ブラウンプミの子犬
犬の健康 12.10.2021

子犬の最初の予防接種 - 法的状況、どのような予防接種が含まれているかなど。

Sissi by Sissi, Sissiは2014年からブロガーとして活動し、2018年に犬に乗りました。 それ以来、ロキと一緒に毎日世界を10000歩闊歩しています。ビーグドール(ラブラドールとビーグルのミックス犬)は、子どもたちのセラピー犬として、学校にも同行しています。密かに2匹目の犬としてフレンチブルドッグを飼ってみたいと思っている。

犬の予防接種:子犬の最初の予防接種 - 何を考慮すべきか?

もちろん、新しい小さなルームメイトは、人生の最高のスタートを切るべきです。最適な栄養状態に加えて、予防接種による健康管理も含まれます。ここでは、子犬に必要な予防接種やその他の注意点をご紹介します。

法的状況

犬にワクチンを接種する法的義務はありません。これは少なくとも、彼が一度も国外に出ない場合に当てはまる。ただし、海外から子犬を迎える場合は、ドイツに入国する際に有効な狂犬病予防接種を受けていなければなりません。これは犬の予防接種証明書に記載されていなければならず、生後30日以上経過していなければ国境では認められません。狂犬病の予防接種は約12週齢になってから行われるため、ドイツに入国する際には子犬は16週齢以上である必要があります。犬を連れて海外旅行に行く場合でも、犬を連れて帰国する際には、それぞれの国で施行されている入国規制とドイツの規制を遵守しなければなりません。ドイツでは狂犬病がないとされていても、いずれにしても有効な狂犬病ワクチンの接種が推奨されています。あなたの犬が狂犬病の動物に噛まれた場合、有効なワクチン接種を受けていないと正式に没収されてしまいます。

ワクチン接種 子犬

子犬に必要なもの:基本的な予防接種

子犬の時期の基本的な予防接種は、最も重要な予防接種です。いずれにしても、子犬にはパルボウイルス、ジステンパー、肝炎のワクチンを接種する必要があります。オプションとして、子犬にレプトスピラ症やライム病などの様々なダニの病気に対するワクチンを接種することができます。しかし、これらの予防接種は、効果や副作用の面で賛否両論があります。

子犬のワクチンはいつ頃接種するのですか?

生後8週目からは、子犬が母親からもらった抗体が弱まり始めます。この時期に、子犬にワクチンを接種する必要があります。

12週目と15週目には、これらの予防接種を繰り返し行います。12週目以降の子犬には、希望に応じて狂犬病のワクチンを接種することができます。

予防接種はどのくらいの頻度でリフレッシュする必要がありますか?

パルボウイルス、ジステンパー、肝炎に対する一般的なワクチン(覚えていますね。これらの予防接種は、いずれにしても犬が受けるべきものです)、通常、メーカーが示しているよりも長持ちします。ワクチンを打ちすぎたくない場合は、血液検査をして、問題の病気に対する抗体がまだ十分にあるかどうかを確認します。そのためには、獣医さんにお願いして、いわゆるワクチンテストをしてもらえばいいのです。検査の結果、まだ十分な予防接種の効果があると判断された場合は、予防接種を待つことができます。狂犬病の予防接種についても、法律上の理由で実施されない場合は、原則としてこれに準じます。入国のために狂犬病の予防接種が必要な場合、当局はワクチンメーカーの効能書きに従います。有効期限が3年と記載されているワクチンを犬が接種している場合、入国管理局で認められるためには、そのワクチンがちょうど3年前に接種されていなければなりません。

バナー画像は Shutterstock / beckys のものです
ご覧いただきありがとうございます。
ニュースレターを購読すると、
常に犬のトレンドを知ることができます。
あなたの受信トレイをスパムすることはありません。お客様のメールアドレスを販売したり貸し出したりすることはありません。
詳細は、 プライバシーポリシーをご覧ください。