犬、哺乳類、イヌ科、ポメラニアン、犬種、皮膚、子犬、コンパニオン・ドッグ、鼻、スピッツが車に座って外を見ている、彼も舌を出している、白い刈りたての小型ドワーフ・スピッツ
犬の飼い方のポイント 10.06.2021

愛犬と一緒にドライブ - ドッグモビールのコツ

Sissi by Sissi, Sissiは2014年からブロガーとして活動し、2018年に犬に乗りました。 それ以来、ロキと一緒に毎日世界を10000歩闊歩しています。ビーグドール(ラブラドールとビーグルのミックス犬)は、子どもたちのセラピー犬として、学校にも同行しています。密かに2匹目の犬としてフレンチブルドッグを飼ってみたいと思っている。

犬と一緒にドライブ - ドッグモービルのためのヒント

犬を飼っている人は、日常生活のさまざまな場面で4本足のパートナーに合わせていることに気づくでしょう。これには車も含まれます。結局のところ、あなたは愛犬と常に一緒に移動したいし、場合によっては休日も経験したいのです。理想的なドッグモビールを手に入れるためには、どのような点に気をつければよいのでしょうか。

適切な車

理想的な装備のDog-Mobilの基本は、適切な車です。長期間使用するものですから、すべての乗客にとって快適なものでなければなりません。

輸送のための十分なスペース

ここでは、特に空間が大きな役割を果たします。これは、あなたの犬が多くの大型犬に属している場合は特にそうです。車の幅や長さ、高さも重要ですが、特に後者は重要です。

小さくなった四つ足の友人のためには、スペースの重要性を軽視してはいけません。結局のところ、彼はあなたと一緒に旅をすることで快適さを感じ、その旅をポジティブなものとして経験するべきなのです。

ただし、移動の自由度が高すぎると、安全性に悪影響を及ぼすので注意が必要です。犬の大きさにかかわらず、4本足の友人を箱に入れて運ぶ予定の場合は、少し大きめのスペースが必要になります。基本的には、輸送の種類によっては、したがって、小型のトロリーが小型犬にとって必ずしも十分ではありません。

適合機種

さまざまなタイプの車が、愛犬のために十分なスペースを提供してくれます。などがあります。

  • ステーションワゴン
  • SUV・オフロード車
  • バンズ

どのモデルが自分と愛犬の要求に最終的に十分なのか、個々に判断する必要があります。犬と一緒に運転した経験が少ない方は、4本足のお友達と一緒に試乗してみるのもいいかもしれませんね。また、同じようなモデルを1週間レンタルして、愛犬が快適に過ごせるかどうかを何度か試してみるのもいいでしょう。

また、その他の基準も重要な役割を果たしています。モデルによっては、大きな車になるとある程度の資金が必要になります。そのためには余裕が必要ですが、個人の生活状況によってはそう簡単ではありません。

タイムリーな資金調達のためには、多くの場合、自動車ローンを利用するのが一般的です。車のローンを安く組むためには、比較ポータルサイトを利用するといいでしょう。ひとりひとりの可能性に応じて、適切な選択肢を提案してくれます。基本的に、融資には4つの種類があります。

多くの場合、4桁台の金額を保存することができます。自分専用のDog-Mobilにかかる費用を検討する際には、その投資があなたとあなたの愛犬のために長期的に利益をもたらすことを念頭に置くべきです。

車両、車、輸送、車両外装、輸送手段、車両ドア、イヌ科、写真、スポーティンググループ、車の部品、トランクの中の犬の箱、トランクの中のノバスコシアレトリーバー、車の中で犬を連れて行く shutterstock.com / dezy

輸送・固定方法

適切な車が決まったら、次のステップは、4本足の友人をどのように輸送し、保護するかを考えることです。このためのより詳細な条件は、STVOの第22項および第23項で法的に規定されている。

規定に沿って適切に犬を固定せず、警察に止められた場合、罰金を支払わなければならない可能性があります。また、愛犬が事故で怪我をしないように対策をしておくことも必要です。そのため、どのシステムを使用するにしても、適切なセキュリティを確保する必要があります。

加えて、犬が若いか老犬かを考慮して判断する必要があります。若い四つ足の友達や子犬は、個々の性格によって、より機敏で少し奔放なことが多い。そのため、これまで何度も経験してきた車での移動のような状況でも、じっとしているのが得意な老犬とは異なる移動手段が必要になる場合があります。

輸送のためには、原則として異なるバリエーションがあり、何よりもそれにカウントされます。

  • トランクの中でグリッドやネットを使って分けて輸送する。
  • ベルト付きシートの輸送とシートベルトの可能性
  • 箱や袋に入れて輸送

これらの選択肢には、それぞれ異なるメリットとデメリットがあります。また、どのような犬を飼っているかによっても、どれがベストなのかが変わってきます。例えば、大型犬をバッグに入れて運ぶのは難しい、あるいは不可能な場合があります。

トランク内の輸送

トランクを分けるグリッドやネットは、犬が同じ空間をたくさん持てるという利点があります。しかし、最良のケースとしては、ベルトでさらに固定するか、自分で固定した箱に入れて運ぶことです。

特に大型犬の場合は、このようなソリューションが理想的であり、必要な場合もあります。デメリットとしては、旅の途中で犬と離ればなれになってしまうことや、直接連絡を取ることが他のオプションに比べてやや複雑になることなどが挙げられます。

シートベルトのオプション

また、人間と同じように愛犬を縛ることができる車用の専用ハーネスもあります。また、このような拘束をするためには、犬専用のハーネスを使用することもできます。

小型犬の場合、これらのバリエーションは良い、実行可能なオプションです。大きな利点は、この方法では犬はあなたと一緒に車に乗ることを経験し、トランク用のグリッドやネットの場合のように、あなたから離れてしまうことはありません。そうすれば、旅行の際に彼が家族の一員であることを示すことができます。

箱・袋

トランク以外で愛犬を運ぶ方法としては、他にも様々な種類の箱や袋があります。ボックスはフットウェルに設置するのが最適ですが、このオプションは小型の4本足の友人にも適しています。

また、愛犬を専用のバッグに入れて後部座席に置き、固定することもできます。似たようなものに「ドッグシート」がありますが、これは4本足の友人もバッグのようなものに座って、横になる代わりに上から外を見るというものです。また、最善の方法で固定する必要があります。

愛犬の安らぎの場としての車

このような輸送の基本的な要素に加えて、車の中が犬にとって快適な場所であるかどうかを確認する必要があります。そのためには、以下のようないくつかの要素が重要になります。

  • 個別に適した宿泊施設
  • 毛布などによる快適さ
  • 宿泊施設、車、運転状況に慣れること
  • 4本足の友人の健康状態に常に気を配る
犬、脊椎動物、イヌ科、哺乳類、犬種、口輪、肉食動物、ビーグル、コンパニオン・ドッグ、スポーツ・グループ、ビーグル犬が車の後部座席に座り、首に鎖をつけられている、犬用ハーネス、安全ではないが許可されている犬の輸送オプション shutterstock.com / Nina Buday

個別に適した宿泊施設と快適性

ここまでで、愛犬を輸送するために可能なシステムの概要を説明してきました。選ぶ際には、動物にはそれぞれ個性があり、同じ犬種でも他の犬とは違うシステムの方が快適に感じる場合があることを念頭に置いてください。

そのため、最初から特定の輸送手段にこだわらず、いくつかの選択肢を試してみることは意味のあることだと思います。さらに、あなたの家ですでに知っている毛布を使うなどして、4本足の友人が車の中で快適に過ごせるようにしてあげましょう。

ウェルビーイングへの慣れと気配り

また、愛犬が輸送手段や運転にゆっくりと慣れる機会を作ってあげてください。そのためには、例えば、まず車外で適切なハーネスを装着したり、車用の箱や袋に入れてリビングで少しずつ過ごさせたりします。

また、最初は短い距離を一緒に歩いてみてください。そうすれば、未経験者であれば、日常的になって休日に連れて行ってもらう前に、運転するという新しい感覚にゆっくりと慣れることができます。

最後に、旅の途中で愛犬が元気かどうかを必ず確認してください。そうすれば、もし彼がそうでなければ、おそらく少し休憩して、問題を見つけて解決しようとするでしょう。

結論

全体的に、十分な広さのあるベビーカーを選ぶことに加えて、常に安全性を第一に考えるようにしましょう。次のステップでは、愛犬が最も快適に感じられる最適な移動手段を見つけることができます。最後に、愛犬にゆっくりとした運転に慣れさせ、できるだけ快適な運転ができるようにしてあげてください。

バナー画像は shutterstock.com / Lungkit のものです
ご覧いただきありがとうございます。
ニュースレターを購読すると、
常に犬のトレンドを知ることができます。
あなたの受信トレイをスパムすることはありません。お客様のメールアドレスを販売したり貸し出したりすることはありません。
詳細は、 プライバシーポリシーをご覧ください。