犬、哺乳類、脊椎動物、犬種、犬科、肉食動物、コンパニオン・ドッグ、モンゴル・フレンチ・ブルドッグ、草、鼻、チワワ・モンゴル・プリックイヤー・サバ
犬の健康 01.06.2021

犬の耳の感染症-5つのコツと炎症の予防法

Thomas by Thomas, トーマスさんはdogbibleに技術的なノウハウを提供してくれました。日本をこよなく愛するだけでなく、柴を愛犬と呼び、近々、彼の屋上庭園に住まわせてもらえることを願っています。

犬の耳の感染症-予防のための5つのポイントと正しい行動のとり方

犬の外耳炎の基礎知識と原因

犬の耳の炎症はよくある症状です。四つ足の犬の耳の炎症は、通常、外耳道の炎症であるか、それは中耳に影響を与えています。炎症が非常にひどく、持続している場合は、内耳が侵されている可能性があります。一部の犬種では内耳に毛が生えているため、外耳炎のリスクが高まりますので、この部分を剪定したり、汚れや炎症の症状がないか定期的にチェックすることをお勧めします。また、一部の犬種では、外耳炎は遺伝によりよく見られる症状であり、いわば遺伝的に身についている状態です。基本的に犬の耳の炎症は、アレルギーや怪我、真菌感染、汚れたゴミから耳の中に入った細菌などが原因で起こります。沢や淀みのある水の中で長時間過ごす犬は、水が汚染されていたり、細菌がたくさんいたりすることが多いので、耳の病気になりやすいと言われています。

ラブラドールの耳の病気 shutterstock.com / Sophia Vexx

犬の耳の感染症の症状と診断

犬が耳の炎症にかかった場合の初期の特徴的な症状は、頭を傾けたり、耳を頻繁に掻いたり、頭を大きく振ったりすることです。炎症が進行している場合は、耳を触ると敏感に反応したり、攻撃的になったり、吠えたりします。また、耳介の内側が腫れたり赤くなったりすることがあります。そして、いずれにしても、獣医さんのところへ行くことになります。

外耳道の外側だけが侵された場合は、通常、軟骨の皮膚が腫れて赤くなります。中耳の炎症は、通常、毛むくじゃらの鼻に激しい痛みと発熱をもたらします。内耳が炎症に侵されると、この炎症が顔面神経や髄膜を攻撃する可能性があるため、最高レベルの警報が発表されます。この炎症が脳に伝わり、脳に大きなダメージを与えることがあります。

このような炎症の診断には、現れた症状が良い指標となりますが、正確な診断を下すためには、獣医師が犬の耳管から綿棒を採取する必要があります。そして、どのような細菌や真菌が耳に影響を与えているのかを、実験室での検査で明らかにします。犬の耳の炎症がより深刻な場合は、血液中の炎症レベルも上昇しており、これも早急に対策を講じるべき兆候です。

犬の耳痛 shutterstock.com / everydoghasastory

トリートメント

外耳道の軽い炎症程度であれば、ティーツリーオイルの軟膏やココナッツオイルなどの自然療法で、細菌や真菌の拡散を防ぐようにします。この治療法が効かない場合は、獣医師による点耳薬や軟膏が有効で、炎症がひどい場合は抗生物質を局所的または全身的に投与します。

犬の耳の感染症予防のための5つのポイント

  1. 犬の耳は定期的に掃除して検査する必要があります。クロスとブラシで定期的に汚れを落とすだけ。長毛種の場合は、耳の内側の毛を取り除くことをお勧めします。
  2. 予防のためには、毎週犬の耳をチェックする際に、ココナッツオイルやティーツリーの軟膏を塗るとよいでしょう。これらには汚れをはじく効果があり、ティーツリーオイルには抗菌作用があります。
  3. 犬の免疫系が良好な状態であれば、感染症などの病気にかかりにくくなります。つまり、高品質でできれば新鮮なフードを与え、定期的に運動をさせて身体を鍛える必要があるのです。そうすることで、動物がより頑丈に、より強くなります。

4. 川や水辺での入浴にも注意が必要です。汚れたプールにいちいち犬を入れてはいけない。水浴びの後は、耳をよく乾かして汚れを落とすことが大切です。この場合も、ココナッツオイルはウォーキングの前に塗ることができます。

アレルギー体質の犬で、耳の炎症に悩まされることが多い場合は、アレルギーを一から治療したり、様々なアレルゲンを可能な限り避けるなどの注意が必要です。

バナー画像は shutterstock.com / Josepouwels のものです
ご覧いただきありがとうございます。
ニュースレターを購読すると、
常に犬のトレンドを知ることができます。
あなたの受信トレイをスパムすることはありません。お客様のメールアドレスを販売したり貸し出したりすることはありません。
詳細は、 プライバシーポリシーをご覧ください。