犬と一緒にローラースケート、犬にリードをつけてインラインスケート
犬の飼い方のポイント 12.10.2021

犬と一緒にローラースケートやスケボーをする

Sissi by Sissi, Sissiは2014年からブロガーとして活動し、2018年に犬に乗りました。 それ以来、ロキと一緒に毎日世界を10000歩闊歩しています。ビーグドール(ラブラドールとビーグルのミックス犬)は、子どもたちのセラピー犬として、学校にも同行しています。密かに2匹目の犬としてフレンチブルドッグを飼ってみたいと思っている。

犬と一緒にローラースケートやスケートボードをする

4本足の友達とのサイクリングやウォーキングが退屈になってきたら、インラインスケートやスケートボードはいかがでしょうか。地下室で古いスケートボードを見つけて、それを試してみたいと思っている人もいるでしょう。しかし、その前にいくつかのヒントをご紹介しましょう。

機器の

正しい装備を持つことは、あなたと愛犬を怪我や小道具から守るために不可欠です。古いローラーブレードやスケートボードを持っている場合は、機能や耐荷重を事前に確認しておきましょう。スポーティなアクセサリーの状態も良く、ホイールも機能的であること。また、犬には安全で快適な機器が必要です。まだ持っていない場合は、犬の首を常に引っ張らなくても済むように、しっかりとしたパッドとフィット感のあるハーネスを購入するとよいでしょう。また、どのリーシュが自分と愛犬に合っているかを試してみてください。短い鎖でも長い鎖でも、散歩用の鎖でも作業用の鎖でも、それとうまく付き合って、愛犬の良いリーダーシップが保証されることが重要です。

犬、哺乳類、イヌ科、犬種、ウェスト・ハイランド・ホワイト・テリア、ブルーのチェストハーネスとそれに合うリード、肉食動物、テリア、リード、コンパニオン・ドッグ、マズル(口輪)。

絶対に持っていく

犬が状況とブレードやスケートボードに慣れたら、基本的には準備完了です。しかし、その前に、ちょっとした旅行に必要な最も重要な道具を用意しておきましょう。できれば小さなショルダーバッグやリュックサックに入れておきたい。

持っていくべきもの

  • うんち袋
  • おやつ
  • 大きな水筒
  • 四つ足の友人のための小さな水のボウル
  • 携帯電話、鍵
  • ロングリーシュを決めている人は、どんな状況にも対応できるように、短いワーキングリーシュを用意しておきましょう。
  • ルートの長さに応じて、おやつも用意しています。

注意すべき点

スケートボードやインラインスケートには、ゆっくりと犬を慣らしていくことが大切です。犬と一緒にスケートボードをするのは、最初は本当に大変です。また、どのルートが自分のスポーツ活動に適しているかについてもよく知っておく必要があります。通常、スケーターやインラインスケーターのための自転車道がありますが、スケートが本当にうまくいくようになり、あなたの犬がすでにルーチンを知っているまでは、できるだけ交通量の少ない道を選ぶことをお勧めします。

犬の誘導

犬と一緒にローラースケートをするには、犬が飼い主にうまくリードされ、一定の命令を聞いたり、新しい命令を簡単に覚えたりすることが必要です。スロー」、「ヒール」、「スタンド」などのコマンドを犬がしっかりと実行することで、安全なチームとして道路を走ることができます。一緒に新しい状況に慣れ、愛犬とのコミュニケーションを深めれば、よりリラックスした旅になるでしょう。

犬と一緒にローラースケート、犬にリードをつけてインラインスケート

休憩時間は必須

すべてのスポーツ活動に当てはまることは、ここでも当てはまります。休憩時間は必須です。犬と一緒にローラーブレードをすると、特に高速になると非常に疲れます。息切れしているのであれば、休んだほうがいい。自分におやつを与え、十分な量を飲む。犬の動きが鈍くなったり、過剰にパンツを履いたりしたら、犬も休ませてあげましょう。小型犬の場合、抱っこできるのは便利ですよね。でも気をつけてほしいのは、犬を抱っこしている場合は、少しゆっくりめに運転することです。

バナー画像は Shutterstock / Przemek Iciak のものです
ご覧いただきありがとうございます。
ニュースレターを購読すると、
常に犬のトレンドを知ることができます。
あなたの受信トレイをスパムすることはありません。お客様のメールアドレスを販売したり貸し出したりすることはありません。
詳細は、 プライバシーポリシーをご覧ください。