歯、鼻、鼻先、顔の毛、口、あご、頭、器官、クローズアップ、マズル、犬の歯石、汚れた歯は獣医でクリーニングが必要、犬の歯は黄色い
犬の健康 01.06.2021

犬の歯石対策5つのポイント

Thomas by Thomas, トーマスさんはdogbibleに技術的なノウハウを提供してくれました。日本をこよなく愛するだけでなく、柴を愛犬と呼び、近々、彼の屋上庭園に住まわせてもらえることを願っています。

犬の歯石~犬の歯石対策5つのポイント

人間は1日に2~3回歯を磨き、半年に1回は歯医者さんに行って検診を受けます。一般的に、私たちは歯科衛生をとても重要視しています。愛犬の歯科衛生も忘れてはいけません。原則として、小型犬ほど歯に注意を払う必要があります。小型犬が一般的に影響を受けやすいというわけではなく、4本足の歯にはしばしば異なる食生活があるため、歯石、歯垢、Coの形成が早くなることがあります。また、ある種の犬種は他の犬種よりもはるかに多くのことをします。その結果、唾液の分泌量が少なくなります。これも歯石の形成を助長します。また、短頭種や短口径の小型・中型犬種にも影響があります。

犬の歯石形成のその他の原因

四足歩行での歯石形成の原因は

  • 鉱物化したデンタルプラーク
  • 硬化するカルシウム塩
  • 砂糖や炭水化物が原因の歯垢
  • 奇形と少なすぎるアブレージョン

犬の歯石はミネラル分を含んだプラークが原因です。定期的に手入れをしないと、歯には無数の層が堆積し、それが後になって固まってしまいます。歯石は見た目が悪いだけでなく、4本足の動物に深刻な問題と痛みをもたらします。

石灰塩で歯に層ができると、歯石の付着物がどんどん増殖しやすくなります。これは、表面がザラザラしていて硬いため、新しいプラークが付着しやすいからです。

食べ物の残りかす、唾液の成分、動物の粘膜の細胞、雑菌、バクテリアなどが歯石の形成を始めます。その原因は、歯垢(プラーク)と呼ばれる歯の汚れです。動物の口の中にはミネラル塩が含まれているため、これが短時間で固まり、雪のように白い歯が見苦しく変色してしまうのです。

糖分の多い食べ物や歯を削らない食べ物は、歯石の形成を促進します。犬に歯列不正があっても、特定の歯にこのような形成ができるのは、ここでは単に摩耗が起こらないからです。

犬の歯石の除去 shutterstock.com / MRAORAOR

歯石形成の症状と歯石形成の診断

最初はわずかに黄色がかった斑点ができますが、すぐに茶色やオレンジ色に変わります。動物の歯を指でなぞるだけでも、このコーティングが目立ちます。

また、ファーの鼻に強い口臭があることに気づくこともあります。このような場合、すぐに動物の歯を確認する必要があります。

また、歯茎が炎症を起こしたり、歯茎にポケットができたり、歯茎から出血したりすることもあります。通常、この場合、プラークは簡単には削れません。このような場合は、すぐに愛犬を獣医に連れて行くのが一番です。

獣医の犬の歯石対策 shutterstock.com / wavebreakmedia

犬の歯石形成の治療と予防

歯石除去は獣医師にしかできません。多くの場合、このために動物に麻酔をかけなければなりません。このままでは、この歯石の付着が歯茎を強く押し戻し、最悪の場合は歯を失うことにもなりかねません。

いずれにしても、動物にとっては苦痛であり、不快なものです。歯茎のポケットに集まった細菌は、激しい炎症を引き起こします。炎症がひどくなるとポケットから膿が漏れ、瘻孔ができることもあります。

そのため、4本足の友人のためにも歯科保険に加入することをお勧めします。これは、多くの保険会社にとって非常に好ましいことです。しかし、歯石の治療は、場合によっては非常に高額になってしまいます。

予防のためには、定期的な歯磨きと、適切な栄養を摂取することです。砂糖を加えていない高品質なフードを与えるようにしましょう。柔らかい歯ブラシや犬専用の歯ブラシ、動物用の歯磨き粉などを使うといいでしょう。歯は毎日掃除したほうがいい。また、歯をケアするための特別なチューイングボーンも絶対にお勧めです。

バナー画像は shutterstock.com / PixieMe のものです
ご覧いただきありがとうございます。
ニュースレターを購読すると、
常に犬のトレンドを知ることができます。
あなたの受信トレイをスパムすることはありません。お客様のメールアドレスを販売したり貸し出したりすることはありません。
詳細は、 プライバシーポリシーをご覧ください。