ブラウンホワイトシベリアンハスキー、哺乳類、犬、犬科、アラスカンマラミュートに似た犬種、ブラウンサハリンハスキー、そり犬、肉食動物、犬種、ウルフハウンドに似た犬種。
犬の健康 04.11.2021

犬の場合、獣医の診察料はどのくらいですか?

Johann by Johann, ヨハンは2018年から犬のお父さん、1986年から犬のファンになりました。

獣医さんに行くときのヒント

残念ながら、私たちの忠実なパートナーである犬が病気や怪我をしてしまうこともあります。獣医に行くと言われると、犬も主人も愛人もすぐにパニックになってしまいます。

獣医に行くというのはどういうことですか?

獣医師の診察にはお金がかかる

治療費は非常に高額になることが多いです。診察付きの一般的な検査でも、40ユーロまではすぐに獣医さんに納めてしまいます。重大な病気の場合、さらに検査や治療が必要になることもあり、その場合は数百ユーロに上ることもあります。例えば、超音波診断には100ユーロ以上の費用がかかります。オペレーションは特にコストがかかります。犬の帝王切開の場合は、400ユーロ以上の請求も可能です。忘れてはいけない。薬や注射にもお金がかかります。週末であったり、動物病院が閉まっていたりして、救急に行かなければならない場合は、4倍の料金が予想されます。

動物健康保険による保護

あなたの4本足の友人が、経済的に困ることなく、最善の医療を受けられるようにするために、ペット健康保険に加入することをお勧めします。医療上必要な高額な治療や手術の費用を負担します。定期的なワクチン接種や定期検診は含まれません。犬用の健康保険は、月々5ユーロから利用できます。

犬、哺乳類、イヌ科、子犬、犬種、肉食動物、獣医、ブルドッグ、手、コンパニオン・ドッグ、若い犬が注射を受ける、子犬が予防接種を受ける、犬の最初の予防接種

獣医は犬と犬の飼い主のストレスを意味する

マスターやミストレスだけでなく、4本足の友人を練習に参加させるストレスもあります。このような状況下では、待合室という最も狭い場所で、愛されない苦しみを抱えた仲間に出会うこともある。また、病気の毛皮の鼻のためには、動物病院は非常に大きな負担となります。見知らぬ環境、不快な匂い-以前診療を受けていた犬たちの恐怖の汗、毛皮の鼻の匂いがよくわかる-、そして治療による痛みも考えられます。姿勢を崩したり、耳を垂らしたり、尻尾を巻いたりと、犬たちの顔にはストレスが表れています。

動物病院でのストレスを軽減するためのヒント

そのストレスを少しでも打ち消すために、自信の敏感な獣医師を訪ねてみましょう。大きな違いがあります。幼い頃から、「緊急時の獣医」を想定した訓練をしておきましょう。どこでも触れられるように一緒に練習してみてはいかがでしょうか。特に、口や耳、目などのデリケートな部分は、簡単には検査できません。ましてや、初めての場合はなおさらです。

さらに、あなたの毛皮の友人が病気になることなく、時々、獣医に行くことができます。そうすれば、犬はゆっくりと慣れていくことができます。獣医さんが親切にも、良い行動のご褒美として毎回おやつを与えてくれれば、犬は獣医さんに行くことをポジティブなことと関連付けるようになります。そうすれば、いざというときに困らない。

獣医さんとの約束がある場合は、急いで余計なストレスをかけないためにも、絶対に時間に余裕を持って出かけるべきだと思います。また、事前に神経を落ち着かせるようにするとよいでしょう。瞑想やヨガなどのリラクゼーションの練習をされている方もいらっしゃると思います。そうでない場合は、事前にお茶やコーヒーを飲んでおくと、リラックスできます。

あなたとあなたの毛皮のような友人が、動物病院に行くのを免れることを願いましょう。いずれにしても、これで準備は万全です。

まとめると、1ヶ月あたり50ユーロ程度で計算してください。これは、獣医の診察やワクチン接種、起こりうる緊急事態に備えて貯蓄口座に積み立てておき、万が一の時に備えておきましょう。私たち自身の経験から、これは絶対にお勧めできます。

バナー画像は Shutterstock / Pressmaster のものです
ご覧いただきありがとうございます。
ニュースレターを購読すると、
常に犬のトレンドを知ることができます。
あなたの受信トレイをスパムすることはありません。お客様のメールアドレスを販売したり貸し出したりすることはありません。
詳細は、 プライバシーポリシーをご覧ください。