犬、犬科、犬種、肉食動物、口輪、コンパニオン・ドッグ、オーストラリアン・テリア、ノリッチ・テリア、テリア、子犬、ロングコートの犬の首にダニがいる、ダニがいる犬、犬のダニ咬傷
犬の健康 12.10.2021

ダニ忌避剤フロントライン

Sissi by Sissi, Sissiは2014年からブロガーとして活動し、2018年に犬に乗りました。 それ以来、ロキと一緒に毎日世界を10000歩闊歩しています。ビーグドール(ラブラドールとビーグルのミックス犬)は、子どもたちのセラピー犬として、学校にも同行しています。密かに2匹目の犬としてフレンチブルドッグを飼ってみたいと思っている。

あなたの4本足の友人のためのダニ対策は、ますます重要になってきています。地域によっては1年中保護が必要な場合もあります。これらのクモ類は、+8℃から活動します。つまり、温暖な冬には、「寒い」季節にもペットを保護しなければなりません。残念ながら、まだすべての愛犬家がこのことを知っているわけではありません。春から秋にかけてのみこの寄生虫が活動するという一般的な見解は、残念ながらもはや正しいものではありません。

ダニ対策犬

愛犬をマダニから守る方法はたくさんあります。犬を飼っている人の意見は大きく異なります。多くの人が天然のダニ対策をしています。また、化学的な方法でペルトノーズを守りたいという人もいます。いずれにしても、マダニ対策用の犬が有効であることが重要です。ペットを感染症から守りたい。また、スポット的な調製品の塗布も簡単に行うことができます。


犬に虫がつく、犬の毛にダニがつく、犬にダニの季節が悪い

ダニの治療薬 フロントライン

スポットオン製剤のカテゴリーで最も有名な製品は「フロントライン」です。愛犬家、愛猫家にも人気の商品です。

効果

フロントラインには、有効成分フィプロニルが含まれています。この成分はノミだけでなく、ワキガ(マダニ)も殺します。この性質を利用して、殺虫剤だけでなく、殺ダニ剤としても使用されています。寄生虫は、毛皮や皮膚に最初に触れたときに死滅させるのが理想的です。フロントラインはファーストコンタクトを防ぐことはできません。本製品には忌避効果はありません。状況に応じて、吸血鬼が活動することもあります。しかし、遅くともその時には、ワキガやノミに対する致命的な有効成分が吸収されています。

アプリケーション

スポットオンの準備は、さまざまなバリエーションがあります。購入する際には、犬の年齢や体重を考慮する必要があります。フロントラインは体重が2kg以上の犬に適しています。さらに、最初の塗布の前に、4本足の友人はすでに8週齢になっている必要があります。

有効成分は若い犬には危険ではありません。フロントラインは、妊娠中や授乳中の雌犬にも安全に使用できます。

フィプロニルが有効成分を発現するためには、塗布の前後2日間は犬を入浴させてはいけません。この製剤は、犬の肩や尾の付け根部分の皮膚に塗布します。効果の持続期間は4週間とされています。期間を短くできるという経験もあります。

スポトン ダニ用レメディ(犬用)を使用した際に考えられる副作用を紹介します。

フロントラインを使用する際に最も重要なことは、有効成分が水中の魚や他の生物に対して毒性があるということです。効果がある間は、毛皮を着た友人を湖、川、小川で入浴させないでください。あなたの犬で考えられる副作用は以下の通りです。

  • 塗布部の脱毛やかゆみ。
  • 活性物質による下痢・嘔吐
  • 神経学的な障害はまれ

メリット

  • イージー・ハンドリング
  • 4週間の効果
  • 繁殖牝犬に適している
  • 8週齢以上の子犬に最適
  • 犬の家庭に猫の危険なし
  • ノミの侵入を防ぐ

デメリット

  • 塗布前と塗布後の2日間の水の使用禁止
  • 水中の魚や他の生物への毒性影響
  • 塗布による副作用

解説:「私たちはお医者さんではありません。不明な点は必ず医師に相談してください。

哺乳類、犬、イヌ科、犬種、子犬、鼻、子犬の愛、皮膚、耳、目、犬からダニを取り除く、小さな白い犬の顔にダニがいて、ダニ用のトングで取り除く必要がある。

結論

フロントラインは、愛犬のマダニやノミをしっかりと防ぎます。デメリットや副作用は限定的です。犬のマダニ感染の問題については、以下のサイトで詳しく紹介されています。

バナー画像は Shutterstock / Ivan Popovych のものです
ご覧いただきありがとうございます。
ニュースレターを購読すると、
常に犬のトレンドを知ることができます。
あなたの受信トレイをスパムすることはありません。お客様のメールアドレスを販売したり貸し出したりすることはありません。
詳細は、 プライバシーポリシーをご覧ください。