犬、哺乳類、脊椎動物、犬種、イヌ科、ナポリタンマスティフ、肉食動物、マズル、コリアンマスティフに似た犬種、老犬種、灰色の犬が新鮮な肉を食べる、イタリアの犬種、しわのある顔の醜い犬、グレートデーン
犬の飼い方のポイント 12.10.2021

これらの食品は、犬にとっては毒です。

Johann by Johann, ヨハンは2018年から犬のお父さん、1986年から犬のファンになりました。

これらの食品は、犬にとっては毒です。

現在、犬は人間の食事の残り物を食べることはありません。責任ある飼い主は、高品質なドッグフードを愛犬に与えています。残念ながら、有害な食品による危険性がなくなるわけではありません。これには2つの理由があります。

  • 犬は「盗み食い」が好きです(ゴミ箱、テーブルから、コンポストの山、散歩中の「掃除機」)。
  • 人間の矛盾(テーブルの下で食べ物を与える、残飯を与える)。

犬が食べてはいけないものは?

食品に含まれる物質の中には、愛犬との相性が悪かったり、毒性があるものも少なくありません。もちろん、量にもよりますが。少量の消費では大惨事にはなりません。いずれにしても、これらの食品から愛犬を守る必要があります。

毒になるか、相容れないかの違いは、結果にあります。愛犬にとって有害物質を含む食品は、最悪の場合、死に至ることもあります。相性の悪い食品は、必ずしも死に至らない程度の病気や不定愁訴を引き起こします。

どんな形であれ、犬に食べ残しを与えないようにすることは、常に安全側に立っています。また、友人や家族にも注意を払い、禁止事項を守るようにしましょう。また、ペットがコンポストや糞の山を荒らさないようにしましょう。ウォークラウンドと同じように、ここにも危険が潜んでいます。

犬にとっての毒のある食べ物

犬用の毒物は常に

  • アルコール(あらゆる形態のもの
  • 玉ねぎ、にんにく(形は問わない
  • チョコレートとココア(すべての濃度で
  • カフェイン(あらゆる形態のもの
犬の毒餌

これらの食品には、愛犬の呼吸困難、心血管障害、動悸、貧血、嘔吐などの原因となる物質(肝臓毒、硫化物、テオブロミン、メチルキサンチン)が含まれています。最悪の場合、これらの身体的影響により死に至ることもあります。

他にも、犬にとって有害な食べ物があります。

  • アボカド(ペルシン含有
  • ブドウ、レーズン(シュウ酸
  • ナイツヘイド系植物(ジャガイモ、ナス、トマト)の生食(毒素ソラニン
  • 生豆類(トキシン・ファシン
  • 生の豚肉(オジェスキー・ウイルス
  • ストーンフルーツ(果実の石に含まれるプルシン酸
生の鶏肉を与えてはいけない

これらの例も「犬用の毒」のカテゴリーに属します。この成分は、呼吸困難、嘔吐、発熱、痙攣などの症状を引き起こす可能性があります。与える量や犬の大きさによっては、死に至ることもあります。

犬にとって危険な食べ物として「甘味料」を見落としてはいけません。この甘味料は、コーヒーや紅茶用の錠剤タイプだけではありません。また、キャンディーにも含まれています。キシリトールやキシリトールという成分は、愛犬の命に関わる血糖値の低下を引き起こす可能性があります。

また、「犬が食べてはいけないもの」のカテゴリーに入るのは

  • ベーコン
  • バター、マーガリン
  • ミルク
  • ナッツ類(クルミ、マカダミアナッツ
  • 骨(鶏肉の骨
  • スイーツ
  • 塩系スナック

これらの食品は、犬の不耐性を誘発します。その結果、嘔吐や下痢を起こします。肝臓や腎臓にダメージを与えるものもあります。骨については、怪我のリスクがあります。これは特に鶏肉の骨に当てはまります。もちろん、愛犬もテレビの夜にはポテトチップスを楽しみます。しかし、賢明であれ。犬の健康にも良くないし。

犬が食べてはいけないもの」については、「犬の応急処置」に詳しく書かれています。

バナー画像は Shutterstock / KalypsoWorldPhotography のものです
ご覧いただきありがとうございます。
ニュースレターを購読すると、
常に犬のトレンドを知ることができます。
あなたの受信トレイをスパムすることはありません。お客様のメールアドレスを販売したり貸し出したりすることはありません。
詳細は、 プライバシーポリシーをご覧ください。