犬、脊椎動物、犬種、ナポリタン・マスティフ、犬科、哺乳類、巨大な犬種、肉食動物、イングリッシュ・マスティフ、マズル、顔に多くのしわがあり、慢性的な目の炎症を起こしている醜い犬
犬の健康 01.06.2021

犬の目の炎症-目の病気とその原因

Thomas by Thomas, トーマスさんはdogbibleに技術的なノウハウを提供してくれました。日本をこよなく愛するだけでなく、柴を愛犬と呼び、近々、彼の屋上庭園に住まわせてもらえることを願っています。

犬の眼病学-眼病学とその原因

犬の眼病変の診断検査

犬の眼の病理は、病気の原因に応じて様々な診断機器を使って簡単に発見することができます。例えば、緑内障は眼圧計で眼圧を測定することで診断できます。眼の構造の病的な異常は、検眼鏡で検出することができます。超音波は目の病気の診断にも使われます。ただ、目の中の障害は、残念ながら最終段階まで発見されないことが多いのです。遺伝性の眼疾患は、犬の眼疾患の中で大きな割合を占めています。現在のところ、犬のさまざまな眼疾患を引き起こす遺伝子変異は40以上あります。このような目の病気が犬の繁殖で広がらないようにするためには、DNA検査でキャリアーを検出し、繁殖から排除するのが最善の方法です。

犬の目の炎症の予防と治療 shutterstock.com / MirasWonderland

犬に多い目の病気

ここでは、代表的な目の病気を一目でわかるように紹介します。また、どのような犬種に影響が出るかについても説明します。

  • エントロピー

  • 眼瞼下垂症

  • Distichiasis

  • トリカス

  • 遺伝性白内障

  • 結膜炎(結膜の炎症

  • シックハウス型角膜炎

  • 眼瞼内反症:まぶた(通常は下まぶた)が病的に湾曲した状態をいいます。その結果、目に永久的な刺激を与え、涙が増え、最悪の場合は角膜潰瘍になって失明してしまうこともあるのです。この病気は外科的にうまくコントロールできます。しかし、罹患した犬は交配から除外しなければなりません。

  • 眼瞼下垂:この病気の最も顕著な特徴は、犬のまぶたが垂れ下がることです。治療をしないと、通常は慢性的な結膜炎になってしまいます。この病気には手術も適応されます。しかし、ブラッドハウンドなどの一部の犬種では、まぶたの垂れ下がりが犬種の特徴として望ましいとされています。

  • Distichiasis:この比較的無害な病気の特徴は、まつげがまぶたの端に直接生えていることで、これが犬の角膜を多かれ少なかれ刺激することがあります。炎症がひどければ、手術でまつげを取り除くこともあります。プードル、 ユーラシアコッカースパニエルボクサーなどの一部の犬種は、特にこの病気になりやすいと言われています。

犬、脊椎動物、犬種、ナポリタン・マスティフ、イヌ科、哺乳類、巨大な犬種、肉食動物、マズル、イングリッシュ・マスティフに似た犬種、顔がシワシワの超ブサイクな犬、シワシワの犬、灰色の大型犬 shutterstock.com / Erik Lam
  • トリキア症:ペキニーズ、パグ、ブルドッグなどの特定の犬種では、頭蓋骨の短縮化が望まれるため、鼻の皮膚にしわができることがあります。そして、鼻や顔のひだについた毛が、犬の角膜を常に刺激する。治療は複雑ではありません。獣医師はピンセットで簡単に毛を取り除くことができます。しかし、放っておくと、角膜の変化、さらには角膜の炎症や潰瘍が起きてしまいます。また、これらが突き抜けてしまうと、犬の目が見えなくなってしまいます。

  • 遺伝性白内障:目のレンズが病的に濁ることで、一般的に目が乳白色に見えます。この変化は徐々に起こり、多くの場合、影響を受けた犬には問題はありません。視覚障害は最初はわずかですが、放っておくと失明に至ることもあります。この病気は遺伝的に決まるものですが、一方で、目の中の炎症や目の怪我、代謝性疾患(糖尿病など)など、他の病気が原因で起こることもあります。そのため、獣医師による検査は避けられません。

  • 結膜炎(結膜の炎症):この一般的な目の炎症は、目に入った風やほこりなどの異物、細菌やウイルス、真菌などの感染が原因で起こります。塗抹標本検査により、原因を明確にすることができます。治療は、抗炎症作用のある点眼薬や軟膏、抗生物質の投薬、真菌症の場合は抗真菌剤を使用します。

  • 角膜炎(KSC):片目または両目の涙の分泌量が減少または欠落することにより、犬の外眼部が乾燥し、結膜や角膜に慢性的な炎症が生じる病気です。最悪の場合、角膜の炎症や角膜潰瘍を引き起こし、失明に至ることもあります。原因としては、例えば、目の怪我、慢性結膜炎、感染症などが考えられます。KSCは不治の病ですが、ほとんどの場合、薬で十分に治療することができ、また、KSCを発症した犬種の中で、最も多く発症した犬種は、ウェストハイランド・ホワイト・テリアヨークシャー・テリア、チワワペキニーズミニチュア・ピンシャーミニチュア・シュナウザーラサ・アプソコッカー・スパニエルイングリッシュ・ブルドッグなどです。薬物療法が効かない場合は、手術を検討することもあります。

哺乳類、脊椎動物、犬、イヌ科、犬種、子犬、皮膚、コンパニオン・ドッグ、鼻、肉食、チョコタン・チワワの笑い声、ロングコートとプリックイヤーの小型犬 shutterstock.com / Silarock
バナー画像は shutterstock.com / Erik Lam のものです
ご覧いただきありがとうございます。
ニュースレターを購読すると、
常に犬のトレンドを知ることができます。
あなたの受信トレイをスパムすることはありません。お客様のメールアドレスを販売したり貸し出したりすることはありません。
詳細は、 プライバシーポリシーをご覧ください。