよね。

犬がベッドに入るのを禁止すべきか?

記事を読んでいただければわかると思いますが、この質問には正解も不正解もありません。賛否両論ありますが、あとは自分で判断してください。あなたがどう対処するかにもよりますが、犬がベッドと一緒に寝るのであれば、何も賛成も反対もありません。なぜなら、人が家を出たり、眠ったりすると、たいていの場合、その四足動物はベッドに忍び込むからだ。ここでは、犬に優しく長期的に何かを教えるための正しい戦術にかかっています。しかし、本音を言えば、好きな人といつも一緒にいたいと思うことを誰が責めることができるでしょうか。

バナー画像は Shutterstock / Elena Vasilchenko のものです
ご覧いただきありがとうございます。
ニュースレターを購読すると、
常に犬のトレンドを知ることができます。
あなたの受信トレイをスパムすることはありません。お客様のメールアドレスを販売したり貸し出したりすることはありません。
詳細は、 プライバシーポリシーをご覧ください。